平景清



「滅びし平家一門の恨み、忘れたわけではあるまいな!」

ナムコ(現バンダイナムコゲームス)が1986年にリリースしたゲーム作品『源平討魔伝』、並びに1992年リリースの続編『巻ノ弐』の主人公。
史実上の武将“藤原景清”がモデルとなっており、作品自体のモチーフも歌舞伎や浄瑠璃の演目して有名な『出世景清』。

+史実の藤原景清
「悪」という漢字が強者を意味する時代にあって、悪七兵衛と讃えられた武士である。
源平合戦においては平家に仕え、源氏の武将の兜を素手で引き千切るなどの活躍を繰り広げた。
やがて壇ノ浦の戦いで源氏が勝利。平家は落人となって各地へ潜伏せざるを得なくなってしまう。
そんな中、景清は逃亡を是とせず、源頼朝の首を討ち取るべく、ただ一人鎌倉を目指して駆け抜けた。
結局、この目論見は失敗に終わり、無念にも景清は捕らえられてしまうのだが、
彼は「源氏の飯は喰わぬ」と食を断ち、「源氏の世は見ぬ」と目を抉り、獄中にて壮絶な死を遂げたという。
これに対して源頼朝は景清を「真の武士である」と絶賛。今日に知られる「平景清伝説」が生まれたのである。
また景清の愛刀であった痣丸は、持ち主の目を潰す妖刀として知られ、現在は熱田神宮に奉納されている。
毛利元就が落とすのに苦労した難攻不落の堅城である月山富田城を築城したのは景清との伝承もある。
また、有名な 「遠からんものは音に聞け、近くば寄って目にも見よ」 の名乗りをあげた人物でもある。

つまり殆どゲームと変わらない伝説の武将である(まあ義経筆頭に源平合戦は史実と伝説が曖昧だけど)。
たぶん聖杯戦争に召喚されたらこいつ同様ナムコ補正ががっつりかかって超強化される


かつて1185年の壇ノ浦の戦いにおいて、平家一門共々戦死する運命を辿ったが、異界からの干渉者「ぷれいや」のお布施により現世に復活。
平家討伐後に日本を魔界へと変えてしまった源氏の勢力を誅殺すべく、魔人・源頼朝を倒す為に必要な「三種の神器」を求めて
源義経や武蔵坊弁慶といった源氏の刺客を討伐しつつ、諸国で転戦を繰り返す。
武器は日本刀。また先述の「三種の神器」を手にする事で、その身体能力も大幅に強化される。

ゲームの結末では頼朝を倒すと同時に、その使命を終えた景清自身も再び死者へと還ったが、
後に再び復活を遂げ、日本を魔界へと変えんとする頼朝を倒す為に二度蘇ることとなる(『源平討魔伝 巻ノ弐』)。

この当時、画面の3分の1を占める巨大な多関節キャラクターが剣を振り回して戦うというインパクトの強いゲーム画面構成、
和と妖のテイストを全面に押し出したビジュアルとサウンドはたちまちプレイヤーを虜にし、
今なお根強いファンを獲得するに至る、ナムコの顔の一つとも言えるタイトルである。
今でこそ見ると画面の色合いや雰囲気などから「変わったゲーム」に見えるが、当時のゲームは何もかもが手探り状態であり、
そんな状況でこの作品を生みだしたスタッフの力量と当時のプレイヤーに与えたインパクトはそれはもう凄まじかったのである。
(1986年といえば、『スーパーマリオブラザーズ』が出てから1年しか経っておらず、
 スト2が出るのにあと5年を要する、と言えば少し時代が伝わるだろうか)
家庭用ではX68000、PCエンジンに移植された。え?ファミコン?*1まぁそんな事より景清の話しようよ。
昨今ではPSやWiiバーチャルコンソールの他、携帯電話でもプレイできるようになっている。

制作費100万のPV アイマス8bitアレンジ
加えて現在『牙狼』などで知られる特撮監督、雨宮慶太氏の初監督作品が『源平討魔伝』のPVだったりする。
この縁から『未来忍者』の実写映画化企画に繋がり、氏の映画監督デビュー作『慶雲機忍外伝』へと至った。
さらに『慶雲機忍外伝』から『魔法少女リリカルなのは』や『FF8』の武器演出など後発作品へ様々な要素が伝播していく為、
そういった意味でも、本作が今日の日本サブカルチャーに与えた影響は、極めて大きいものであったといえる。
つまり景清さんを通してなのはさんとスコールは遠縁の親戚と言えなくもない。*2

外部作品としては『NAMCOxCAPCOM』に出演。この時の担当声優は置鮎龍太郎氏(同作でキャプテンコマンドーを兼任)。
時系列は『巻ノ弐』より更に後となっているらしく、複数の異世界を跨いだ異変に際して蘇った源氏一門を討伐するため
『妖怪道中記』の主人公、たろすけと共にプレイヤーキャラとして自軍に加わる事となる。

