まこと


「うちはまだ子供かも知れんけんど

   この道に命を賭けちゅうがじゃ!」

「見とうせお父! うちらの道場

     日本一にしてみせる!」


代表国/出身地: 日本・高知県
生年月日: 7月1日
年齢: 不明
身長: 160cm
体重: 50kg
スリーサイズ: B80 W61 H87
血液型 : B型
好きなもの: 家族、鰹のタタキ
嫌いなもの: 紅しょうが
特技: 日曜大工
ファイティングスタイル: 竜胆館空手
キャッチコピー: 超硬派カラテ少女 (III)、気合一発、元気百倍 (IV)

「こじゃんときいや!」


名門空手道場「竜胆館(りんどうかん)」。だが、かつての繁栄はいまや見る影もない。
一人娘のまことは、父親譲りの胴着に誓う。
「もう一度…うちがメジャーにしてみせるちや!!」

キャラクター設定

ストリートファイターIII』に登場するキャラクター。『3rd STRIKE』より登場。
漢字表記は「」。名門であった空手道場「竜胆館(りんどうかん)」を実家とする空手少女。
その実力は父親の素質を色濃く受け継いでおり、背も低く年若いが既に黒帯を締める。
父親譲りの白い道着を着ており、首に巻いている黄色いハチマキがトレードマーク。
ボーイッシュ…というよりほとんど少年のような見かけだが、れっきとした女性。
『3rd STRIKE』では世界の強豪達に闘いを挑み、師範である父親の死後に衰退してしまった道場を立て直そうと奮闘する。
後に『ストリートファイターIV』シリーズにもプレイヤーキャラクターとして参戦している。
『スパIV』では老朽化が激しい道場の修繕費と、見分を広める為に強い相手を求めて大会に参戦する。
担当声優は『サザエさん』のワカメちゃんでお馴染みの津村まこと女史。
家系は由緒ある武道の一族であり、祖父も格闘家であったらしくリュウのことを知っていたようである。
まこと曰く剛拳に似てるらしいが、エンディングを見る限り、どちらかというとに似てる。
兄は武術の才能が全くないようで、それを理由にサラリーマンになってしまった。
『スパIV』では映画俳優として名のあるフェイロンを倒して名を上げようと考え、
アポ無しで拳を交えようとするなど余念が無い。
『3rd STRIKE』のエンディングでは強豪達を撃破した事により、「竜胆館の最年少師範」としてその名が広まっており、
まこととの組み手を目的に多くの武道家が土佐を訪れ、また入門希望者も増えた様子。
結果として見事に道場を再興させ、自身の夢を成就させている。
ちなみに上の画像をよく観察すると、見た事のあるキャラクターが結構いる。
猛者達が山となっているシーンにサンダー・ホークザンギエフキャミィ
また挑戦者の中にサガットエドモンド本田と思しき後姿がある。

担当声優である津村まこと女史とは、偶然なのか名前が一緒である。
『スパIV』にも『ストIII』勢からの追加キャラの一人として参戦したが、ほとんどの声優が変更されている中で珍しく変更無し
オーディションで土佐弁を使わせて新声優を決めたかったらしいが、
しっくりくる土佐弁を喋れる声優がおらず、今回も津村さんにお願いしたようだ。
ちなみにこの土佐弁、ちゃんと日本郷土弁なんとか協会に所属する土佐弁の講師の指導を受けているらしい。
『スパIV』の公式ブログでしっかりとコメントされている。かなりのリテイクを津村さんは見事やり遂げたとのこと。

『スパIV』ではモデリングもあって、非常に男らしい外見になっていた。
またアレンジコスチューム1がまさかの 野良着 (軍手に長靴、胴着の上にエプロンを掛け、首から麦わら帽子をさげた農作業コス )
もう少し女の子らしいものにしてほしいと嘆くファンも多かったとか…
そんな思いが届いたのか、アレコス2で高校の制服が実装。
ミニスカートに半袖のブラウスと可愛らしく、まこと使いが急増したという噂が出るほどに好評だった。

見た目の元ネタは、1999年5月に『3rd STRIKE』が発売されたことを踏まえると、
恐らく1998年に放映されたアニメ『如月高校野球部プリンセスナイン』の土佐っ子、堀田小春ではないかと思われる。
家族思いで家業を継ごうとしていた所も似ている。興味のある人はググってみるべし。


