タスクマスター

"I'm gonna kill you... painfully."

(殺してやるのである。この上なく痛く殺すである。)

マーベルコミックスに登場するヴィラン(悪役)。
下記のMVC3に登場後、日本では「タスキー」の愛称が意外にも広まっている。
(MVC3の作中で彼をTaskieと呼ぶのはチームエリアル時のスパイダーマンのみ。)

本名トニーマスターズ。職業は傭兵および戦闘教官。
アメコミの例によって格好はコロコロ変わるが、骸骨のようなマスクと頭を覆うフードは基本的に共通しているようだ。

彼の保有する能力の名は 『写真的反射(フォトグラフィック・リフレックス)』 という あらゆる体術を一目見ただけで完全にコピーできる もの。
これはX-MENキャラ等が持つ超常能力とは異なり、現実世界に存在する能力(才能)である。
(飛行機から眺めた風景を完全に記憶して帰宅後に正確に模写するなど。)

現在はその能力を最大限に活用して、様々な組織で戦闘教官としても活動している。
多くの場合、さすがに実戦で使いこなすまでには訓練が必要なようだが、
彼にかかればキャプテンアメリカのシールド投擲だろうが、パニッシャーの戦闘技術だろうが一発である。
ただし肉体はあくまで(鍛え上げられているとはいえ)普通の人間であり、公式のステータスでも技巧以外の能力は低め。
またあくまでコピーできるのは体術のみで特殊能力は無理。おそらく草薙京をコピーしたら矢吹真吾みたいになると思われる。
しかし同系統の能力者に対する指導は可能と、この能力模倣・指導技術は文字通りズバ抜けている。
前述のような例を用いると、タスキーの指導を受ければK'最終決戦奥義・無式を打てるようになるのだ。
また身体能力に関してなら別に戦闘技術に限らない為、やろうと思えばプロデューサーにだってなれる。

生身の人間がアメコミ世界随一の傭兵かつ戦闘教官であるという時点で、その力量は推して知るべし。
なにせスパイダーマンの体術、キャプテンアメリカのシールド投擲術、デアデビルの棒術、
ブラックナイトやシルバーサムライの剣術、ホークアイの弓術などなど、
とにかく保有している戦闘技術を羅列していくだけでチート級の強さになるのだから恐ろしい。
ヴィランではあるがトニーに雇われてヒーロー達の戦闘教官をやっていたりもする為、
立ち位置としては「凄腕のプロフェッショナル」という認識で問題あるまい。
タスクマスターはそのテクニックのみで並み居るヒーローやヴィランと互角以上に戦い抜いている強者なのだ。

しかし能力の代償として、一瞬で記憶できる分自分自身に関する記憶を 失っていく。
その為に自身の出生も、果ては 今朝食べた朝食 すらも忘れてしまう状態に至ってしまっている
(それでも「泳ぐ事ができない」という幼少時のトラウマは身に染みている為か忘れてはいないようだが)。

曖昧な情報をまとめるに、有名な運動選手などの動きを模倣して金を稼ごうとしていた青年が、
やがて「ヒーローよりヴィランの方が金になるから」とヴィランになったようである。
SHIELDのエージェントなどの説もあるため、確実ではない)
当初はヒーローの技術をコピーして単純に戦っていたが捕まった際「……これ教えた方が金にならね?」と気付き、
試しに同じ房の囚人たちへ指導してみたところ予想以上の成果を発揮したので、教官へ転向を決意したようだ。
徹底的な拝金主義者で、裏切りのリスクと釣り合う額の金さえ手に入るなら雇い主も平気で裏切るし、
相手の評判を高める為の八百長(タスクマスターと互角に戦える事はステータスなのだ!)までも引き受ける。

例えばグリーンゴブリンが権力を握った時に手下の教官として雇われていた際は、
待遇の不満があったのと、半ば巻き込まれるような形で傭兵仲間のデッドプールと共謀し、
Wデッドプールと化して拠点を襲撃、口座から財産をたんまりと手に入れた上に裏切って離反した。
その後はほとぼりが冷めるまで日本に活動拠点を移したいと思っているようだ。
ちなみに同業者であるせいかデッドプールとは仲が良く、まあ彼に振り回されているが、友人と言っても良い関係。
『デッドプール:キルズ・マーベルユニバース』では、ボスキャラとしてデッドプールに立ち向かっている。

装備としては各種兵器をひと通り超一流レベルで扱えるが、流石にかさばるせいか、
メイン装備の盾と剣以外は、最近はエネルギーを具現化する装置で代用していたりする。
盾を好んでいるのは、キャップのシールド技能が極めて汎用性が高く便利であるかららしく、
特にシールド技能に関してはオリジナルであるキャプテンアメリカを凌駕しているフシがある。
キャップのシールド投擲の軌道を完全に見切って難なくシールドをキャッチしてのけたり、
タスクマスターが付け焼刃で指導したUSエージェントが、ほとんどキャプテンアメリカと互角だったりする。
本家はWW2からの膨大な戦闘経験を持ち、予知能力を持つヴィランやヒーローですら回避が困難なのにも関わらず……。
ただまあ流石に素材に関しては一点ものの本家シールドに及ばず、かち合うと割れるのはご愛嬌である。


