吹雪


「私がやっつけちゃうんだから!」

DMMゲームスと角川ゲームスによるオンライン型ブラウザゲーム『艦隊これくしょん~艦これ~』に登場するキャラクター。
担当声優は上坂すみれ氏。同ゲーム中では他にも特I型駆逐艦の姉妹や二航戦の空母二人を演じている。

+ 『艦隊これくしょん~艦これ~』とは

プロフィール(元ネタの「吹雪」)

旧日本帝国海軍の特型駆逐艦である吹雪型(特I型)駆逐艦の1番艦として建造。
駆逐艦というコンパクトな船体に外洋航行可能な凌波性と魚雷による火力を両立した傑作駆逐艦である。
その当時の巡洋艦並の性能から世界を驚かせたが、後に発覚した船体の強度不足及びその改善による性能低下、
さらに後継艦の登場、そして航空攻撃の発達による高火力な駆逐艦のコンセプトが否定されたことにより、
大戦期には主力からは外れて戦時中は地道な護衛任務等に徹する。
その最期はアイアンボトムサウンド(鉄底海峡:激戦地故に海底が軍艦の残骸で埋め尽くされていると言う意味の仇名)のサボ島沖。
旗艦の命令で正体不明艦の敵味方確認のために近づいたら、既に敵である事を把握していた敵艦からの集中砲火を浴びて轟沈した。
そのため艦これプレイヤー界隈では「青葉被害者の会」一員とも

+ 特型?吹雪型?

原作での吹雪

最初に選べる5人の艦娘のうち一人として登場。その他公式サイトのトップページやゲーム起動画面でも正面を飾っている。
普通の駆逐艦なので、最初に選ばなかった場合でも建造や様々な海域でのドロップで入手可能。
選択時にも説明されているように真面目で正義感の強いタイプ。放置時の台詞でも出撃の準備を怠らないしっかり者。
が、個性の強い艦娘達の中では当たり障りの無い性格であり、見た目の素朴さもあって
ぶっちゃけて言うと 地味 ちょっと個性が強い程度では常識人扱いされてしまう艦これではどうなるかはお察し。
例えば他の最初の五人と比較すると、皆かなりはっきりした個性を持っており、少々押され気味。一応初期カーソルはここでも吹雪なのだが。*3
ストーリー要素が強かった企画段階では主人公として抜擢される予定だったらしいのだが、
実際のゲームではストーリー性は廃され、吹雪の扱いも上記の部分を除けば数多い艦娘のうちの一人でしかなく、
ユーザーの間では主人公(笑)扱いされることも。というか主人公(予定)か。
もっとも、後述の通りにその素朴な外見を好む提督も少なくないため、そのような扱いをされることを嫌うものも少なくない。
(所謂周りが濃すぎて埋もれてしまうという、プレイアブルキャラを複数から選ぶ作品によくあるパターンである)
…が、当の運営側からして公式Twitterでオフィシャルブックである艦これ白書の表紙が吹雪になった事に「まさかの」と付けたり、
「だって、一応主人公だもん!たぶん!」とか言っていたりする。 そして軽く炎上した。
…一応、艦これwikiのアンケート調査によると新規ユーザーの初期艦としては選ばれている方である(三位。一位は電、二位は叢雲、四位が五月雨で五位は漣)。

漫画や小説等の各種メディアミックスにおいても、一部を除きそれぞれ別の艦娘が主役に据えられているという
原作と大差ない扱いだったが、2015年1月放送のアニメでは遂に主役として改めて抜擢され*4その内容はともかく 彼女の成長物語が描かれた。
アニメのEDテーマも『吹雪』というタイトルになっており、2015年当時実装済みだった特I型全員の名前が歌詞で出てくる。

性能としては極普通の駆逐艦。改造前に少し運が高い しかも改造すると下がる 程度で、特筆すべき要素はそれ以外無い。
一応ネームシップということで初期状態で魚雷を所持しているため、装備の少ない開始時点では多少有用。
……任務で必要になる時期が早い電もそれはそれで有用な辺りが救われないが、そもそも初期艦娘は最初のステージからドロップ可能なので
そこまで気にして選ぶ必要もない。 ただしレアリティ詐欺の漣、テメーだけは別だ。
ただし、艦これアーケードに関しては地味に2016年10月現在 全艦娘中2番目に速力が高い というまさかの要素が追加(最速が誰かは言わずもがな)。
特型駆逐艦自体、全艦娘の中でも最上位に入る速力を持っているものの、吹雪は何故かさらにちょっとだけ速い。主人公補正?
アーケード版は艦娘の速力が艦隊の運用に影響が出るシステムとなっているので需要が増えたかもしれない。
この理屈だと割を食ったのは初期艦でただ一人特型駆逐艦ではないため、速力がぶっちぎりのドベになってしまった五月雨である

