タイラント(ウルトラマン)


ウルトラマンタロウ』第40話「ウルトラ兄弟を超えてゆけ!」に登場した怪獣
身長62m・体重57000t。別名「暴君怪獣」。
タイラントとは日本語で「暴君」の意。同じ名を冠したものに『バイオハザード』シリーズに登場する生体兵器
亀大王のカートがあるが、この「怪獣タイラント」の方が早く登場している。
間違ってもこの人の覚醒必殺技では無い。

これまでのシリーズでウルトラ戦士に倒された怪獣・超獣・宇宙人たちの怨念が集結して誕生した合体怪獣である。
劇中においてタロウを除くウルトラ5兄弟を立て続けに破るという圧倒的な強さだけでなく
合体怪獣でありながら継ぎ接ぎ感を感じさせず、もはや1体の怪獣として収まっている秀逸なデザインから人気は高い。
(合体怪獣の前例としては既に前番組『ウルトラマンA』の最終回に登場した最強超獣ジャンボキングがいるが
 こちらは合体前のパーツがわかり辛く、いまいち合体しているという印象は薄い。
 また最終回なのでジャンボキングよりもストーリー面に主軸をおいてるのもやや影が薄い理由の一つ)

パーツは以下の怪獣で構成されている。
頭→竜巻怪獣 シーゴラス(『帰ってきたウルトラマン』)』
耳→異次元宇宙人 イカルス星人(『ウルトラセブン』)
腕→殺し屋超獣 バラバ(『ウルトラマンA』)』
腹→宇宙大怪獣 ベムスター(『帰ってきたウルトラマン』)
背→液汁超獣 ハンザギラン(『ウルトラマンA』)』
脚→どくろ怪獣 レッドキング(『ウルトラマン』)』
尾→大蟹超獣 キングクラブ(『ウルトラマンA』)
+ 各部のパーツや及び能力についての補足

+ 『タロウ』本編におけるタイラント

+ それ以降の活躍

+ ゲーム作品でのタイラント

タイラントや前述のジャンボキングのような合体怪獣は、後のウルトラシリーズにも多く登場している。
イズマエル、ギガキマイラ、ベリュドラ、そしてファイブキングなどがそれに当たり、
特にイズマエルとファイブキングは「平成のタイラント」とも呼ばれることがあり、何かと引き合いに出される辺りが
タイラントの知名度と人気を物語っている。(後者はウルトラマン列伝内で2度ほどタイラントとの類似点が言及されている。)


MUGENにおけるタイラント

ガタノゾーアなどを製作したmuu氏製作のものが2009年6月1日に公開された。
ドット絵はGBA『対決!ウルトラヒーロー』のものだが
技は3D格ゲーの『ウルトラマン Fighting Evolution』シリーズを基に作られており
EXタイラント及びデスボーンの技も使うことができる。

ワイヤーアタックはリーチが長く、相手を引き寄せた後に様々な技で追撃が可能。
そのまま永久ができちゃったりする。まさに暴君。
また、LIFEが異常に高い。その数値なんと3250である。
これは『対決!ウルトラヒーロー』のボスモードでの体力をウルトラマンを1000として換算したものになっている。
おそらく『タロウ』本編でウルトラ兄弟の光線にも耐えた打たれ強さを表しているのだろう。
腕の鉄球から繰り出されるワイヤーで捕らえてからの火炎攻撃や冷気攻撃で容赦なく攻めてくる。
その闘法はスピリッツシステムを搭載,使用するために、ある意味運に左右される試合展開になる。
高い体力からくる高耐久性をスピリッツシステムによって強化することで粘り強く戦い、ワンチャンスしか与えてくれないような攻撃の激しさの
キャラクター相手にもチャンスを拾いながら戦える。
例1:ゼットンを引いた→時間限定で攻撃時以外の防御力が1,5倍に増加。
例2:サータンを引いた→時間限定でガード時に姿が消えている間、無敵になって削りを無くせる。

防御力増加、弾幕(光線と表記される)に強くなる、回り込みが成功しやすくなる、攻撃を受けるとゲージ上昇などの効果は
体力が高く、余程地力に差が無い限りは瞬殺される可能性の低いタイラントにこれ以上ないほどマッチしており
「暴君ぶち切れ」という1ゲージ消費の、食らい抜け+相手を画面端まで吹き飛ばす技がそれらを更に効果的にさせている。
各種あるスピリッツであるが、特に強力なのは3種の"キング"とプリズ魔であろう。
  • ライブキング→体力を4割近く回復
    元々体力の高いタイラントにとってはまさに天の助けとも言える、絶対的なアタリ。
  • ブラックキング→攻撃力2倍且つ必殺技のダメージ上昇
  • レッドキング→攻撃がガード不能になる
    主力攻撃方法であるワイヤーは投げなので元々ガー不である。画面端からの弾幕が強くなると考えよう。
  • プリズ魔→(光線と表記される)飛び道具を必殺ゲージに変える
    発動中は飛び道具に無敵となりゲージが増えるので弾幕キャラ相手には絶好のチャンスを作れる。

2010年前半に公開されたバージョンには狂以上の耐性になる12Pカラーが存在していたが
現在DL可能なバージョンには12Pが存在せずカラーによる性能差は無い。

またbakisimu氏による改変キャラも2013年7月ごろから公開されている。
性能を大幅に下げて一般的なキャラでも戦いやすいものになっている。
元は改変パッチとして公開されていたが現在は単体キャラとして公開されているため注意。
LIFEは一般的なキャラと同等にまで引き下げられ、一部の強力だった技も封印または調整をされている。
その代わりに前後へのステップと通常攻撃の追加などがされており多少は小回りも利く調整になっている。
SEの変更やカットインの追加など演出面でも強化される。
イントロで空中から飛来し『連絡によると火星でエースまで倒したという』というZATの通信が入るなど、
ウルトラ5兄弟を倒した後の消耗したタロウ戦の状態をイメージしているとのこと。
最新版は2015年11月1日に公開されている。

+ 大会ネタバレ

出場大会

出演ストーリー

その他