タイラント(ウルトラマン)


ウルトラマンタロウ』第40話「ウルトラ兄弟を超えてゆけ!」に登場した怪獣
身長62m・体重57000t。別名「暴君怪獣」。
タイラントとは日本語で「暴君」の意。同じ名を冠したものに『バイオハザード』シリーズに登場する生体兵器
亀大王のカートがあるが、この「怪獣タイラント」の方が早く登場している。
間違ってもこの人の覚醒必殺技では無い。

これまでのシリーズでウルトラ戦士に倒された怪獣・超獣・宇宙人たちの怨念が集結して誕生した合体怪獣である。
劇中においてタロウを除くウルトラ5兄弟を立て続けに破るという圧倒的な強さだけでなく
合体怪獣でありながら継ぎ接ぎ感を感じさせず、もはや1体の怪獣として収まっている秀逸なデザインから人気は高い。
(合体怪獣の前例としては既に前番組『ウルトラマンA』の最終回に登場した最強超獣ジャンボキングがいるが
 こちらは合体前のパーツがわかり辛く、いまいち合体しているという印象は薄い。
 また最終回なのでジャンボキングよりもストーリー面に主軸をおいてるのもやや影が薄い理由の一つ)

パーツは以下の怪獣で構成されている。
頭→竜巻怪獣 シーゴラス(『帰ってきたウルトラマン』)』
耳→異次元宇宙人 イカルス星人(『ウルトラセブン』)
腕→殺し屋超獣 バラバ(『ウルトラマンA』)』
腹→宇宙大怪獣 ベムスター(『帰ってきたウルトラマン』)
背→液汁超獣 ハンザギラン(『ウルトラマンA』)』
脚→どくろ怪獣 レッドキング(『ウルトラマン』)』
尾→大蟹超獣 キングクラブ(『ウルトラマンA』)
+各部のパーツや及び能力についての補足
なお、これらにはもとと左右逆転しているバラバの腕、本来はない爪が生えているレッドキングの足など、若干差異が見られる部分もある。
また、ベムスターの腹で光線を吸収する描写は平成作品に入ってからしか存在せず、更に冷気を放出するというもとのベムスターにはない能力がある。
口からの炎はキングクラブから受け継いだものとされており、「爆炎放射」と呼ばれることもある。

倒された怪獣の怨念という設定ではあるが、パーツの中にはシーゴラス(角を折られて戦意喪失し逃げ帰っただけなので死んではいない)や
ハンザギラン(サンショウウオが超獣化されたものだがエースの力で元の姿に戻されただけで死んではいない)のように、厳密には倒されたとは言えない怪獣もいる。
(一応、前者に関して言えばナックル星人に操られた「再生シーゴラス」が倒されてはいる。
  尤も、死んでいないシーゴラスが再生されている事自体が当時(帰マン)から不思議に思われていたのだが…
現在の公式設定では上記の7体がパーツとなっているが、脚本段階ではブラックキングの角も含まれていた様で、
後頭部から生えた角がそれだとする記事も存在する。

+『タロウ』本編におけるタイラント
海王星から地球に向かおうとしていたその時、偵察していたゾフィーに発見され戦闘になる。
終始ゾフィーを圧倒し、仲間に危機を知らせるウルトラサインを出そうとしたところへ腕を踏みつけてへし折り、追い討ちをかけた。
その後天王星でウルトラマンと対決。これもほぼ一方的な戦いで圧倒し
マンが辛くも出したウルトラサインを特殊光線で消し去ってしまう。
土星でのウルトラセブンとの戦いでも環境的な利も相まって余裕の勝利。
(ウルトラ戦士は低温に弱いという弱点があり、特にセブンは作中で明示されている)
木星でのウルトラマンジャックとの戦いではスペシウム光線も通用しない打たれ強さを見せ、返り討ち。
火星では怪獣より強い超獣と戦ってきたウルトラマンエースと対決。
(尤も『ウルトラマンタロウ』の第1話時点で、オイル超獣オイルドリンカーを宇宙大怪獣アストロモンス
 返り討ちにした為、超獣が必ずしも怪獣より強い訳ではない)
メタリウム光線を受けてもダメージを受けるどころか火炎放射でこれも返り討ちにした。
…なんか、ウルトラマン以外はカラータイマーが点滅さえしていない気がするが、何、気にする事はない
+参考動画

