デモンブライド


概要

アルカナハート』シリーズで知られるエクサム開発・販売のアーケード向け2D対戦格闘ゲーム。
2009年7月16日稼動開始。また、2011年11月24日にはキャラ追加版の『デモンブライド アディショナルゲイン』がNESiCAxLiveにて配信された。

天使と悪魔が存在しており、各キャラはそれらと契約しているという世界観を持つ。
このほかストーリー上で起こった「東京大事変」やシステム面など『アルカナハート』との類似点が多く
関連性を指摘する声がしばしば挙がっていたが、公式では特に繋がりはないとされている。


動作


ボタンはABCDの4つからなり、それぞれ弱・強・射撃・ダッシュに対応。


システム


ブライドゲージ

初期状態は満タンであり、特定の行動で消費される。
時間経過とともに回復するが空になると消費行動がとれなくなり、
また、削りによるKOも発生してしまう。

フォースゲージ

攻撃を当てたり受けたりすることで溜まり、EX必殺技、超必殺技などで消費。
他の格闘ゲームにおける一般的なパワーゲージに近い。

ラヴゲージ

ブライドとの絆を表すゲージ。射撃やブライド必殺技を使う、相手から攻撃を受けることで溜まる。
一定量毎にLvが1~3、MAXと上昇し、射撃やブライド必殺技の性能が向上していく。
MAXで「エンゲージクライマックス」が使用可能になる。

ブライドカウンター

いわゆるガードキャンセル攻撃。フォースゲージを3分の1消費。

エンゲージクライマックス

ラヴゲージがMAXの状態で発動可能。一定時間経つか超必殺技を使うまでの間
「攻撃力・防御力上昇、ブライドゲージの回復率上昇、フォースゲージがなくても超必殺技が使える」
といった状態になる。この間超必殺技は「クライマックス超必殺技」にパワーアップ。終了後ラヴゲージはLv3に戻る。


キャラクター

()内は契約しているブライド
  • 天使サイド
皇 久遠(ミカエル)、獅堂 明日真(ウリエル)、橘 蒼矢(ラファエル)、リヒト・ウルフスタン・シュヴァルツ(ハニエル)
三月原 結 エメリア(メタトロン)、帳 乃亜(ガブリエル)、皇 にぃな(ザドキエル)
  • 悪魔サイド
天羽 零彗(ルシフェル)、イヴ(ベルゼブブ)、ドーン(マモン)、ダスク(アスタロト)
闇咲 紅花(アスモデウス)、ぺこ丸(サタン)、しふぉん(レヴィアタン)
  • 隠し中ボス(のちにタイムリリース解禁)
ジャッジ(堕天使ミカエル)、リベリオン(聖魔ルシフェル)
  • 『アディショナルゲイン』より登場
ピュア(堕天使ザドキエル)
  • ボスキャラクター
法皇ディエス・イレ・デウス(造物神デミウルゴス)

MUGENでは

現在は久遠、ぺこ丸、紅花、イヴ、エメリア、そしてラスボスのディエスの6体が存在。
アレンジが加えられていたり(ぺこ丸は全てにおいて完全アレンジ)するもののいずれも完成度の高いキャラではある…が、
原作の人気や知名度が決して高くない故か現在のところ動画で見る機会は少なめである。
なおイヴ、ディエスは1.0専用なので注意。