セブンガー

これが怪獣ボールに仕込まれた、ロボット怪獣セブンガーだ。
変身できなくなったセブンに、ウルトラの国からプレゼントされた、新兵器なんだ

円谷プロの特撮作品『ウルトラマンレオ』第34話「ウルトラ兄弟永遠の誓い」に登場した怪獣
別名「怪獣ボール」。身長58m、体重33000t。カプセル怪獣のように味方として戦う怪獣である。

そのあたかもオモチャのような外見や眠そうな目からも弱そうに見えるが侮ることなかれ、実はこのセブンガー、無茶苦茶強い。
その強さは劇中でウルトラマンジャックやウルトラマンレオが一人では敵わなかった相手を
一方的にボコボコにしてることからも分かる。
ロボット怪獣だが遠距離攻撃は一切持っておらず、肉弾戦で相手と戦う。頑丈な装甲や見かけによらず俊敏な動き、
そして相手に転ばされてもすぐに体勢を立て直す冷静さも持ち合わせており戦闘力はすこぶる高い。
そんな彼にも弱点があり、それは「1分間しか行動できない」ということ。
更に再使用するには50時間経たないと使えない。実際に劇中でもあと一歩のところで時間切れが来て退却せざるを得なかった。

劇中ではジャックがセブンに変身できなくなったダンのために
ウルトラの国から「怪獣ボール」に仕込まれて運ばれてきた。
途中ジャックが怪獣アシュランに襲われ怪獣ボールを奪われそうになるが何とか地球に到達する。
その後アシュランが地球に出現しMACと交戦しているところに郷秀樹(=ジャック)が怪獣ボールを
ダンに渡すために登場し、無事にダンの手に渡る。そこでダン隊長の手によって怪獣ボールから出現し、アシュランと対決。
アシュランとの戦いではその俊敏な動きや高い火力を持ち合わせた攻撃で終始圧倒。
アシュランに転ばせられてもその体型を生かし転がり攻撃をするなどアシュランに攻撃のチャンスを与えず、
その場の誰もがセブンガーの勝利を確信した。
……が、あと一歩のところで時間切れになり怪獣ボールに戻ってしまう。ナレーター曰く「あと10秒あれば倒せた」とのこと。
その後は一切画面に出ることはなく、使用されたのもこれが最後となってしまった。

その後は一切映像作品には登場してないが、内山まもる氏の漫画版『ウルトラマンレオ』には
今回のエピソードともう一つババルウ星人の回にも登場している。
こちらでは、ババルウ星人との戦いにも投入され、当初は圧倒的な攻撃力で無数の星人相手を蹴散らすも
レオ達が駆け付けた頃には逆に破壊されてしまったという形で、退場の理由付けがなされている。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

なお、SFCの『ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦』において、 必中かつ無消費のためこのゲームにおける実質的な主力兵器 である
カプセル怪獣系の最高ランクとしてセブンガーの入った怪獣ボールが データのみ存在 している。
攻略本にも掲載されているものの、没データとなってしまったらしくゲーム中での入手は不可のため、実際のプレイではミクラスが最高ランクとなっている。


MUGENにおけるセブンガー

様々な怪獣キャラを公開しているカーベィ氏によるものが存在する。
ウルトラマンレオ』40周年を記念し、2014年11月29日(丁度セブンガーの回の放映日から40年)に公開された。
同作出典の怪獣としては3体目の参戦となる。
スプライトは氏の手書きであり、同じく氏の作成したブラックエンドに合わせてFC風のドットである。
やはりブラックエンドと同じくどこか可愛らしくも見える。

技は肉弾戦が主であり原作に準拠したものが搭載されている。
ただしドット絵の関係でどれもリーチが短く相手の近くにいないと当たりにくいので注意。
必殺技には劇中で戦ったアシュランを呼び出すことが出来る技や、往復で転がる技がある。
「一分間の猛攻」は自分の攻撃力をランダムに上げることが出来る技で、1ラウンド一回のみ使用可能である。
超必殺技には「怪獣ボールの意地」があり、この技を使用すると攻撃力2.5倍になりさらに無敵になれる。
が、そのかわり自身のHPがどんどん減っていく。
氏のキャラは共通して超必殺技はHP500以下でしか発動しないようになっているためモタモタしているとすぐに自滅してしまう。
この技を発動するとBGMにウルトラマンレオのOPのインストが流れるため劇中のような感じで戦うことが出来る。
12pでは試合開始からこの状態でスタートするため劇中通りに戦いたい人はこちらをお勧めする。

AIもデフォルトで搭載されている。

出場大会