そしてタイラントは遂に地球に侵入。ウルトラマンタロウと対峙する。
激戦の末、タロウはバラバのムチをブルーレーザーで切断しキングブレスレットの力で
ウルトラランスへと変化させ、投擲。串刺しにされたタイラントは青い光に包まれて爆発し、消えた。
+タロウにあっさり倒された理由?
鳴り物入りで登場したタイラントではあったが、タロウとの戦いでは割とあっさり劣勢になり、そのまま倒されてしまっている。
理由としては、ウルトラ兄弟と連続で戦ってきたためにタイラントの疲労が溜まっていたか、
タロウが倒した怪獣のパーツが合体していなかったのでタロウに対しては怨念の力が発揮できなかったか、
まあ、それ言ったらゾフィーが倒した敵のパーツもないんだけど
あるいはタロウがこれまでの戦いを通して成長したかのいずれかが挙げられることが多い。
ゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution 3』ではタイラントはウルトラ兄弟との連戦で体力を引き継ぐ、
という前者を採用した演出になっている。

後年、『ウルトラマン列伝』では「タイラントを倒すにはタイラント自身の武器が必要であり、
タロウはバラバ鞭を利用したので勝利できた」という新解釈が登場した。
なお、タイラントに腕を使われたバラバの最期も「自分の手の鎌を利用されて首を斬り落とされる」というものになっており、
『新ウルトラマン列伝』ではこれをタイラントを倒すヒントにしたとタロウが語っている。

メタ的なことを言うと、この回は所謂「正月スペシャル」的な話であり
各兄弟が倒される毎にその兄弟の主役作品についての回想が入った為
タロウ対タイラントに割ける時間がそもそも無いという事情があるのであった。仕方ないね。

+それ以降の活躍
映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』では、ゴモラに率いられる怪獣軍団の一体として登場。
アストロモンスやドロボンもそうだが、宇宙怪獣の筈であるタイラントが地底から現れた理由は不明。
ハヌマーンやウルトラ6兄弟と戦ったが、最期はドーナ第7ロケット基地の爆発に巻き込まれて死亡した。
…尤も、その後のゴモラ以下怪獣軍団がハヌマーンらに受けた仕打ちを考えると、早々にあっさり死亡できた彼は
ある意味では幸運だったのかもしれないが。

その後、平成の『ウルトラマンマックス』『メビウス』で過去の怪獣が復活する路線となり、
タイラントも『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』にて再登場。
キール星人のレイオニクス、グランデが操る怪獣として登場した。
こちらはベムスターの腹でゴモラの超振動波を吸収したり、イカルス星人の耳からアロー光線を放つなど
各怪獣のパーツを生かした能力を披露し、ようやく合体怪獣らしい立ち回りを見せてくれた。
その圧倒的強さでゴモラを倒し、更に主人公・レイの操るもう1体の怪獣であるエレキングを葬り去ってしまった。
しかし、レイ復活後の再戦では第二覚醒したゴモラとリトラとの連携の前に敗れ去った。

ちなみに、グランデは他にレッドキングを所持しているのだが、このレッドキングは
キングジョーブラックを圧倒するほどの実力を持ち、ブレイブバーストしたゴモラとも互角の戦いを繰り広げた。
…合体怪獣以上にその脚の持ち主が活躍するというのは順番が逆のような気がしないでもないが、
レッドキングはゲーム版『大怪獣バトルNEO』の主役なので、実質“主人公補正”という事だろう。

