ドグマ


「ワッハッハッハッ……。親愛なる下僕の諸君、よく、ワシのために刻印を集めてくれた…」

ドラグーンマイトラスボス。CPU専用キャラクター。

原作でのドグマ

「龍の刻印」を集めて何かを成し遂げようと企む謎の老人。妖術師らしい。
具体的に何を企んでいたのかは作中では明らかにされず、各キャラクターのエンディングにも一切関わらないため正体や真の目的は不明。
龍の刻印を集めいよいよ最後の一片となったプレイヤーの前に突如として姿を現し、龍の刻印を横取りするために戦いを挑んでくる。
自分は前線に立たず、他人が集めたものを最後に奪い取ろうとする辺りは、セコい悪役である。
むしろプレイヤーキャラの一人であるジャオウの方がエンディング含めてよっぽどラスボスっぽい。
外見・服装は「バビル2世」の悪役であるヨミに似ている。専用ステージもバベルの塔を彷彿とさせる場所である。

原作中の性能

武器格闘であるドラグーンマイトの中では珍しく、素手で戦う。
妖術の使い手で、ボンバー技はつぐみのように炎を吐くもの。使用中に前後の移動も可能。
スーパーボンバー技は全身を炎に包んで突進するというもの。潰すことはほぼ不可能な反則的超性能。
爪を伸ばして切りつけたり地面を滑るように突進してきたり、異様な動作が多い。いずれも隙が小さく高性能なものばかり。
ガード時には光の壁のようなものを生み出して盾にする。攻撃を防いだ時の効果音はガラスの板を思わせる。
攻撃力やリーチが異常に優れており、ハメを使わずに倒すのは難しい。距離を取ると手から高速のビームを出してくるため、安全な間合いは無いと言って良い。
高火力と超反応を駆使する厄介なラスボスである。ただし体力や時間に余裕があると舐めプに近いモードになり、遠距離で様子見してくる。
勝利ポーズではすさまじい速度で顔を痙攣させながら高笑いする。正直、不気味。


MUGENにおけるドグマ

  • NGI氏製作
サクラカ氏のつぐみを元に製作されているとのこと。
2種類公開されており、後から公開されたものは「作り直し」とのこと。ファイル名が「DOGMAver2」となっているものが後から作られた方である。
ver2はボンバー技およびスーパーボンバー技の仕様を選択でき、「1~8の原作カラーで体力消費モード、9~12カラーでゲージ消費モード」とのこと。
原作再現は難しいらしく、オリジナルの仕様が多いようだ。ガード時の光の壁が無いなどの点がそれである。
最初に公開された方にはNori氏によるAI+改変パッチが公開されている。
AIレベルを5段階に変更できるが、どのレベルにしても永久コンボをしてくるため注意。
Canrecover無視のダウン回避、常時投げ無敵等のキャラに対して一部のコンボルート変更や技の使用を制限させるp2Nameを使用するかどうかも選択できる。
ダメージ値や体力消費技の仕様なども原作寄りに改変されるようになっている。
原作では脅威的な強さのラスボスだが、MUGENにおいては特殊ガード当て身投げなどのシステムが立ちはだかっているため、それほど突出した強さは発揮できない。それでも、強キャラなのは間違いないが。

「諸君らのおかげで、ワシの野望もまもなくかなう。さあ、その刻印を差し出すがよい!!」

出場大会


プレイヤー操作



添付ファイル