紅夕華






「まけるわけにはいかないのよ…ゆうか!」
 年齢_26歳
 身長_162cm
 体重_48kg
 血液型_A型
 誕生日_7月7日
カルチャーブレーンのアクションゲーム『飛龍の拳』シリーズの登場人物。
作中では「紅 夕華」と表記されるが中国キャラではない。
れっきとした日本人であり「くれない ゆうか」と読む。
常勝不敗を誇る「紅流合気柔術(くれないりゅう・あいきじゅうじゅつ)」の使い手。
夕華は父・紅 永源に一流の柔術使いとして鍛えられていた。
しかし、同シリーズのキャラクター剛隼人(ハヤト)に他流試合で敗北。
いつか雪辱を晴らすために彼女は今日も戦い続ける……というのが彼女のストーリー。

飛龍の拳のキャラではあるが、龍戦士ではない一般の女性キャラ。
しかし彼女も人間辞めちゃってるシリーズに属す、というか紅流合気柔術がやばい。
「気流投げ」竜巻を発生させ攻撃するキャラは数あれど、こいつは竜巻そのものを投げる。
「雲づかみ」合気柔術でありながら、相手に触れることなく投げ飛ばすことができる。
「紅流奥義 飛泉」「風よ!」の掛け声と共に相手の足元に竜巻を発生させて相手を飛ばす。
         そこから更に自分もジャンプして相手を捕まえてたままいずな落としをする。
「紅吹雪」唐突に扇子を出して踊ると花びらをまき散らして嵐が起こる。「嵐よ舞い踊れ」と言うので確信犯。
どうみても風使いです。本当にありがとうございました。
一応、普通の合気柔術も使えるらしく、間接技や当て身技が多い。

しかし彼女の本当のヤバいところは笑顔と真面目さの下に隠れた性格である。
根っからの負けず嫌いで、勝負事が絡むと勝つまで引き下がらない設定もさることながら
怒らせると、とっても怖いのである。
飛龍の拳ツインおよびSD飛龍の拳伝説に存在する、逆鱗というべき隠し技でそれが垣間見える。
「ゆうかを怒らせると鬼よりも怖いのだ」という謎のナレーションと共に、相手に掴み掛ると
何十発も頬にビンタをしつつ画面が暗転、次のカットで相手の頭を踏みつける。
そのまま足でぐりぐり捩じりこみながら「出直してきなさい」と口に手を当てながら高笑い
最後に思いっきりカカトで相手の頭を蹴り飛ばしお辞儀をする。この間ずっと笑顔。
もちろん威力、コンボ数ほぼ全キャラ中最大の威力を誇る。
強力な技ではあるが、ゲージストック数の消費が大きく、ストック最大値が足りない
(このゲームはキャラクターの成長要素が存在し、レベルが上がるごとにゲージストック最大値も上がる仕組み)初期状態では対戦で使用不可能。
ちなみにこの技の途中でKOすると暗転が解除され、見えないところで何をしているのが垣間見ることができる。
……が、当然ながらプレイヤーが目にすることを想定していなかったためか、ただ相手をゆっくりと寝かせているだけだったりする。

ちなみに彼女は別名、夜叉姫、今御前と呼ばれているそうだが、納得のあだ名である。
修行一本で生きてきた26歳の女性を怒らせるという事はそういうことなのだ。





「わたしのかちですね」

MUGENにおける紅夕華

暗黒内藤氏が製作したものが存在。
スプライトは『SD飛龍の拳』のものを使用。
おおよそのコマンドはSD飛龍と同一だが、紅吹雪はコマンドが変更されている。
心眼システムは搭載されていないが、スーパーテクニックやスーパーディフェンスは原作ベースにアレンジされたものが搭載されている。
秘奥義である紅流秘奥義飛泉は、1ゲージ、2ゲージ、3ゲージ版が搭載されており体力に関係なく使用可能。
原作と同じ威力を出すには、原作と同様体力4分の1以下で3ゲージ消費すれば出せる。

気流投げには特殊やられポーズがあり、
同梱テキストを参考に19852番のアニメーションを作ると対応させることができる。

NS氏がAIを作成している。

出場大会


プレイヤー操作