グラシャラボラス


「おまえたちの相手は、このグラシャラボラスで十分だ!」

テイルズオブデスティニー2』に登場するボス。
物語中盤のダンジョン「飛行竜」の中心部にてガープにより時間稼ぎとして召喚され、戦うことになる。
名前の由来は作中の多くのボスと同様にソロモン王伝説に登場する72柱魔王、グラシャ=ラボラスから。

元ネタ通りグリフォンのような姿をしている。
攻撃手段は飛んでからの火炎ブレスや突進など。
特長として回避のパラメータが(同作の全ての敵の中でも)抜群に高く、前衛の攻撃がまともに通らない。
また、HPが減ると使ってくる「スナイパーストーム」や「フィアフルストーム」は攻撃範囲・威力共に凄まじく、後衛が崩されやすい。

更に、撃破後に落下を始める飛行竜から時間内に脱出しなければゲームオーバーとなるおまけ付き。
この脱出中も普通に敵とエンカウントする上に初見では脱出経路が分かり辛く、道中の宝箱には数体のフェイクまで配置されている。
そのため、この手のイベントとしては初見での死亡率が高い方に位置する。

これらの要素から、通常プレイ・縛りプレイを問わずグラシャラボラス戦は難所となりやすい箇所として知られる。
…流石にかのバルバトスよりも手強いとは言い辛いが。
彼らに限らず同作のボスは揃いも揃ってパラメータや戦術が個性派揃いであり、戦闘面でのやり込みの充実に一役買っている。

MUGENにおけるグラシャラボラス

soruzin氏により2012年12月14日に公開されたものが存在。
本体は原作ドットを、エフェクトは東方関係のものを使用している。
原作で使用する技を全て搭載し、大技も残りHPに関係無く使用出来る。

物理鋼体による物理攻撃へのアーマー、及び回避の有無を設定出来る。
特に回避は 晶術(超必殺技の飛び道具)以外に対して発動する ため、デフォルト設定では詰む相手も多い。
両方オフにすれば普通に怯むようになるが、スピリッツブラスターまでは防げない。
スピリッツブラスターの効果中はハイパーアーマー、更にMUGENではダメージ無効まで加わっている。
デフォルトAIも存在し、格闘ゲームの範疇では相手にならない強さを誇る。

出場大会


出演ストーリー




添付ファイル