キャラクター性能

基本技など、SA含む攻撃技のスタン値が軒並み高く、特にSA「暴れ土佐波砕き」を絡めたスタンコンボは非常に強力。
また起き上がりの速度、ダッシュの速度、スタン値の回復などが早く、暴れだすと止められない。
その凄まじい破壊力のため、ユリアンダッドリーを含めて3凶(総合性能は3強に劣るが、爆発力で上回る)と呼ばれる事も。
爆発力の高さ故に、格上が相手でもチャンスさえあればそこから一気に勝ちを拾う事も可能。
スタン値が高く、追撃可能なコマンド投げである「吊るし喉輪・唐草」と、
発生が早い「突進正拳突き・疾風」、キャンセルで「疾風」に繋がる小足、
発生14Fでガードされても4F有利な中段技、EX版「打ち下ろし手刀・颪」とのN択が強力であり、
対策無しで挑むとあっという間に封殺される。
「疾風」が当たった後の読み合いが多いため、「対まことはジャンケンゲー」と呼ばれる。

「どおにも気合が足りんのう それやき大怪我するんじゃ」


その反面、ダッシュ速度は高いものの歩く速度は最低クラス。
昇龍コマンドで出る(一応)対空技「直上正拳突き・吹上」が背後にしか当たらない為、
ほぼコンボ専用(EX版なら最初に前進するのでどうにか対空になる)。
通常技もしゃがみ強Kが足払いでなく対空向きで、しゃがみ強Pの方が足払いとあべこべだったりなど、技に癖があるため使うには少々テクニカルなキャラ。
しかし上級者相手でも「唐草」や起き攻めのN択から勝てる可能性があるので、今から『ストIII』に入る人にはお勧めかもしれない。
ジャンケンに3回負けるとこうなります。(最後の試合) 瀕死のギルに唐草を決めてガードさせると…?

『スパIV』においては、N択が「疾風」のヒット後の硬直の増加、「唐草」の発生も遅くなった事で狙えなくなった。
しかし「唐草」がEXでも使えるようになり、こちらはアーマー状態なので小足キャンセルから繰り出す移動EX「唐草」、
或いは「疾風」後の読み合いに使えるようになった。また「剣」が使いやすくなったという利点もある。
弱点としては「颪」以外の打撃(ウルコン除く)にアーマーブレイク属性(セービングアタックを潰せる属性)が無い。
結果として爆発力が抑えられてしまったが、それでもスタン連携に惹かれて使用する人は少なくない。

『スパIV AE』では家庭版から相当のアッパー調整を受ける。
小技、連携の見直し、EX「疾風」にアーマーブレイク属性付加、屈強Kや「吹上」など対空技の判定強化、体力上昇、ダッシュ速度上昇、
「正中線五段突き」のダメージ補正修正、「暴れ土佐波砕き」の発生高速化・・・・等々。
ワンチャンスから瞬殺可能な爆発力と立ち回りの強化で、弱キャラから一気に上位クラスに躍り出た。
しかし慎重な試合展開が要求されるやや上級者向けのタイプのため、お手軽というわけにはいかなくなった。

+SAIII 「丹田練氣・攻めの型」


「力がみなぎっちゅぅ!」

最大ゲージストック数1。
一定時間攻撃力が1.75倍にアップするが、一切ガードができなくなってしまう。ガードが出来ない弱点はブロッキングでなんとかするしかない。
挙句、豪鬼戦に対しては『 殺るか殺られるか 』のどちらかになる。
「殺る」の場合は装甲ともいえる豪鬼を一気に葬ることを指し示し、
「殺られる」の場合はこちらがダウンさせられた際の起き上がりに「金剛國裂斬」を重ねられる状態(一番痛い初段がBL不可であるため詰み状態)を指し示す。
まぁこれはこれで読み合いとなり面白いのだが。
原作では「使うと弱くなるSA」「ロマン技」とまで言われた。
上記の要件に加え、大抵の上級者がコンボになる「暴れ土佐波砕き」を選択してしまうためであろう。
しかしいろいろな条件が重なるとトゥエルヴをワンコンボで即死させられたりと、爆発力に磨きがかかるのは間違いない。
発動後何もしなければ8F完全無敵であり、一応割り込みに使えなくは無い。リスクとリターンが見合うかは別にして。
+参考動画(youtube)
※0:40頃

『スパIV』ではスーパーコンボとして採用されている。
攻撃力の上昇率が1.25倍に下がった代わりに、ガード不能などのデメリットは無しとなった。
今まで通り相手の攻撃を無敵ですかしつつコンボを叩き込むことが出来る他、
「疾風」ヒットからキャンセルして出すことで自身の硬直時間を無くし、そのままウルトラコンボまで繋げることも可能。