上記の裏設定などを掲載した漫画『大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー』では、TV版『NEO』の5話と6話の間の時間軸で
グランデと共に登場。主人公アイのネオバトルナイザーを見て興奮したグランデが、アイのレッドキングと戦わせた。
この時グランデはレッドキングに興味を示し、タイラントに対し、
「心配すんな オレの相棒はおまえだけだよ…今のところはな」と発言していた。
このことからグランデが初めはタイラントのみと契約していたということに明らかとなった。
なお、このエピソードは残念ながら単行本未収録である。 早く4巻出して下さいよ角川さん。

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河大戦 THE MOVIE』にも登場。
ウルトラマンベリアルの手によって怪獣墓場から復活し、怪獣軍団に加わりウルトラ戦士たちを迎え撃つ。
最終局面まで生き残ったが、最終的には駆けつけてきたウルトラマンゼロにより倒された。
その後、百体怪獣ベリュドラを構成する怪獣達の中にも確認できる。
合体怪獣がさらに合体していいのかよとか、合体元パーツのレッドキングやベムスターとかも別に合体しちゃってるよとか
そもそもなんで怨念が合体してできた怪獣が独立した個体として眠ってるんだよとかツッコミどころは絶えないが、
ウルトラシリーズでも屈指の不思議スポットの怪獣墓場とチートアイテムのギガバトルナイザーのせいだし仕方ない。

ウルトラゼロファイト第二部「輝きのゼロ」ではダークネスファイブの一人、テンペラー星人・極悪のヴィラニアスの相棒として登場。
他の面子同様に目が赤くなっているのが特徴。極暴コンビと称してゼロやジャンボット・ジャンナインの兄弟を苦しめた。
ベムスターの腹を最大限に活かしてヴィラニアスのサポートを務めた。後半は5人(4人と1匹)揃っているし他のメンバーに馴染んでいるがタイラントはダークネスファイブではないので注意。

また、映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』の企画段階時点ではタイラントの強化版として
ゴモラ、エレキング、ツインテール、バキシム、アストロモンスを追加したグランドタイラントという怪獣の案もあった。
こちらは通常のタイラントに追加された怪獣達の体の複数のパーツが激しく自己主張しあっており
寄せ集めながら一体の怪獣としてスマートに纏め上げられたタイラントのイメージからは大きく逸脱したデザインである。
見たい方はグランドタイラントで画像検索してもらいたい。

映画『ウルトラマンサーガ』ではアントラーパンドンなどと並びバット星人の作りだした怪獣兵器として登場。
本編ではお蔵入りとなった代わりに『ウルトラマン列伝』において特集が組まれた際に新撮パートとしてショートバージョン、
ディレクターズカット版及び『新ウルトラマン列伝』における分割放送時にフルバージョンが日の目を見た。
他の怪獣兵器と違い、タイラントだけは因縁のないウルトラマンレオと初対決し最後はレオキックを頭部に受けて撃破された。
なんだかあっけなく思えるが、格闘戦を得意とするレオにはベムスターの腹もほとんど機能しないだろうし仕方がないのかもしれない。

『ウルトラマンギンガ 劇場版スペシャル』では、イカルス星人(SD)が6体のスパークドールズと融合したタイラント(SD)が登場。
主人公の礼堂ヒカルが変身したウルトラマンティガとゼペリオン光線を吸収して苦戦させるも、
「タイラントを倒せるのはタイラントの武器」という弱点を突かれ、加勢に来たジャンナインがバラバ鞭を受け止めた隙に、
ティガがハンドスラッシュで鞭を切断、それを突き刺されてダメージを受けたところにジャンスターダストを受けて敗北した。
一応、スパークドールズ争奪戦におけるボス的な存在ではあるのだが、肝心のウルトラマンギンガとは戦えなかった上に、
直後に登場したダークザギは「今までの怪獣とは桁が違う」などと評されていた為、少しかませ犬感が漂っていた。