格闘ゲームにおけるタスクマスター

日本ではあまり知られていないキャラだったが、カプコン製作の『MARVEL VS. CAPCOM 3』にて参戦。一気に知名度を上げた。

前述の能力の再現として、各モーションがのものを流用している
なお『UMVC3』では技のコピー元の一人であるホークアイが追加参戦したため、逆にこちらのモーションが一部流用されるということになった。
剣で攻撃する通常技はオリジナルのモーションではあるが、設定的およびイージスカウンター使用時のセリフ的に、
これらはブラックナイトというMARVELキャラをコピーしたものらしい。

遠近間合いを選ばず戦えるオールラウンダーで、機動力こそ平凡だがコンボ火力が高めで比較的使いやすい初心者にもオススメのキャラ。
出来ることが多い割りに体力も高め(1,100,000で標準より1割増し)。
Ultimateへのバージョンアップに際し、弓矢関係の高すぎた威力が多少削られたが
代わりにスティングマスターという有用な新技や、慣性エイムなどの新操作テクを得た。
ただし、本人が先鋒向きな性能でありながらモリガンゼロと言った最上位先鋒キャラに軒並み相性が悪く
相対的に評価は多少下がった(※最上位先鋒勢と相性が悪いのはタスキーに限ったことではないが)。

前述通り特殊能力は真似られないのだが、特殊技としてスパイダーマンの「ウェブスウィング」を習得しており、
蜘蛛の糸の代わりに 頭上にロープを出現させて 飛び蹴りを食らわす。糸の作り方をコピーできなかったのはともかくどうやって無から突然出現させたんだ

そしてタスクマスターを象徴するのがもう一つの特殊技、盾を構えて突進する「チャージングスター」である。
本家より移動距離は短いが、特殊技なのでキャンセルの自由度が高くコンボに使いやすい。
さらに 発生6F と弱攻撃並みに出が早く、 飛び道具を打消し 、打撃に対する判定もかなり強く大きい。
おまけにコマンドが後投げと同じなので投げに失敗してもこの技でフォローできたり、逆に投げでフォローできたりする。
攻めの起点から咄嗟の切返しまで様々な状況で使える高性能な技となっている。通称「脳障害タックル」

同作における口調は「吾輩~である」と個性的だが、同作以外の邦訳では普通に話している。

なお、コミックではデッドプールとの絡みが多いのだが(デッドプールのページに詳しい)
意外にもゲーム中では特殊イントロと特殊勝利デモは存在せず、タスクマスター側の勝利画面セリフのみが特殊対応。
ついでにデッドプールからのチームエリアル時も"Taskmaster!"とフルコードネームで呼ばれる。


MUGENにおけるタスクマスター

老人氏によるキャプテンアメリカを改変したスプライトのものと、
それをDuracelleur氏が改変したものの2体が公開されている。

+老人氏
老人氏製作
WinMugen用で現在β0.955版。
非常に珍しい国産でグラフィックが自作のMARVELキャラであり、
通常技・コマンド技の構成は前述のUMVC3版をかなり忠実に再現している。
また、氏がCotA~MVC2の熱心なファンだということで、SEHC発動時の演出などはほぼ全て
シリーズのどれかから取り入れられたものになっている。

エリアルコンボやアドバンシングガード等MVCのシステムを搭載。
ただし3の象徴とも言えるXファクターは未搭載。
これは原作ゲームと違い、1VS1のMUGENだと火力が高くなりすぎるために搭載していないとのこと。

AIは入っていないが、Air氏による外部AIが製作されている(※本体最新版未対応)。
2014年7月にちゃんこ氏のAIもOneDriveで公開された。
一部の性能や演出が改変されており、3段階にレベル調整が可能。

+Duracelleur氏製作
Duracelleur氏製作
上記老人氏のタスクマスターの改変キャラ。
氏の"To Six"プロジェクトの一環として6ボタン仕様になっている。
改変元がUMVC3仕様なので通常技が足りないはずのところ、
主にソードマスターの追加入力専用動作を通常技に割り当てることで実現している。

…しかし、必殺技から必殺技にキャンセルできる(同じ必殺技でも可能)仕様であり、
必殺技に格上げされたウェブスイングをキャンセルで出し続けるだけで永久コンボになるなど
出来はやや粗い。


出場大会


"Anything I see you do I can do too!"

(貴様がやったことはすべて吾輩にも出来るのである!)