セルベリア・ブレス


セガのシミュレーションRPG『戦場のヴァルキュリア』シリーズの登場人物。担当声優は大原さやか。
発売前の宣伝等で一番大きく扱われていたがそのポジションはメインヒロインどころかサブヒロインでさえなく、本作における 最強の敵
知名度・プレイヤー人気共に本作のメインヒロインであるアリシアを上回り、後の外部出演にも恵まれている。

プロフィール

年齢:22歳
身長:175cm
体重:50kg
人種:ヴァルキュリア人
肩書:東ヨーロッパ帝国連合軍・中部ガリア侵攻部隊司令官
階級:大佐
趣味:料理
苦手なもの:ラグナイトの光

+原作での詳細(ネタバレ有)
生身(専用の槍と盾を持つ)で戦車部隊を蹴散らす戦闘力を持った古代種族ヴァルキュリア人の血を
色濃く受け継いでいたことから研究所に送られ、実験体にされていた。
そこから助け出してくれた恩人である東ヨーロッパ帝国連合準皇子マクシミリアンに絶対の忠誠を誓う。
(もっとも、この研究所自体が東ヨーロッパ帝国連合のものなのだが)

通常は専用のライフルを用いて戦うが、ヴァルキュリア人としての力を発揮すると
剣からビームを放つなどといった攻撃を繰り出すようになり、
それまでは第一次世界大戦的な世界観だったのが彼女が本性を現してからはまるで怪獣と戦う自衛隊の気分を味わわされる。

終盤にて実はヴァルキュリア人の血が濃かったアリシアが瀕死から覚醒した事でこれに敗れ、
マクシミリアンに捨てられてしまう。
(マクシミリアン自身、内心ではヴァルキュリアの力を恐れており、セルベリアには嫉妬の念を抱いていた)
その後ギルランダイオ要塞での戦闘に敗北しガリア正規軍の捕虜となるが、
主人公たちの属する第7小隊や同じく捕虜となった帝国軍兵士を巻き込まないようにはからい
自分をとらえた正規軍もろとも自爆して最期を遂げた。
同じくヴァルキュリアの力を持つアリシアに対し思うところがあったのか、護送される前に言葉を投げかけている。

「私は、自分の人生に答えを出した
 もう二度と、お前と会うこともあるまい

 だが……私は興味があるのだ
 お前は、これからの人生でどういう答えを出すのかを……」

続編の『2』では前述の理由でストーリーには登場しないが、パスワード入力による隠しユニットとして使用可能。
第1作と同じ時系列の『3』では、ヒロイン・イムカの故郷を滅ぼしており、そのことで仇にされている。
またセルベリアを主役としたDLCが配信されており、こちらをクリア後に自ユニット化する。


外部出演

ヴァルキュリアシリーズ以外では『PROJECT X ZONE』に出演したり、
『三国志大戦3』のSR孫尚香のイラストとして起用されたりしている。

『PROJECT X ZONE』では世界が混ざり合った今回の事件に巻き込まれただけであり、
他のボス達のように目的のために状況を利用するということは一切ない。ぶっちゃけプレイヤー側と状況は一緒だったりする。
尤も、自軍のメンバーに彼女によって故郷を滅ぼされたイムカが居る事を考えると、
沙夜やジュリみたいに自軍加入する訳にもいかなかったのは妥当ではあるが。
ちなみに世界の融合する側に協力する理由が世界が混ざり合った後なら歩いて帰れると言われたため。
これを聞いた味方一行は「バイタリティありすぎ」と賞賛半分呆れ半分なコメントを漏らすことに。
最終的にはイムカに元の世界で決着を付けなければ意味が無いと見逃され、ジオフォートの転送装置で元の世界に帰還する。
前述のとおり元の世界で決着をつけることは永久にかなわないのだが…

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』での性能

格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』にて開発がセガと言う事で「バーチャファイター」のアキラに引き続いてラスボス兼プレイアブルキャラクターとして参戦。
その結果アリシアはアシストキャラとしての登場という憂き目に…。
コンシューマ化の際に追加され、後にアーケードでも使用可能になった。

槍と飛び道具を活用しで中~遠距離戦でダメージを稼ぎ、隙あらば突進やワープで
コンボに持ち込むタイプ。
総じて技が大振りなため、刺し合いの精度が他キャラ以上に強く出るキャラクター。

唯一、第2の切り札をもつ。途中阻止不可能な自爆を行い、ガードされれば負け、当たれば勝ちとなるのだが、予備動作が長すぎて実戦ではまず決まらない。発動条件も相まってロマン技を通り越して死に技レベルの代物。

MUGENにおけるセルベリア

  • 41氏製作 『UNDER NIGHT IN-BIRTH』仕様
2015年のお正月に公開。
MUGEN1.1専用であり、OpenGLでないとエフェクト関連がまともに表示されないので注意。
スプライトは電撃FCだがシステムは『UNDER NIGHT IN-BIRTH』のものになっている。

まだベータ版とのことで超必殺技の類は未搭載だがシステム動作・通常技必殺技はひと通り搭載済みなので十分動かせる。
同梱のHTMLファイルに各種技の詳細も記されているので操作してみたい人は参考にしてみよう。

デフォAIは搭載していないが外部AI作成は可の模様。
  • kohaku氏製作 オリジナル仕様
mugen1.0以上専用。最新版は2017/09/20。
同氏製作の他のキャラと同じように、SPゲージ、APゲージ、アシストゲージ(アシストキャラ:アシリア)の3本の特殊ゲージがある。
ラスボスであることを反映してかクライマックスドライブの数が他より多い。
性能は原作と同じく中遠距離向け。崩し技がなく端に追い詰めると色んな技が当たりにくくなるため、自ら近寄るメリットは薄い。
AIは斑鳩氏、shao氏によるものが公開されている。
+紹介動画(非最新版)

出場大会

  • 「[大会] [セルベリア・ブレス]」をタグに含むページは1つもありません。




添付ファイル