『ウルトラファイトオーブ 親子の力お借りします!』では、レイバトスがゾフィーとジャックに対する迎撃として、
ギガバトルナイザーで復活させた7体の怪獣を合体させる形で登場。
当時より大きく成長した二人をカラータイマー点滅まで追い込むも、そこに10年もの修行を終えたセブン、ゼロ、オーブが合流し
セブン、ゼロ親子と阿吽の呼吸を掴めるようになったオーブたち3人の連携に次第に押され、
最後はワイドショット、ワイドゼロショット、ワイドスラッガーショットの同時発射で倒された。…ベムスターの腹はどうしたのだろうか?

+ゲーム作品でのタイラント
ビデオゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』や、
アーケードカードゲーム『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』では、
強化形態の EXタイラント EXタイラント2 が登場する。
前者はゴモラの後ろ脚とジェロニモンの羽飾りが付き、ケンタウルスのような風貌をしている。そしてデカい。
その大きさ、実にウルトラマンや他の怪獣の倍はあり、ストーリーモードのラスボスを除けば一番大きい。
また、バラバの鞭を上空に伸ばして隕石を引っ張って落とし惑星を破壊するという必殺技を使う。
漫画『大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー』では星間戦争に怪獣兵器として投入され、この技でペダン星を滅ぼした。
(※この動画の4分41秒辺りから)

後者は怨念を吸収しすぎた結果、骨だけになってしまったという設定。
体力がデフォルトで他キャラクターの半分しかないが、周りを漂う怨念を
吸収することで回復できるようになっている。
前者と違ってパワフルさは無く、ガードから的確に反撃を狙う泥臭い戦いを得意とする。
大怪獣バトルでは「 デスボーン 」という名前がついている。

タイラントや前述のジャンボキングのような合体怪獣は、後のウルトラシリーズにも多く登場している。
イズマエル、ギガキマイラ、ベリュドラ、そしてファイブキングなどがそれに当たり、
特にイズマエルとファイブキングは「平成のタイラント」とも呼ばれることがあり、何かと引き合いに出される辺りが
タイラントの知名度と人気を物語っている。(後者はウルトラマン列伝内で2度ほどタイラントとの類似点が言及されている。)


MUGENにおけるタイラント

ガタノゾーアなどを製作したmuu氏製作のものが2009年6月1日に公開された。
ドット絵はGBA『対決!ウルトラヒーロー』のものだが
技は3D格ゲーの『ウルトラマン Fighting Evolution』シリーズを基に作られており
EXタイラント及びデスボーンの技も使うことができる。

ワイヤーアタックはリーチが長く、相手を引き寄せた後に様々な技で追撃が可能。
そのまま永久ができちゃったりする。まさに暴君。
また、LIFEが異常に高い。その数値なんと3250である。
これは『対決!ウルトラヒーロー』のボスモードでの体力をウルトラマンを1000として換算したものになっている。
おそらく『タロウ』本編でウルトラ兄弟の光線にも耐えた打たれ強さを表しているのだろう。
腕の鉄球から繰り出されるワイヤーで捕らえてからの火炎攻撃や冷気攻撃で容赦なく攻めてくる。
その闘法はスピリッツシステムを搭載,使用するために、ある意味運に左右される試合展開になる。
高い体力からくる高耐久性をスピリッツシステムによって強化することで粘り強く戦い、ワンチャンスしか与えてくれないような攻撃の激しさの
キャラクター相手にもチャンスを拾いながら戦える。
例1:ゼットンを引いた→時間限定で攻撃時以外の防御力が1,5倍に増加。
例2:サータンを引いた→時間限定でガード時に姿が消えている間、無敵になって削りを無くせる。

