忽那はるか






「魔力開放!」





 身長:164cm
 体重:48kg
 スリーサイズ:B81 W55 H82
 血液型:O型
 年齢:22
 誕生日:4月10日
 戦闘スタイル:機導魔術による遠距離攻撃
 好きなもの:歌、花を育てる事
 苦手なもの:澪川大佐、化粧

忽那流剣術の伝承者として育てられてきたが突然、魔術師に転身する。
その後、政府軍の研究施設において大きな魔力を手に入れる。

かつての友人を救うために戦いの地へ赴く…。




概要

2D格闘ツクール2ndで製作されたフリー格闘ゲーム「ヴァンガードプリンセス」の登場人物。物語の重要人物にして主人公忽那ゆいの姉。
年齢22歳にして魔法少女という風変わりなキャラ。某芸能プロアイドル某寄生女子大生とは一切関係ない。
担当声優は妹であるゆいと兼任で「アイ・舞・ミー」のゼノン・ゼシフィードや「タイトル未定DS」のセシリアも演じていた計名さや香氏。

忽那流無想剣術の正統後継者として育てられたか、ある日突然魔術師になり、政府軍の研究施設へ身を置くことになる。
その理由としては本人には剣術の才がなかったと語っているが、妹のゆいは自分を軍から守るために自身を政府に差し出したのではないと思っている。
ヴァンプリにおけるストーリーのキーマンであり、エンディングも他のキャラと異なる。ある意味このゲームの真の主人公とも言える存在である。

裏設定

第106代忽那無想流剣術伝承者であったという設定がある。
その設定によると彼女が振るう古代の神剣「カエデ」は「サクヤ」と同じ北斗七星の文様のある大きな剣。また、自分の闘気を剣に込め、光弾を発射させることができる。
他にも運動神経が抜群であり、宙返りやムーンサルトや前転などといったアクロバットな体操が得意、様々な足技を体得している、ゆいと同じ鉄棒での運動も得意、跳び箱での運動もうまくこなせるという設定が存在する。
またルナ姫木に対して痴女的な服にツッコミを入れた貴重な人物でもある。
ちなみに怒るとお尻を百叩きをしてしまうほど怖い(とくにゆいとの戦いで)。


原作中でのはるか(Ver.1.08+~)

機導魔術を用いて戦う遠距離タイプのキャラ。
任意の位置に発生させられる固定飛び道具「バーティカルレイ」をはじめ、相手を近付けずに固めながらダメージを取る手段に長けており、ハマれば圧倒的な制圧力を発揮できる。
通常技類も総じて高性能で、中距離打撃戦や接近からの崩しもこなせる。
但し、相手から詰められると守りが脆くなり、必殺技も発生が遅いものが多いのでサポートをコンボに繋げにくい。
切り返し能力も不安定で、一度ペースを握られただけで巻き返しが困難なものとなってしまう。
だが持ち技のほとんどがサポート可能技という特長を生かし、いかに飛び道具や牽制技にサポート攻撃・プロクシガードの隙消しを絡めて相手を自由にさせず、
要所で高威力のリバティアーツを叩き込むかが鍵となる。
ちなみにリバティアーツ「クリムゾン・ライン」はタイミングよくボタンを押すことで最大4回まで攻撃できる技となっている。
勝つときは相手に何もさせないが、負けるときは自分が何もせずに負けることが多い極端な展開になりやすいキャラといえる。

なお、ロングスカートなワンピースというこのゲームでは大分慎ましい方な格好をしているが、例に漏れず一部のモーションではばっちりパンモロする。だがそこがいい。


MUGENにおける忽那はるか

  • nuuType氏制作
妹のゆいも製作したnuuType氏のものが存在する。
妹同様に4人のサポキャラ実装やカラーパレット変更対応カットインといった芸の細かいアレンジも含め
かなり完成度の高い原作再現キャラに仕上がっている。
とはいえ同氏のゆい同様製作動画でのアピールやニュースサイトでの紹介等も無いまま
斧ロダへひっそりアップロードしているだけなため、界隈での認知度が異様に低いのが惜しまれる。

AIは搭載されていないが、妹やサキのAIも製作したホルン氏によるAIが自身のOneDriveにて公開されている。
また、ejanho氏のAIも公開されている。こちらは新mugen専用となっているがAILevelの記述を書き換えれば旧mugenでも問題なく動作する。
ガン攻めであり、ガードを一切しないが5割以上の高火力コンボや永久コンボを仕様してくるのが特徴。

  • Daniel9999999氏制作
こちらもサポキャラ実装している。


「さーて、次いってみようか。」

出場大会