一方で世界を震撼させた特型のネームシップという肩書きもあり、改二の有力候補の一人とはされていた。
そして2015年1月9日のアップデートで、アニメ版放送に併せて吹雪改二が実装された。
ちなみに初期艦メンバー初の改二である(その後、2015年4月に叢雲も改二が実装された)。

改二に必要なレベルは70。同様に駆逐艦としてはかなりの高練度を必要とするが、
その見返りとして高性能な対空装備、並びに新規実装の酸素魚雷を持参するので相応の価値はある。
吹雪自身の能力値も大幅に向上、防御方面を除けば島風や雪風に匹敵するステータスになり、
特に対空・索敵に至ってはかなりの値が割り当てられており、第一段階の改造で一度は下がった運も再び上がっており、主人公らしく万能。
更にアップデートで先制対潜も可能になった。

…実際に万能であり合計ステータスもかなり高いのだが火力や雷装は他の改二と比べてもそれ程高いわけではなく、
運も時雨などに比べて標準的な値。高めの索敵もの方が高く、
対空も専門の防空駆逐艦たちには歯が立たず、遠征は睦月型大発搭載可能な艦の方が優秀
唯一強化された先制対潜だが、実は対潜だけは改二では下から5番目と低めなため、Lv99でレア装備を満載させないといけないなど
各分野に特化した艦娘が多数登場している現在では器用貧乏と評価されることもある。

グラフィックは襟やスカートが赤ライン入りの黒になったほか、左腕には対空装備である高射装置をはめている。
艤装も装着方式が変わり、後期型である特III型の煙突や、秋月型の電探(レーダー)搭載可能なマストが加えられている。
どれも史実では実現したことのない改修や兵装であり、対空能力重視のif改装に近いといえる。

なお通常グラフィック(本項冒頭の画像)をよく見るとスカートの隙間から白いものが見えているが、
担当絵師によると「パンツ!パンツです!」とのこと。 やりました。
そしてこのおかげで艦これを代表するパンチラキャラというありがたいんだかありがたくないんだかよくわからない扱いを受けている。
……が、改二グラフィックでは大破グラ含めてパンチラは封印されてしまうことに。
と、落胆しながらグラフィックをよーーく見ると、右足側にほんの数ドット幅の白いものが
…というか、アングルの関係でチラで収まっているが、魚雷でスカートがめくれ上がっているという大変アレな状態になっている。 そんな!ダメですぅ!
しかしその程度の個性では他の濃すぎる連中に太刀打ちできな(ry

+ 吹雪のキャラデザについての余談

+ 各種メディアミックスでの扱い

ちなみに、ゲーム公式サイトのキャラ解説では航空戦艦の扶桑・山城の姉妹が憧れの先輩だと記述されているが、
2015年放送のアニメ版では扶桑型姉妹は未登場、代わりに航空母艦・赤城がそのポジションに収まっている。
……そして、ゲーム版でもアニメ後に追加された時報では赤城が憧れの人だと言っているので、
本格的に扶桑型姉妹の件は無かった事になったか、赤城>扶桑型姉妹になった模様。 「不幸だわ……」
ネタを拾う事に定評がある『吹雪、がんばります!』でもこの件は触れられずにいたが、第79話(アニメ第一期終了後)では
改二に改造される扶桑型姉妹に 多分中二病的な意味で 憧れの熱い眼差しを向けている。長すぎる冬の終わりであった。
同作の吹雪の扶桑型姉妹への普段の扱いは「イベントの際に必ず髪飾りに何か仕込むネタキャラ」なのはこの際見なかった事に。
なお、劇場版において何故アニメ版吹雪と扶桑型姉妹の関わりがないのかという点が間接的にではあるが推測可能となっている。
+ 何故アニメシリーズで設定変更されたのか(劇場版ネタバレ有)

ファンからは比較的常識的なキャラとしてネタにされることが幾つかある。素朴な外見と頑張りやな性格に魅了される提督もまた少なくない。
主人公設定の名残りなのかゲーム画面下の5つのアイコンに吹雪の顔や艤装 そして白いアレ が分割して描かれており、
一部でエクゾディアならぬ フブゾディア と呼ばれているとかいないとか……

公式アニメPV しばふ艦隊 http://www.nicovideo.jp/watch/sm22415225
どこぞとクロス。吹雪マジメインヒロイン http://www.nicovideo.jp/watch/sm21767541 吹雪がかなりキャラ立ちしているシリーズ。だが… http://www.nicovideo.jp/watch/sm21995637