防御力増加、弾幕(光線と表記される)に強くなる、回り込みが成功しやすくなる、攻撃を受けるとゲージ上昇などの効果は
体力が高く、余程地力に差が無い限りは瞬殺される可能性の低いタイラントにこれ以上ないほどマッチしており
「暴君ぶち切れ」という1ゲージ消費の、食らい抜け+相手を画面端まで吹き飛ばす技がそれらを更に効果的にさせている。
各種あるスピリッツであるが、特に強力なのは3種の"キング"とプリズ魔であろう。
  • ライブキング→体力を4割近く回復
    元々体力の高いタイラントにとってはまさに天の助けとも言える、絶対的なアタリ。
  • ブラックキング→攻撃力2倍且つ必殺技のダメージ上昇
  • レッドキング→攻撃がガード不能になる
    主力攻撃方法であるワイヤーは投げなので元々ガー不である。画面端からの弾幕が強くなると考えよう。
  • プリズ魔→(光線と表記される)飛び道具を必殺ゲージに変える
    発動中は飛び道具に無敵となりゲージが増えるので弾幕キャラ相手には絶好のチャンスを作れる。

2010年前半に公開されたバージョンには狂以上の耐性になる12Pカラーが存在していたが
現在DL可能なバージョンには12Pが存在せずカラーによる性能差は無い。

またbakisimu氏による改変キャラも2013年7月ごろから公開されている。
性能を大幅に下げて一般的なキャラでも戦いやすいものになっている。
元は改変パッチとして公開されていたが現在は単体キャラとして公開されているため注意。
LIFEは一般的なキャラと同等にまで引き下げられ、一部の強力だった技も封印または調整をされている。
その代わりに前後へのステップと通常攻撃の追加などがされており多少は小回りも利く調整になっている。
SEの変更やカットインの追加など演出面でも強化される。
イントロで空中から飛来し『連絡によると火星でエースまで倒したという』というZATの通信が入るなど、
ウルトラ5兄弟を倒した後の消耗したタロウ戦の状態をイメージしているとのこと。
最新版は2015年11月1日に公開されている。

+大会ネタバレ
MUGEN祭 大盛りシングルトーナメントにおいて多くの他のmuu氏製の怪獣たちと共に登場。
持ち前の硬さ、投げ技としては脅威のリーチを誇るワイヤーアタック、喰らい状態から脱出する超必殺技「暴君ブチ切れ」
そして形勢逆転のスピリットを生かし、まさに暴君のごとく暴れる。
その実力が知れ渡っている強豪スタン・エルロンを破ったKeeper Of Nests
同じく優勝候補とまでよばれたディエスを倒した黄龍神奈の両名を下し
多くの視聴者からも一目置かれた上でミズチマグニートー、といった各種大会の度の優勝候補との対決を制して
ついに髄一の優勝候補としての評価を受けてベスト8までコマを進めた。
特にマグニートーとの対決は両者共に実力を出し切っての名勝負である。
が、準決勝にて同じく優勝候補として見られていたギル&カイを下した沙耶と対決するも
ワイヤーアタックがことごとくよけられて、そこからの投げの連発を受け、最後は硬直からのタイムアップで敗退した。

なお、本大会で良くも悪くも印象を残す活躍をしたタイラントだが膨大な数の試合の中で
タイラントが苦手とする投げの無効な相手や、即死攻撃、割合攻撃を繰り出してくる相手と
組み合わせの都合上、当たらなかった
という点は考慮しなければいけない点である。
また、他のmuu氏製怪獣や『ゴジラ 怪獣大決戦』のキャラなどは一部例外を除けば総じて強ランクに近いので
タイラントの印象だけで「怪獣キャラ=凶クラス以上は確実」とするのは早計であることを理解していただきたい。

組み合わせによる勝ち抜きの都合上実現しなかったものの対決していたなら勝てるらしい、と
大会中にも噂されていたディエスとの対決の検証動画をマカオとジョマの作者であるカサイ氏がアップしている。

かなり紙一重ではあるものの、確かに打倒することは可能なようだ。
そしてこの強さでも上限審査員である、マスターギース未満である事が解って頂けると思う。

出場大会

出演ストーリー

その他