「全て、斬る」

「あの…斬るのは悪い人だけでお願いします…」


MUGENにおける平景清

フリー配信の格闘ゲーム『源平闘乱』をベースにした、Borewood氏製作のリアル頭身キャラが存在。MUGEN1.0専用。
原作ゲームを再現した必殺技超必殺技も実装されており、また各種のEX版も存在。
操作性は同格ゲーの物に概ね忠実、源平闘乱独自システム「諸行無常ガード」も導入されている。
これはあらゆる打撃攻撃をガードし、その瞬間にカウンターを放つことができる一種のハイパーアーマーだが、
やはりというべきかなんというか、投げ技に対しては無効なので注意が必要(諸行無常ガード中なら受け身動作も可能だが)。
さらにここから強力な盛者必衰カウンターを繰り出すこともできるので、タイミングを見極めて積極的に使っていきたい。


流石に主人公、基本の攻撃技から飛び道具対空技まで揃った万能キャラである。
「真空斬・翔」から派生する「真空斬・弐の太刀」を打ち込めば敵のライフも大きく削ることができる。
また飛び道具を通常攻撃で撃墜することもできる為、相打ちの可能性を踏まえて尚、相殺して斬りこむ戦法も取れる。
さらに諸行無常ガードからバックステップも取れるので、上手く使えば相手の永久コンボの回避も可能。
システムと技とを駆使して、なるべく間合いを保ちつつ戦うのが理想。
プレイヤー操作ならば大概の相手と互角に戦えるはず。
ぬいぐるみ化と言う形でナムカプドットも使用されている。
デフォルトAIは無いが、カサイ氏の外部AIが改変パッチと同封する形で公開されている。
+改変パッチによる追加点
  • ボイスの追加修正(音源はNAMCOxCAPCOMのものを使用 ただしやられボイスはそのまま)
  • イントロ、勝利ボイスの追加(全て斬る、斬捨て御免など)
  • 義経用の特殊イントロの追加(ボイスのみ)

出場大会


神様は死んだ
悪魔は去った
太古より巣食いし
狂える地虫の嬌声も
今は、はるか
郷愁の彼向へと消え去り
盛衰の於母影を
ただ君の
切々たる胸中深くに
残すのみ

・・・・・・・・・・

神も悪魔も

降立たぬ荒野に

我々はいる

*3


*1  
+FC版『源平討魔伝』について
3つのモードがあり、デカキャラが動くゲームを移植するのはファミコンでは無理があったようで
ジャンルをRPGとボードゲームを組み合わせた、全く違うゲームとして発売された。

1人用モードではほぼRPGだが、景清が隣の国に移動する度に源氏が国々を支配していく。
そして源氏に支配された国は敵が強化されるので、源氏の動向を把握する必要がある。
ファミコンでは新しく支配された国を表示することはできても、現在支配された国の一覧を表示することは難しかったのか、
付属のボードゲームの地図のマーカーを使って、プレイヤー自身が源氏の動向を記録する方法が取られた。
多人数モードだと最大4人で領土を争うことになり、よりボードゲーム要素が強くなる。

……その少し前に、コナミがファミコンで『月風魔伝』という、
明らかにこのゲームを パk 意識したゲームが登場するのだがここでは割愛、検索されたし。
mugenでは主人公の風魔とラスボスの竜骨鬼が公開されている。

*2  
+ガキンガキンガキン!
いわゆるガンブレードやベルカ式カートリッジシステムのこと。
非射撃武器に弾薬を装填、撃発することで瞬間的に威力を高めるというガジェットは、
映像化作品としては『未来忍者』『慶雲機忍外伝』の十字剣が初出なのである。
そして『慶雲機忍外伝』は『源平討魔伝』がなければ……というのは前述の通り。
こうした奇妙な縁でつながった作品が共演できるのも、mugenの面白さの一つだろう。

*3
+上記の文章は
頼朝を撃破すると「わが魂は不滅じゃ」と言い残し、消滅する。
目的を果たした景清は死者へ還った後、桜の花びらとなり、風に舞い散っていく。
そして富士山を背景に桜吹雪が乱れる画面が映し出され、上記の文章がスクロールしていく。
この文面には、旧ナムコの黎明期に活躍し、人望の高さも併せてと讃えられながらも
1985年(『源平討魔伝』リリースの前年)に31歳の若さで亡くなった 深谷正一 氏への追悼が込められているという。
この他、『カイの冒険』や『イシターの復活』なども同様の追悼文が存在し、
いかに彼が当時のナムコ開発陣に慕われていたかが伺える。
ちなみに 「悪魔は去った」 に関しては、深谷氏と同時期に旧ナムコを支え、
不可能を可能にするプログラミングからそのまま「悪魔」と恐れられていた黒須一雄氏が退社したことを指していると思われる。
また、上記の文章は最後に深谷氏への弔辞で締めくくられている。

故深谷正一氏に

ささぐ。




添付ファイル