東洋の巨人

実在のプロレスラー ジャイアント馬場 、および漫画作品で描かれた馬場、馬場をモデルにした漫画キャラクターを元に作られたMUGENキャラクター。

実在のレスラーをモデルに作られたキャラクターは
など様々に存在するが、この「東洋の巨人」もまた「馬場をモデルに作られたキャラクター」である。 本人では無い。


ジャイアント馬場について

「人生は、チャレンジだ」

本名、馬場正平
昭和における日本のプロレスを代表する、偉大なプロレスラー。
代表的な技は209cmの長身を生かして放つカウンター技「16文キック」。
元は 読売ジャイアンツ プロ野球選手(投手)で、二軍で二年連続最優秀投手賞を取って一軍に上がるも、
まもなくキャンプ中の負傷を機に引退、プロレスに転向する。
なおこのリングネームはジャイアンツにいたからではなく、シンプルにその体躯から、ビンス・マクマホンが名づけた。

アントニオ猪木 とともにプロレスの一時代を築き上げ、二人のタッグは「BI砲」として人気を集めた。
後に猪木は「新日本プロレス」に移籍。二人のタッグは解消される。
「全日本プロレス」の代表となった馬場は、猪木が異種格闘技戦など様々な新しい分野に挑戦していくのに対し、
伝統的なプロレス興行のスタイルを守り続けた。

「みんなが格闘技に走るので、私、プロレスを独占させていただきます」

晩年は『クイズ世界はSHOW BY ショーバイ!!』の常連解答者としても、味のあるキャラクターでお茶の間に親しまれた。
生涯で通算5769試合を行い、1999年にこの世を去った。61歳であった。

漫画作品におけるジャイアント馬場

馬場を主役とした『ジャイアント台風』、
その他『プロレススーパースター列伝』『プロレス・スターウォーズ』など数多くのプロレス漫画に登場。
当時の子供たちはこれらの漫画でプロレスラーの事を知っていき、
また今と違って外国の情報を手に入れることが簡単で無かった当時は外人レスラーの詳細を知る事ができる貴重な漫画であった。
……ところがこれらの作品、読者が真実を知る術が無いのをいい事に嘘八百漫画作品ならではの誇張された表現や逸話が多く、
本当の情報が知られるようになった今ではさんざんネタになっていたりする。

架空の作品では『タイガーマスク』等にも登場。
若き主人公を導く先輩格としてメインキャラクターの一人となっており、
タイガーマスクを助太刀するため覆面を被りっぱなしまうまザ・グレート・ゼブラと名乗り
悪役団体「虎の穴」の強豪レスラー“ザ・ライオンマン”をも圧倒する戦いぶりを見せる。
最初は「グレート・ゼブラも虎の穴のレスラーで、3対1でなぶり殺しにするつもりか」と誤解していたタイガーマスクも、
試合の中でグレート・ゼブラの正々堂々の試合運びを見て真の仲間だと確信。
共に虎の穴のレスラーを倒し、グレート・ゼブラの正体が馬場だと見抜いた。
馬場の尽力をマスコミに公表しようと言い出すタイガーマスクに対して、
馬場は「人間は名を告げぬ、人知れぬ行ないこそ本物だ」と諭し、
誰にも知られる事なく孤児への援助を続けるタイガーマスクの行いを讃えた。
さらにタイガーマスクと虎の穴の最終決戦では、猪木など日本レスラーを率いて 全員でタイガーマスクの格好をして 虎の穴本部を襲撃。
タイガーマスクと力を合わせて虎の穴本部を壊滅させた。いいのかこの展開
漫画版とは最後の展開が異なるアニメ版『タイガーマスク』では、
「虎の穴」のボス“タイガー・ザ・グレート”とタイガーマスクの最終決戦をリングサイドで見守っている。

これが元で、『全日本プロレス ファイトだポン!』では馬場が「しまうま仮面」に扮する場面がある。

また、1980年代当時から見た2008年を舞台とした漫画作品『ネオ格闘王伝説Jr.Wars』においても
直接名前こそ言及されないが、アントニオ猪木と前田日明の最期の戦いを見届ける一人として登場している。

実は『キン肉マン』にも出演しており、運命の5王子の登場ですっかり気落ちしたキン肉マンが
一時「キン肉星の王子をやめて人間のプロレスラーになり、馬場か猪木に使ってもらう」といった発言をしており、
超人プロレスと人間のプロレスの間にもなんらかの人脈が存在したことを窺わせる。
キン肉マンが汚したパンツを洗濯するための洗濯板としてミートくんに利用された事は不問になったのだろうか

柳田理科雄の『空想科学読本2』では、なんと 怪獣の強さを図る単位 として登場。ついにものを測る基準になってしまったのだ。
これは怪獣の強さを測る物差しを探していた著者が、怪獣図鑑で「ゴジラの尻尾は、ジャイアント馬場の5万人分の破壊力!」
という記述を発見して採用したもの。
他にも怪獣の強さの基準として挙げられているものはあるにも関わらず馬場が選ばれたのは
筆者がプロレス好きということも大いに関係していると思われる。
馬場の現役時代を知らない世代の人の中には、これでジャイアント馬場を知った人も多いのではないだろうか。

「基本である1、2、3をきちんと練習しないで、いきなり4とか5をやるな」

ジャイアント馬場がモデルのキャラクター

本人名義ではなく、変名やパロディキャラも多く存在する。
+ マウント斗羽(グラップラー刃牙
+ 大巨人(浦安鉄筋家族)
+ グレート司馬(ファイヤープロレスリング)
+  ゴッドハンド

「成り行きと言うと無責任なイメージを持つけどこれほど強いものはない。
つまり、自然の流れに逆らわずに正直に生きるってこと」


MUGENにおける東洋の巨人

喧嘩芸アンディリョウ・ナガサキを手がけたユメヒコ氏が製作。
グラフィックこそメサイヤのプロレスゲーム『全日本プロレス』シリーズのジャイアント馬場のものを使用しているが、
実在のジャイアント馬場の技だけでなく上記の様々なネタを詰め込んだ結果、
むしろ漫画のキャラクターのイメージが強くなっており名義上は本人ではなくオリジナルキャラクター「 東洋の巨人 」という体裁になっている。
キャラ同梱のドキュメントファイルも「ジャイアント馬場さんとは別人です」と念を入れてあるが
その他のファイル名は全部baba.defとかbaba.cnsという名前になっている。

表モードと裏モードがあり、表モードは実在および漫画版のネタを多く取り入れており、
裏モードは刃牙に登場したマウント斗羽を意識した技構成になっている。

大量のプロレス技を搭載したため専用やられポーズも膨大な数にのぼり、その数は実に 25種類。
本人はキン肉バスターにも対応している。
デフォルトAIは入っていない。


マカオとジョマや動画の演出で知られるカサイ氏によるAIが、動画の出場にあたり公開された。
このAIは表モードと裏モードの技を両方使うようになっている。

キャノン娘氏によるAIが公開された。
表モードにのみ対応であったが、後に裏モードにも対応。
これを適用すると武松とのBI砲タッグでの勝利時に特殊演出が入る。
AIの挙動など

特殊勝利演出(12:18~)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25121695

出場大会



最後に、当然の話だがジャイアント馬場氏は実在した人物である。
当人に迷惑を掛ける事は絶対に許されない行為であることを忘れてはならない。
使用する場合は失礼のないように気をつけよう。
動画公開においても、18禁や不必要に残虐なものは禁止とされている。



添付ファイル