霍青娥


「仙人は仙人ですよ。不老長寿、頭脳明晰、金剛不壊」

『東方Project』の登場キャラクター。初出は『東方神霊廟』の四面ボスとしての登場。
「壁をすり抜けられる程度の能力」を持つ、中国から来た邪仙。
三面ボスである宮古芳香の操り主であり、豊聡耳神子に道教を布教した張本人。

読みは「かく せいが」。通称「青娥娘々(にゃんにゃん)」。二つ名は「壁抜けの邪仙」。
専用BGMは「古きユアンシェン」。
また、四面道中曲の「デザイアドライブ」は第9回の人気投票にて神霊廟の楽曲では最高位の初登場15位にランクインした。

+ 詳細な原作設定

+ 二次創作での扱い


MUGENにおける霍青娥

以前からMoiky氏製作の宮古芳香にストライカーとして搭載されていたが、2014年1月29日に同氏により単体で製作された。
まだα版で、通常技と特殊技で構成された3ボタン式。
常に浮遊していて立ち・しゃがみが無く、弱攻撃連打で所謂A連が使えたりと、『心綺楼』を意識した作り。
羽衣によるドリル攻撃、ダウン起き上がりでも使用する ガオン 壁抜き攻撃、クナイ弾やレーザーといった技を使用する。
以前とは逆に芳香をストライカーとして呼ぶ事が出来る。一周回って原作に則った形に。
また、何故か全画面攻撃の「ヤンシャオグイ」の際に謎の顔が映る。
デフォルトでAIが存在する。

出場大会

出演ストーリー

ウドン13(青娥大姐、名前と姿のみ登場)
黒き魔女と黄金鉄の夢と
香霖堂夜想曲
無限を翔る聖蓮船
幽香の農業王国物語(フルネームは「宮古青娥」)


*1
寿命を越えて生きようとする者に地獄から死神が迎えに来るというのは実は死神が広めた嘘で、
実際はもっと恐ろしい者、地獄の鬼神長がやってくる。
『茨歌仙』では彼女の元に是非曲直庁からの刺客として水鬼鬼神長が差し向けられたが、
その際は幻想郷中の雨が凝縮され、彼女の周囲に何重もの水の壁が遥か高空まで立ち上った。
その水圧の高さたるや 投げた石が砕け散る程 で、現場に居合わせた霊夢や華扇も対処不能と語っている。
なお、彼女はその能力で地面を掘って脱出した。 玄武の沢の河童達が迷惑を被る結果となったが
「この程度で死んでちゃ仙人にはなれないわ」と語る辺り、幾度と無く襲撃され、そして生還した経験があることが伺える。



添付ファイル