無に還ろう

「さぁ、無に還ろう」


オロチミズチ超必殺技である、
画面全体に光を浴びせる」(オロチ)及び「混(まろかれ)」(ミズチ)
(オロチは『98UM』でミズチと同じ技名に変更された)の通称。由来はオロチのセリフから。
エフェクトや名前の通り全画面攻撃で、原作では体力ゲージの6、7割をもっていくほど強力。
ただし無敵がないため相手が先に出した飛び道具が発生中に当たってつぶされることもよくある。

MUGENでもオロチミズチはこの技を持っており、原作同様相変わらず強力。
さらに、その演出のよさからか、あるいは性能の特性からか、多くの他キャラにも実装されている。
ちなみに、公式でも『KOF2002』からオロチの依代であったクリスの裏モードにオロチに変身して
この技を放つ「さなぎをやぶりちょうはまう」という超必が実装されているが、プレイヤーキャラ用の技なので
発生が遅くガードされやすいなど弱体化している。

608氏のアレンジした神オロチ神ミズチもこの技を持っている。
しかし両者とも、演出はもはや別物といっていいほど派手で美しくなってる。

神オロチのものは、魔方陣から光を溢れさせる神々しいエフェクトへと変わっており、
12Pカラーではガード不能即死技まで強化されている。
この技のエフェクトは『FF12』の「ホーリジャ(ルミネッセンス)」という大魔法からキャプチャーしたようだ。

神ミズチのものは、魔法陣から黒い波動が湧き出ている禍々しいエフェクトに変わっており、
12Pカラーではオメガトムハンクスキラーによるガード不能の即死攻撃に変化する。
更にこの技で相手を倒すと、相手がどんどん縮んでいき最後には分裂するという恐ろしい技となっている。
この技のエフェクトは『FF12』の「ダージャ(ブラックホール)」という大魔法からキャプチャーしたようだ。

余談だが、『FF12』の魔法はリアルタイム処理らしいので吸出し自体できないらしい。
吸出ししてもムービーしか出てこない……なので録画してから要らない部分(文字とか敵キャラ)は一コマずつ消して
あとはphotoshopのバッチ処理でリサイズやらレベル補正やらを一括してやるという非常に手間をかけた代物だったりする。

ミストナックの融合技も同じエフェクトであり、タイニーバグなどの非常に小さい敵に当てるとカメラ位置の関係で
敵が一切画面に映らない。
ほかの融合技も取り込まれているし、こちらの方法が使われた可能性もある。

参考動画(ミズチ)

元の大魔法(5:33ぐらいから)

また、神ミズチ系統の場合はポーズが異なる(画像はミズチの改変キャラ)。