ワンチャン


プロフィール

生年月日:1864年10月10日
出身国:中国
身長:162cm
体重:73kg
血液型:B型

韓国・ビッコム社製作の『ファイトフィーバー』の続編にあたる作品、『極超豪拳(The Eye of Typhoon)』のキャラクター。
ワンチャンと言っても、犬という意味でも「ワンチャンガアレバカテルゥー」でもない。決して。
中国枠、緑色、丸い体形、サングラス(戦闘中は外している)……など、どことな~くチン・シンザンの香りがする。
(チン・シンザンの元ネタのアクション映画俳優サモ・ハン・キンポーをモデルにしているのかもしれない)

高利貸しの大富豪商人で、骨董品を集めるのが趣味らしい。
丸い体形でクネクネと歩いたり、どこか 腹の立つ 悩ましげな声を発したりするので、どうもカマっぽく見えてしまう。
帽子を外すとスキンヘッドの可能性もある)。

エンディングではギャンブルで大負けしている姿が描かれている。

原作中の性能

作品全体に言えることらしいが、高火力らしい。
爆弾のような物を転がす飛び道具や、毒霧のような物を吐く必殺技がある。
ちゃぶ台返しのようなモーションの必殺技もあり、投げなんだか打撃なんだかよくわからない。


MUGENにおけるワンチャン

  • NGI氏製作
原作再現らしいキャラ。
mugen入りしている極超豪拳キャラの中で、おそらく唯一「秘伝書」のシステムを再現している。(画面下の巻物のようなゲージ)
必殺技も一通りそろっており、オリジナルの超必殺技も搭載されている。
カットインではタイトル画面が背景に現れ、なかなか決まっている。
攻撃によるガード硬直は全て2フレで、一部の必殺技以外でガードによるノックバック無しとのこと。
火力が結構高い。気付いたらだいぶ減らされていたり、デカい一撃を食らうこともある。
mugen標準のゲージを使用しないため、タッグを組むとより脅威かもしれない。
ボイスも原作のものを使用しているが、何を喋っているのかは分からない。

AIはNori氏のものが公開されている。
AIレベルを5段階で調節できる。火力を活かしたなかなかに強いAIである。
勝ち挑発スイッチをONにすると、勝利ポーズ前にも腰をくねらせ「あぁん」、勝利時にも「あぁん」……
ネタとしては美味しいのかもしれない。

出場大会

更新停止中