オルガ・スミェルチーロ




「貴方は何秒で壊れるの?」

プロフィール

名前:オルガ・スミェルチーロ
性別:♀
出身:ウクライナ
年齢:14歳くらい
性格:いじわる
身長:144㎝くらい
体重:44kgくらい
職業:どこかの国のどこかの組織の諜報員
格闘スタイル:徒手による暗殺術
特殊能力:なし
好きな食べ物:スシ、スキヤキ、テンプラ、赤ボルシチ
愛読書:漫画
自分を動物に例えると:ティラノサウルス

※幼い頃から諜報・暗殺任務に明け暮れていたため、大抵のものには興味がない。

  • 生い立ちなど


キャラクター概要

八坂神奈子霊烏路空、及びメディスン・メランコリーを製作したキャベツ太郎氏により、手描きで製作されたオリジナルキャラクター。
氏が作りたい同人ゲームのお試し版として製作された。怪獣ガンダムのパイロットとは関係ない。
ボイスとイラストを惑氏、エフェクトをBIYO氏(氏も手描きの霊烏路空を公開している)、SEを浜貞氏が担当している。
2014年7月12日にマフラーを除いた一応の完成版が公開され、2015年2月19日にマフラーを含めた清書が完成した。
MUGEN1.1専用キャラクター。

弱中強に加えて特殊攻撃、スーパーガード、ダッシュの計6ボタン制。
チェーンコンボに加えて、本来繋がらない攻撃ボタンを押すと自動的に次のチェーンコンボを行ってくれる「らくらくチェーン」を搭載。
地上では前後ダッシュとホバーダッシュを使い分けることができ、空中では8方向に2回まで空中ダッシュが可能。
それなりに簡単な操作でドラゴンボールみたいな戦闘、がコンセプト。

0.5ゲージで出せる「キャンセル攻撃」は、姿を消してから打ち上げ攻撃、背後からの攻撃、下段攻撃、またはフェイントを仕掛けるというもの。
一部強攻撃を溜めることで性能が強化され、また溜め中にハイジャンプかエアダッシュでのキャンセルも可能。
「パシュートアタック」は近くに喰らい状態の敵がいる時に溜め攻撃を行うと、微量のゲージを消費して至近距離まで瞬間移動するシステム。
ゲージを消費して敵に向かって高速移動する「チェイス」からの「チェイスアタック」も、連続攻撃、背後からの攻撃、ふっ飛ばし攻撃を使い分けられる。
これらのシステムを駆使した揺さぶり・空中コンボはまさにドラゴンボール。

「スーパーガード」はブロッキングに似ているが、敵の攻撃に依存した硬直時間がある。
「イージースーパーガード」は長押しすることで専用の防御ゲージを使用して受付状態を維持しつつ自由に行動できるが、成功時の有利Fも少なくなる。
「リアクト」はダメージ硬直中や吹き飛び中に攻撃+スーパーガードの同時押しで発光し、この時に対応した攻撃を受けると自動的にカウンター攻撃や回避行動をとるシステム。
相手の攻撃の使用ボタンの把握が望ましいという点では織田信長の「穿たれる深紅」に似ている。
使用時に防御ゲージを1消費し、また特殊攻撃、必殺技、超必殺技には非対応。
また、これらの防御行動中に投げを受けると防御ゲージが0になってしまう。
言うなれば自動回復する専用ゲージをコストにチャレンジ出来る喰らい抜けであり、どちらかというとアクションゲーム寄りのシステムかもしれない。
これに関しては製作者の「ゲーム制作のために意見をもらう目的のキャラなので、MUGEN内でのバランス調整は度外視しています」というコメント、
及びこれらはこのキャラクター固有のシステムというよりは氏が作りたいゲームのシステムであり、つまりは同システムでの対戦を想定していることに留意されたし。

システム面は上記の通りだが、このキャラクターの特徴として豊富な関節技がある。
打撃投げが派生含め7つ、ダウン追い打ちが4つ、スライディングからの派生が1つ、それらの一部から派生する超必が4つ。
…と実に16種類に及び、非常に痛そうなSEも合わさって相手プレイヤー側への精神的ダメージもかなりのもの。
関節技の多さに対応して専用のやられ番号も多く用意されている。

そして何よりも、一目で分かる通りパンチラどころか 余裕のパンモロ である。
その堂々とした見せ具合たるや、パンモロが当たり前過ぎてパンチラで済んでいるモーションの方が珍しいレベル。
しゃがみ強に至っては 片足を振り上げてこちらに向けて開脚した瞬間にヒットストップが掛かる という、色々と素敵な事になっている。
なんと一部のカラーパレットでは柄も変わるので、紳士の諸君にはそのこだわりぶりをじっくり味わってみて欲しい。