MUGENにおける吹雪

幽霊荘氏による手書きのものが存在する。
最初は吹雪単独での公開だったが、現在は艦これちびキャラセットのうちの一つとして公開されている。

攻撃は砲撃と魚雷攻撃のみ。ジャンプはボタンで行うアクションゲーム仕様のキャラである。
地を這う飛び道具の魚雷は発射後ボタンをおすことで任意の場所で爆発させることが可能。
ダッシュはゲージを消費するが残像が出ている間は完全に無敵。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24847185
AIも入っておらず、制作もされていないため、MUGEN動画での出番は随所でパンチラ(パンモロ)しまくる同名の主人公に比べて少ない。

幽霊荘氏による艦これちびキャラセット

前述の通りMUGENの吹雪とほぼ同じ仕様で、幽霊荘氏によって艦これのちびキャラがセット公開されている。
そうした他のキャラについてもこのページで述べる。
吹雪にも共通するこれらのキャラの仕様として、
技数は基本的には2種類でしゃがみも無し、本体のスプライト数も非常に少ないシンプルな作り。
被ダメ時にはひるむが無敵があり、アーマーがあるので投げなどのステートを奪う技は効かない。
駆逐イ級のみは自動で行動するが、他のキャラにはAIは入っていない。
+ 赤城、加賀
+ 伊58
+ 天龍
+ 駆逐イ級

出場大会

  • 「[大会] [吹雪]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
…と、長らく解釈されていたのだが、2015年秋のミニイベント『秋の秋刀魚祭り』で入手できる装備「秋刀魚の缶詰」のイラストに
缶詰の納入年月として「昭和一六年一二月」と記述されていたため、額面通り受け取ると少なくとも1942年前後の時系列という事になる。
…まぁ、やっぱりスマホや深夜アニメやコンビニやコミケがある世界という事には変わりないし、
そもそも上記缶詰は中身が蒲焼なのだが、秋刀魚の蒲焼の缶詰がリアルで初めて製品化されたのは昭和22年とされているのでおそらく深く気にしたら負け。
そもそも納入日から「どれだけ期間経ってるか」なんて言及はない訳だし。蒲焼にした秋刀魚?…みんな高速修復材になったよ
ちなみにこの「秋刀魚の缶詰」、他にも製造者や納入者、内容量についても記述されているのだが、納入年月だけ明らかに文字がかすれている

*2
ただし、艦としての記憶を全て保持しているというわけでもないようで、
一部の艦娘は史実で自分達が沈んだ作戦の話題になると曖昧な話しかしなくなる。
基本、史実で凄惨な最期を遂げた艦ほど、艦娘としてのキャラクターがやけに明るく振る舞いたがる性格だったり
異常なまでに緊張感がなかったりと、その傾向が強い面もある。
逆に史実で武勲艦と呼ばれた艦の中は、艦娘としてのキャラクターが自分に自信が持てない後ろ向きな性格になっているという事が多々ある。
(改造を繰り返すと自信を取り戻すらしく、前向きになる)

*3
実はこのうち五月雨以外は全員特型駆逐艦であり、吹雪は彼女らの姉にあたる。また五月雨の白露型も後の型であり後輩といえる。
逆に言うと一番のロートルでもあるが。
ただし駆逐艦娘は数が多いせいか同型艦は同僚や友達扱いする娘が多く、姉妹意識を見せる娘は少数派であるため、
あまりこのあたりは顧みられない部分である。

第1艦隊旗艦だけは沈まず絶対に解体もできないため普通はありえない事態だが、
2013年冬イベントの特殊な事情で鎮守府に全ての艦娘がいなくなった場合、吹雪が新たに加入するようになっていた。

*4
というより、ノベライズ作品『陽炎、抜錨します!』第1巻後書きによると、初期案では吹雪と電ら第六駆逐隊が主役になる予定だったが
吹雪と第六駆逐隊は他メディアで使う予定があるために没になり、陽炎が主役に抜擢されたとされており、
どうやら当初からTVアニメ版を見据えて他メディアでは他の艦娘に主役を譲っていた模様。
(ちなみに第六駆逐隊が主役を務めたのは、漫画『艦これなのです!』並びに『水雷戦隊クロニクル』)

*5
『艦隊これくしょん』においては島風に限らず、ガーターベルト通り越して裸サスペンダー状態な天津風、
半透明セーラー服の雪風等、駆逐艦だけでも色々突っ込み所満載な衣装の艦娘がいる為、インパクト抜群と言えども、
島風もまだ序の口とも言えるレベルの個性派だらけの為、逆に吹雪の様な落ち着いたデザインを好むプレイヤーも少なからず存在する。