○○でやれ

ネタコメントのひとつ。命令形であるが、命令する意図がないのは言うまでもない。

トーナメント等の対戦動画にて同作品のキャラが当たった場合、
わざわざMUGENでなくても対戦できる事から「○○(作品)でやれ」というコメが流れる。
たとえば、リュウケンの対戦で見た目がストIIの対戦動画にしか見えないような状況。
ただ、同作品でもシリーズによって対戦できない場合もある上、システムが異なるMUGENでのキャラクターの再現には限界があり、
ましてやMUGENのキャラには作者のアレンジが入っている事も多く、むしろ完全再現のキャラ同士ということは滅多に無い。
さらにAIの行動パターンも異なる。試合展開も違ってくる。よって実際に「やる」のは無理難題と言って良いだろう。
そのためその原作のファンになればなる程言わなくなったりするが、最近ではむしろネタコメの一つとしてよく使われる。

ネタコメとして使われる場合、同作品でもないのにコメが発生する場合もある(例として下記の動画のSACHIELアルクェイド・ブリュンスタッド)。

その他、システムを改造した「○○風アレンジ」のキャラとその原作のキャラ、或いは同システムのキャラ同士があった場合や
また、原作において出るゲームを間違えたと言わざるをえないキャラとそのキャラがしっくりくるゲームのキャラが当たった場合につく場合もある。

その他

以下のような状況になることも。
北斗の拳ジョジョドラゴンボール等それぞれのキャラがかち合った際
「(黄金期の)ジャンプでやれ」
αキャラや関連ネタ同士がかち合う
スマブラでやれ」
兄弟、夫婦、もしくは親子扱いされている者同士が当たった場合
「家でやれ」(エロゲ出身だったりすると「ベッドでやれ」とも)

果ては…
Q-Beeスパイダーマンで当たった時
「自然界でやれ」
吸血鬼同士が屋外ステージの時
「室内でやれ」
同キャラを元にしたアレンジキャラ同士の場合
「自分自身でやれ」「or鏡の前でやれ
エリアルレイヴ宇宙旅行のような画面外に飛び出してしまうような空中コンボが続く
「画面内でやれ」
この場合は組み合わせではなく戦法やステージの問題なので、コンボをやる側だけでもつく。
決勝より前の試合で、決勝で当たってもおかしくない強豪同士がぶつかり合い、名勝負が繰り広げられた場合
「決勝でやれ」と言われる。

特殊なところだと、
有名な大会やストーリー動画でお馴染みの面子が対戦する
「(該当の動画)でやれ」と言われることがある。
よく言われるのは
他には、「(格闘技名)でやれ」が付く場合もある。

余談だがコメントでジョセフ・ジョースターの様に『お前は次に○○でやれと言う』と言うようなコメが出てくると
『○○でやれ・・・・・・・ハッ!』の弾幕が出てくることも。

まとめると、対戦相手が同作品出身で因縁の対決であるとき、
あるいは両者に何らかの共通点が見いだされた時に飛び交うお約束というところであろう。

ちなみに、対義語として「頼むから○○(作品名)でやらないでくれ」というものもある。
たとえば、同作品の崩壊系アレンジキャラや神キャラ同士が当たった場合。
最も有名な例では凶悪キャラグランプリ決勝戦についた「 KOFでやらないでくれ 」であろう。
確かに、あんな連中が戻ってこられても困る。

特例1:東方でやれ

弾幕前提のバランスじゃない筈の格ゲーキャラが凄まじい飛び道具戦法を使用した場合につく。
要するに「シューティングゲームでやれ」という意味合い。
東方Projectの舞台である「幻想郷でやれ」や、その決闘方式である「弾幕ごっこでやれ」等が混ざっている事も。
主に投げかけられるキャラクターはコイツとかコイツとかコイツとか。
逆に、東方キャラクターなのにその武術家然とした庭師門番がかち合うと
その殴り合いっぷりと弾幕の貧弱さから「もう普通の格ゲーでやれ」と付いたりもする。
(以下候補としては彼女彼女等も)
手書き東方キャラクターの作成動画に限っては、「黄昏フロンティアの物と比べても遜色ない」 という意味の褒め言葉でも使われる。
「「「東方でやれと言われました。幻想郷は全てを受け入れると(ry」」」スキマ妖怪「帰れ」

特例2:サムスピでやれ

普通の格闘ゲームにおいてサムライスピリッツのように「両者とも牽制(あるいはそこからのコンボ)が非常に強力(高火力)なため、
相手の出方を伺いつつ隙あらばこちらの牽制を刺し込む」戦法が取られており、緊張感のある睨みあいとなっているときに見られる。
二人とも獲物(刀)持ちだと一層それっぽい。
具体的には魂魄妖夢不律(原作ではいずれも同キャラ対戦限定)等が挙げられMUGENでもこれらが激突するとそのような事になる。

特例3:スパロボでやれ

ロボット同士でも、特に原作で巨大ロボットだったもの同士が、ランセレの中の人の奇跡の配剤などで出会ってしまった場合に見られる。
ただしガンダムなどモビルスーツ同士の場合は「Gジェネでやれ」「ガンネクでやれ」も多く見られるようになる。
更に言えばSEED系列だけの場合は「連ザでやれ」も見られる。

余談だが、スーパーロボット大戦64の東方不敗vs衝撃のアルベルト戦では
お互い生身同士で対戦を行っていたため、「格ゲーでやれ」と思ったプレイヤーも少なくはないらしい。

特例4:○○でやりたい

本来その格闘ゲームにはいないが、その格闘ゲームの趣旨にあわせたMUGENオリジナルキャラクターが本家のキャラや同種のキャラと戦う際、
或いは同社or同シリーズ作品で未だに共演、対決が実現した事がないキャラ同士の対決に対して、
「○○でやれ…ないのは分かってる、でもいつかやれないかなぁ…」という希望をこめて出される台詞。

類似の表現として「○○でや……れない」「○○でやらせてくれ」「次回作でやれ」等もある。

特例5:DBでやれ

1.

対戦キャラの中に複数のドラゴンボールのキャラが居る場合に言われる言葉

2.

殺人貴の登場する動画によく付けられるタグ(一部例外あり)。
タミフル杯DBチームと対戦した際、その機動力でDBキャラと互角以上の高速戦闘を繰り広げた(特にフリーザ戦)のが発祥。

3.

凶悪キャラグランプリにて使われた言葉及びタグ。
デススターを始めとする神の名を冠する者たちによる惑星破壊規模の攻撃が飛び交うさまはまさに後期ドラゴンボール。
更には瞬間移動の効果音(ピシュン)がDBのものと酷似している、ナイトメアブロリーレジェンドゴジータの両名が出場していることも拍車をかけていると思われる。


4

トキ(とアミバ)の同キャラ戦で付けられるタグ・コメント。
お互いにナギッやブーストを使って縦横無尽に画面内を駆け巡り、一瞬のスキを突くことに命を懸ける。
原作やドロウィン氏製作のトキだとナギッのスピードが更に加速するので、本当にドラゴンボール状態。

特例6:MUGENをやれ


主にロックマン∞シリーズ等に対して使われる。