+必殺技
技名 コマンド 備考
クローフィ・サスーリカ 236+AorBorC(空中可) 飛び込んで踏みつける。派生しない場合はその後大きく後方に跳躍する。
サスーリカ ・ヴィーフリ (地上版クローフィ・サスーリカ中に)AorBorC 回し蹴りで打ち上げる。
サスーリカ・ドーシチ (クローフィ・サスーリカ中に)2+AorBorC 連続で踏みつける。
チョールヌィ ・ラードゥガ 263+AorBorC(空中可) くるっと飛び上がって蹴り落とす。
アート・アトヴィオルトカ 214+AorBorC(空中可) 高速回転して、足から相手に突っ込む。
ラヴィーナ・コシカ (相手近くで)426+A
コマンド入力後キーをニュートラル
水月を踏み台に肩へ駆け上がって膝蹴り。
グラートゥ・コシカ (相手近くで)426+A
コマンド入力後Aを押しっぱなし
三段跳び蹴りを食らわせる。
ヴェーリ・シィエレーン (相手近くで)426+A
コマンド入力後6+Aを押しっぱなし
相手に飛び乗って腕を極める。
リトゥーチャ・スフヴァチーチ (相手近くで)426+A
コマンド入力後6を押しっぱなし
両脚で相手の首を締めつける。超必殺技への派生有り。
フルスターリ・シェルクーンチク (相手近くで)426+B 相手の頭部に連続で肘を叩きつける。超必殺技への派生有り。
ヴァイナー・ジェーンシヌィ (相手近くで)426+C 相手の背後に周り、関節技をかける。現状では対オルガ専用技で、
それ以外の相手には426+Bに変化する。超必殺技への派生有り。
クラーブ・ノージニツィ (相手近くで)624+C 相手を転ばせて、関節技をかける。
アールカ・フヴォースト (ダウンした相手の頭側近くで)624+AorB
コマンド入力後AorBを押しっぱなし
ダウンした相手を弓なりに曲げる。
バリシォーイ・ヴァダー (ダウンした相手の脚側近くで)624+AorB
コマンド入力後AorBを押しっぱなし
ダウンした相手の膝を極めて股を裂く。
スニガーヴィク・クラーブ・チチョートゥカ (ダウンした相手の頭側近くで)624+AorB ダウンした相手の両膝を折る。
クラースヌィ・ヴィルブリウート (ダウンした相手の脚側近くで)624+AorB ダウンした相手の頚椎、胸椎、腰椎を折る。
スカルピオン・ノージニツィ (スライディングヒット後に)X 相手を転ばせて脚の関節を極める。超必殺技への派生有り。

+超必殺技
技名 コマンド 備考
名称未定1 236+X+A 敵を蹴り上げ、蹴り続けてから蹴り落とす。空中判定の技に対して発動時無敵。1ゲージ消費。
スヴィルカーチ・ストリェラー 214+X+A(空中可) いつもの2倍のジャンプといつもの3倍の回転で足から相手に突っ込む。
214+Cからキャンセルで発動させると仕様が変わる。1ゲージ消費。
スミェールヌィ・ズヴィズダー 236+X+B 蹴りの乱舞から高くバウンドした相手を筋肉ドライバー地面に叩きつける。2ゲージ消費。
名称未定2 214+X+B ゆっくり突進し、命中した相手に回転蹴りを5連続で決めて、摩擦熱で爆破する。2ゲージ消費。
名称未定3 236+X+C 関節技のオンパレード。3ゲージ消費。
名称未定4 214+X+C 急降下キックから摩擦熱で爆破。3ゲージ消費。
アルマース・シェルクーンチク (フルスターリ・シェルクーンチク中に)236+X 相手の頭部に連続で肘を叩きつける。1ゲージ消費。
パウーク・スフヴァチーチ (リトゥーチャ・スフヴァチーチ中に)Xを押しっぱなし 両脚で相手の首を更に締めつける。1ゲージ消費。
スカルピオン・ヤートゥ (スカルピオン・ノージニツィ中に)Xを押しっぱなし 脚の関節を連続で極める。1ゲージ消費。
ヴァイナー・カニェーツ (ヴァイナー・ジェーンシヌィ中に)236+X 相手の背後に周り、関節技をかける。2ゲージ消費。


デフォルトのAIは存在しないが、カサイ氏による外部AIが公開されている。
持ち前の機動力で画面を飛び回り、豊富な関節技を狙ってくる。
たまに死体殴りで関節技を決めるのは御愛嬌。
公開先 プレイヤー操作との対戦
余談だが、オルガという名前は本来は女性に用いられる名前なのだが日本では専ら男性名として浸透しているため、しばしばに間違われる
そして負けると「なにやってんだよ団長!?」や「止まるんじゃねぇぞ…」など同名別人(男)のネタがコメントで書き込まれる。
ただし、この手の誤認ネタは嫌う人もいるので、使う時と場所をキチンと弁えよう。


出場大会


その他

アルで昇華(part183)


添付ファイル