水瀬秋子


「このジャム、試していただけませんか?」

プロフィール

誕生日:9/23
血液型:O
身長/体重:165cm/50kg
スリーサイズ:86/57/83

『Kanon』および『Eternal Fighter Zero』に登場するキャラクター。
水瀬名雪の母親で、主人公の叔母にあたる。アニメ版および家庭用ゲーム版の声優は皆口裕子氏。
家族が母1人子1人(+居候1人、ルートによってはさらに追加)にしては結構な広さの一軒家に住んでいる上
時間的にも経済的にもかなり余裕のある暮らしをしているが、
年齢不詳、職業(遺産や投資等で悠々自適の暮らしではなく、一応働いているらしい)は娘の名雪にすらわからず、
夫の詳細も不明(死別?)という謎の多い女性。
非常に寛容な性格で、あらゆる頼み事を「了承」の一言で引き受ける。
またあゆの正体を薄々察しながらも普通に受け入れ接するなど、懐が広く肝も据わっている。
なんでも出来るのでは、と思えるくらい特技が多く、特に料理が上手い。
趣味はジャム作り。基本的においしいのだが、自慢の甘くないジャム(レシピは秘密)は
主人公の祐一や娘をはじめ周囲の人々にトラウマレベルの衝撃を与えている。
一説にはこのジャム、とある町のパン屋さんでジャムパンに使われているとかいないとか。
試作品を食べた店主に「なぜだ?このジャム、オレの本能に訴えかけやがる…危険だ、とな」と言わしめたそうな。
……なんというか、ご愁傷様。
ちなみに、試作品を食べた人の中にはこのジャムを絶賛した人も居たと追記しておく。

+ 以下、原作全編にわたるネタバレ

一部ファンの間では天沢郁未と同一人物ではないかというトンデモ説がある。
その一方、シナリオライターの非公式小説ではあゆの母親とは親友だったという設定も存在する。


Eternal Fighter Zero』における性能

最終バージョン『MEMORIAL』で追加されたキャラの一人。
主婦だけあって冷蔵庫や洗濯機、ポリバケツ、 包丁 など各種家庭用品(?)で戦う。
一部物騒な物やどう考えてもこんな若々しい主婦には重量オーバーな物が混じっているが何、気にすることはない
消火器で相手の目をくらませてからの起き攻めが地味ながらも強力。というか、それが生命線。
コンボ性能が非常に高く、ICさえできればゲージがなくとも半分近くもって行けるだけの火力を持つ。
が、必殺技も独特でクセのあるものが多く、特に連続入力技の「仕込みは手早く済ませましょう」はみっちり練習しないと出し切ることさえ出来ない。
まず、これがしっかり出せるようになることが大前提。
それでも基本的に攻め入るのは相手の事故待ち前提なのが痛い。

また、喰らい判定は最大クラス、かつ切り返し能力が低いため、守勢に回ると何も出来ずに終わってしまう。
一応ゲージ技で切り返せるが、読まれてしまうとどうしようもない。

現状では神尾観鈴水瀬名雪(起)とならんで弱キャラとされる。
最強母親の定説を覆すような微妙性能だが、いい大人なので自重しているだけかもしれない。
参考動画

ファイナルメモリー「甘くないのもありますよ」は自作のジャムを食べさせる技。
ジャムを前に泣き出したり真っ青になって怯えたりただただ絶望してたかと思えば、何も知らずにキムチラーメンのついでに頬張ったり
一斤の大きな食パンに塗って食べたりと、相手のキャラクターごとに違った反応が見られて面白い。
まあMUGENだと、カービィとかカビゴンとかワリオとか、気にせずに食べて体力回復しそうなのだが。

原作にはいなかったが、アンドロイドがこの技を受けた場合どうなるのか気になる所である。


MUGENにおける水瀬秋子

+ 馬の骨氏製作 原作準拠
+ 死門氏製作 原作+アレンジ
+ 伊予(イヨ)氏製作 原作+AC要素
+ Ryon氏製作 原作+アレンジ仕様
+ 製作者不明 ブラッド秋子さん

馬の骨氏、死門氏、伊予氏の秋子さんは「甘くないのもありますよ」の特殊やられに対応しており、
アニメ番号5555(馬の骨氏のみ5556も含む)に画像を登録することで対応する。
指定アニメの最後のフレーム数を-1にすると、アニメの一枚目のみ表示されたまま進行するので注意。
現在ではオリジナルキャラ・アレンジキャラ勢が積極的に導入しており、
秋子さんの出番や謎ジャムの犠牲者を着々と増やしている。
対応キャラ紹介動画

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結
非表示
【ブラッド秋子さん】

出演ストーリー

プレイヤー操作




添付ファイル