MUGENにおけるまこと

  • 日本破壊結社NHK氏製作
現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可。
おそらくMUGEN初のスーパーアーツ選択を実装したキャラ。
全部使用可を選択すると、スタートキーからシステムディレクションを設定できる。
この中に存在する 「Fly」 をONにすると、空手家の周囲には蝿が飛んでないと落ち着かないという人のために、鬼瓦寅男のように周りをハエが飛ぶ。 誰得

専用のスタンゲージが存在し、原作同様相手をピヨらせて戦うことを得意とする。
MUGENの画面が狭いために、「暴れ土佐波砕き」が原作とは異なり画面中央でも決まるので、1ゲージ使ってスタン→即死の流れをよく見る。
全SAモードだと、「正中線五段突き」はともかく「丹田練氣・攻めの型」を使うようになってしまうのがネック。
ブロッキング率を弄ってやれば丹田も強そうなのだが、弄らないのであればSA2に固定した方が強いと思われる。

デフォルトでAIが組み込まれている。
AI発動用コマンドが少なく立ち上がりが遅い傾向にあるので、AI戦闘をさせる時はcmdファイルを弄って常時起動にしてしまった方がいいかもしれない。


以下のように、外部AIなど追加・改変パッチが多く作られている。

【1%氏 SD全開モードAIパッチ】
全開アレクの人こと1%氏によるシステムディレクション全開モードAI。 現在公開停止中。
元々のバ火力がさらに大変なことになっているので、用法容量を守って計画的に使用すること。

【わくわく氏 改変パッチ兼AIパッチ】
7Pカラー以降でアレンジモードになり、「空手バカ」ゲージを溜める事により、専用BGMが鳴る一撃必殺技も使えるようになる。

【チョイヤー氏 脱衣KOパッチ】
「立ってダウンした時のみ」脱衣KOが発動する。少々導入の手順が面倒だが一見の価値あり。
衣服の胸のあたりが破れるのは普通なのだが、うつぶせで倒れるためか南斗紅鶴拳を食らったかのようにお尻の方まで破れる。
わくわく氏AIと同時使用が可能で、方法はテキストに記載されている。
動画での使用はしないようにとのこと。
現在は氏の引退及びホームページ閉鎖により入手不可。


ストーリー動画では土佐弁再現が難しいのか、出番が少ない。
スーパーストリートファイター4のBBSしたらばで、まことの台詞の一覧を見ることができるが……すごい土佐弁だ。再現しろというのか。
しかしとうとう彼女が主人公のストーリーが登場した

  • GNSK氏製作
語るスレで公開されている。現状で唯一入手可能なまこと。
NHK氏まことの原作再現度を向上させるパッチとして公開されており、様々な細かい部分が原作に近づけられる。
パッチと言っても必要なファイルは全て揃っているので、これをダウンロードするだけで使用可能。
NHK氏用のAIパッチには非対応で、現状(v7.0)ではNHK氏の方にあったデフォルトAIも停止している。

  • Fido氏製作 まことMX
現在は入手不能。 氏によるいつも通りのMXシリーズ仕様。
4ボタン制と6ボタン制の選択ができる他、エフェクトが派手になっていたり、オリジナル超必殺技が搭載されている。


基本コンボ

  • 通常
コマンド 備考
唐草>立強P>強orEX疾風 まことの唐草からの基本コンボ。
弱or中剣(空中ヒット)>弱or中疾風>強疾風 「弱or中疾風」は状況に応じてダッシュ後疾風などを織り交ぜると良い。
吹上>中疾風or屈強K めくりJの対空等に使う。ダウンor非ダウンを選択できる。
  • 土佐波コンボ
コマンド 備考
唐草→強P→土佐→CHJ中剣→中疾風→強疾風 ダメージ重視の基本コンボ。
唐草→強P→土佐→前ダッシュ→(逆入力)強吹上→垂直HJC強P スタン値重視の基本コンボ。吹上後は垂直CHJ強剣、EX吹上、中Pなども可能。
唐草→強P→土佐→CHJ(速)中剣→中吹上→CHJ強P 通称イタチコンボ。

それでは最後にまこと師範の演武をご堪能下さい!

「完全勝利じゃ!」


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結
非表示

出演ストーリー

プレイヤー操作