白魔道士

ファイナルファンタジーシリーズに登場するジョブの1つ。初代ファイナルファンタジーから登場している最古参ジョブの1つ。
時々間違われるが白魔「道士」であって白魔「導師」ではない。(恐らく下記の導師から来る間違い)
ほぼすべての作品において所謂典型的な支援タイプであり、回復や補助魔法に特化した魔法系統『白魔法』を覚えていく。
身体能力は貧弱だが、黒魔道士よりは少しだけ高めの能力なのが基本(微々たる差ではあるが)。
通常時の攻撃能力はほぼ皆無だが、アンデッド相手だと回復魔法でダメージを与えられるので、それらの敵が多いダンジョンなどでは優れたアタッカーにもなれる。
また、ほぼ唯一の攻撃用白魔法「ホーリー」は非常に強力なので、習得すればメイン火力にもなれる。ただし、単体専用なので雑魚戦は苦手。
初代では対アンデッド専用の複数攻撃魔法として「ディア」系の魔法があった。また『Ⅲ』のみ空を飛ぶ的に有効な攻撃魔法エアロを覚える。

ちなみに初代では白魔術師からクラスチェンジする上位ジョブだったが、それ以降に登場する場合には初期のジョブとして登場する。
『Ⅲ』の場合は実質的な上位ジョブの『導師』と全ての魔法を使える『賢者』が存在したことも。

外伝作品であるチョコボシリーズではレナの白魔道士姿を元にしたキャラ「シロマ」が存在する。
ただ名前は同じだったり、そもそも名前が無かったりするが、基本的に登場作品ごとに別人のようである。
また『マリオバスケ』にゲスト登場した際はマリオ風にアレンジされたスマートで勝ち気なお姉さま姿だったり。
チョコボレーシング

同社FF外の作品においても白魔導士が存在し、「ブレイブリーデフォルト」シリーズでは女性はこのようなデザインとなっている。
上の映像は「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー」のホーリー・ホワイト。
序盤から出てくる「白魔道士」のアスタリスク所持者(BDFFではジョブは所持者からアスタリスクを奪って習得する)で、ヒーラー職なのに根っからのドSだったりする。


MUGENにおける白魔道士

ぐりんぷるず氏製作の手書きのものがgdgdドット絵板で公開されている。最新版はNo.2089。
外見的にはFFTの汎用白魔道士グラフィックを元にしているようだ。
使う技も投石やドラキュラマント、フェザーマント等FFT仕様のものが搭載されている。
魔法は全てゲージを使い、詠唱時間が設定されている。ゲージがある場合は詠唱時間のみで発動できるが、無い場合はゲージが貯まるまでの時間分隙が増える。
アビリティで取得しているのかブリザド系の攻撃魔法も使う。一種の超必殺技的な立ち位置と考えればいいだろう。
弱中強でガード判定がそれぞれ違うため、発生が遅い事を利用して設置技のように使いつつガードを崩していくのがいいか。
AIは搭載されていないが、Air氏のAIが小物ロダで公開されている(AIセットの一つ)。
つづら氏によるAIも公開されている。

またMUGENにおいては白姫ルテテ等FFⅪキャラに白魔道士要素が含まれていることもある。

この他、レミリア・スカーレット改変の「アルマ・スカーレット」を改変した白魔道士という名の神キャラも存在する。

出場大会

凍結

出演ストーリー


プレイヤー操作

色々な人達の挑戦(part35、プレイヤー操作)