サイバイマン


鳥山明氏の漫画『ドラゴンボール』およびアニメ版『ドラゴンボールZ』そのリメイク『ドラゴンボール改』に登場した悪役。
「栽培マン」と表記される場合もある。海外では「Saibaman(Saibamen)」という表記になっているようだ。
CVは、アニメ版『Z』の時は古川登志夫氏鈴置洋孝氏、古谷徹氏といったZ戦士の声を充てていた方々が兼任した。
近年は沼田祐介氏で固定されている。

『サイヤ人編』において地球に来襲したベジータナッパによって使用された生物兵器である。
種を地面に撒くと数秒で成長して兵士になる。地球の土は育ちがいいらしい。
頭から地面を大きく抉り取るように溶かす溶解液を吐き出す能力を持つ。
劇中では6体が登場した。
この6体が倒されて以降、『フリーザ編』では再登場しないことから、フリーザ軍の一般的な兵力ではなくサイヤ人特有の兵力のようだ。
ちなみにアニメ版では幼少期のベジータの戦闘テストの相手として強化型のサイバイマンが使われ、『GT』において再登場。
地獄から大量に復活したが、ウーブによってあっけなく倒された。

1体1体の戦闘力はラディッツとほぼ同等(ラディッツの戦闘力が1500、サイバイマンが1200)で、
それだけ見れば修行を重ねた地球のZ戦士達にとっては然程敵ではないのだが、危機に陥った際の最終手段として相手に抱きつき自爆して道連れにする。
さよならベジータ、ナッパ…どうか死なないで…
ヤムチャを道連れに自爆したことは語り草になっており、残りのサイバイマン達をクリリンが一掃したものだから目も当てられない。
後年のゲーム作品などでもヤムチャのみサイバイマンの自爆で即死するなど、なにかとネタにされている。
この際に死亡したヤムチャの姿の画像はコラ画像やニコニコ動画のMAD等、様々な場所で広まっているため、このシーンだけは知っているという人も多い。
アニメ版『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い』の第二話ではよりによってこのシーンをパロディしており、画面左下にはサイバイマンの残骸まである

『Sparking!』シリーズでは量産型ゆえに同キャラをチームに複数入れられたり、
溶解液など低消費で使いやすいブラスト技が揃っていたり、
水中では気力が溜まりやすくなったりして強くなるという特性はあるが、やはり弱い。

アーケード版『ZENKAIバトルロイヤル 超サイヤ人覚醒』のようにプレイアブルキャラクターとして登場しない作品においても、ナッパが種を植えて召喚する等、技の演出で登場することもある。
また、『強襲!サイヤ人』『サイヤ人伝説』においてはカイワレマン、キュウコンマン、ジンコウマンなどといった色違いが敵キャラとして登場する。

『タッグバーサス』では栽培マンの1体に自由に生きたいという意思が芽生え、悟飯と手を組みナッパに反旗を翻すIF展開がある。

MUGENにおけるサイバイマン

The_None氏とBalthazar氏の共同製作によるものが存在する。The_None氏のサイトで公開されている。
ドットはおそらく手描きと思われる。
ボーナスゲームに近いキャラで、一度に複数のサイバイマンが現れる。イントロ終了後に地面に潜り、試合が開始すると飛び出してくる。
体力ゲージは全員で共有しており、攻撃を当てて個体を倒すと体力が少しずつ減っていく。
気弾を飛ばしたりゲージ技で頭から硫酸をまき散らしたりする他、ジャンプ頭突きなどの打撃も用いる。
まき散らされた硫酸は通常は飛び道具扱いだが、地面に水溜まりのように留まることで設置技になり、上を通った相手をスリップさせる。
一定時間で消滅するが、一度に広範囲に水溜まりが残る上に効果時間も結構長く、さらに本体からの攻撃も組み合わさることで回避しづらくなる。
投げ技やロック技も喰らい、それで個体が死ねば体力も消費される。ただしキャラによっては投げ技を決めても途中でキャンセルさせられる。
相手に抱きついて自爆する技も搭載されており、自分側の体力を消費してダメージを与える。威力はそれほど高くないため大した脅威ではないが、油断は禁物。
自分側の体力が残り少なくなってから最後の一個体が自爆を試み、ダブルKOになるというお茶目な一面も。
数の暴力を体現したキャラクターであり、理不尽な強さというわけではないが、簡単に言うと「鬱陶しい」戦い方が得意。
範囲の広い飛び道具全体攻撃、ヒット数の多い突進技などがあれば比較的楽に倒せるだろう。
AIも搭載されており、8段階に調整可能。
大会におけるチャレンジ企画やストーリー動画の雑魚敵などにいかがだろうか?

E-FRY氏製作の小ポートレイトが公開されている。

出場大会