ナッシュ




     フルネーム: チャーリー・ナッシュ(IV以降)
     出身地: アメリカ(V以外)、不明(V)
     生年月日: 不明
     身長: 186cm
     体重: 84kg(V以外)、93kg(V)
     スリーサイズ: B123 W81 H87
     血液型: AB(V以外)、不明(V)
     好きなもの: 正義・スコッチ(V以外)→特になし(V)
     嫌いなもの: 不正(V以外)→正義・スコッチ・ベガ(V)
     特技: ハリアー整備、心理学(V以外)→暗殺・隠密行動(V)
     特技: ファイティングスタイル:マーシャルアーツ(V以外)→身体能力を活かした特殊攻撃(V)
     CV:(V以外)、鳥海浩輔(V)


「Easy Operation...
        いわゆる 『朝メシ前』 ってやつだ」

ストリートファイターZERO』シリーズのキャラクター。海外名はチャーリー。
コミックスなど一部作品では二つの名前を繋げて本名「 チャーリー・ナッシュ 」になっていることもあったが、
これが『ストリートファイターIV』以降で本編に逆輸入されて公式なフルネームになった(つまりナッシュは 苗字 である)。

軍服に黄色いジャケットを身に着けた伊達メガネの男。冷静な性格で且つたまにキザな言動をするが、根は熱血漢。
米空軍中尉であり、マーシャルアーツの全米チャンピオン。昔同じ部隊に所属していたガイルとは親友で、
ガイルのソニックブームサマーソルトキックは彼から教えられたものである(UDON社のアメコミの設定)。*1

初出は『ストリートファイターII』におけるガイルのバックストーリーで、この時は名前だけの登場。
ベガに殺された親友とのことだったが、詳細は不明であった。
容姿の方も不明だったため、媒体によって外見がバラバラだったが……その辺りは後述。

ZEROシリーズでは軍部の腐敗を許せず、上層部とシャドルーの癒着を暴こうとベガを追う。
しかし、『ZERO』のEDでは仲間に連絡中に倒したはずのベガに背後から襲われ、
『ZERO2』では実は敵と内通していた援軍に銃撃され、いずれも死亡してしまう。
この事件を切欠にガイルは復讐の為にベガを追う事になる。

『ZERO3』のナッシュEDでは基地空爆とハリアーによる銃撃の末にベガを倒し、生還する。
しかしコンシューマ版で追加されたガイルEDではガイルがベガを倒すも、不死身のベガは基地内で復活。
サイコドライブを手持ちの炸薬で破壊するための時間稼ぎをすべく、ナッシュは単身ベガを足止めし、ガイルを逃がす。
その後、ベガと基地もろとも爆発に巻き込まれ、生死不明となった。
『ZERO3↑』のガイルEDでは多少内容が異なるものの、ほぼコンシューマ版と同じ結果となっている
(ベガを倒したのがナッシュであること、携行炸薬による爆破が空爆になっていること)。
外部出演したアクションシューティング『ガンスパイク』でも、EDで敵基地の爆発に巻き込まれ生死不明になる。




「12秒……
     パターンを読むにはそれだけで充分だ」

X-MENvsストリートファイター』のEDでは、シャドルーに捕まり人体改造手術をされてしまう。
続編の『マーヴルスーパーヒーローズvsストリートファイター』では隠しキャラとして登場。
洗脳前に脱走し、正義の味方改造人間「シャドウ」としてシャドルーと闘っているが、同作のEDでは再びシャドルーに捕まり、洗脳されてしまった。
さらに続編の『マーヴルvsカプコン』ではシャドルーに改造された春麗を洗脳前に救出し「シャドウレディ」と名付け、
アシスト専用の隠しキャラとして登場している他、ベガに敗れて瀕死の重傷を負ったジン・サオトメを改造手術で救っている。

通常のナッシュとの違いは、
  1. 黒を基調とした影のようなカラーである
  2. スーパーコンボ発動時に目が光る
  3. 必殺技を当てると青いサイコパワーの炎が燃える演出が追加される
  4. 瞬獄殺のようなLv3専用技「ファイナルミッション」が追加される
  5. 技名に全て「シャドウ」が入る(「シャドウブーム」「シャドウジャスティス」など。ただし「ファイナルミッション」のみ例外)
等。
まとめるとこれに似てる。
なおUDONのアメコミ版でもこれを踏襲して、シャドルーに改造・洗脳されたナッシュが、強化兵士「エージェント・シャドウ」として現れている。

……とまぁ、この「シャドウ」はあくまでクロスオーバー時空のIFの存在か、
言ってしまえばメカ豪鬼のような「ネタ」でしかなかった。

+しかし2016年、ストリートファイターVが発売され……
『ストリートファイターV(以下ストV)』では久々にプレイアブルキャラとして参戦を果たしているが、
『ZERO』シリーズ以前とは性格も性能(タメキャラでなくなった)も完全に別キャラ化しており、サイボーグ化した姿となっている。
性能も「シャドウ」から取られたような部分が散見され、本編でZEROのストーリーとクロスオーバーのIF存在を統合した形となったようだ。

設定上は『ZERO2』でのエンディングが公式とされ、『ストV』はその後日談となっている。
ベガを追い詰めた後で銃撃に遭い滝壷に転落し、全身の骨を砕かれ(要は 潰れたトマト )て死亡した後、その屍を秘密結社に回収される。
そしてユリアン達の手駒の1つとして、屍の欠損部位をイレブンの肉体で接合し、仮初の生命を与えて蘇生させられた。
親友の諌めを無視した結果の「最期」であり、蘇生後に療養を兼ねて世界を巡った先で
エドに「死体は動いたり喋ったりしない」と指摘された事で嘗ての親友以上に冷徹な復讐鬼へと変貌、以後は執拗にベガの命を付け狙う。

そんな彼もヘレン(正体はギルの秘書・コーリン)に対しては蘇生してから最初に出会い、
献身的に接してくれた事もあってか穏やかな一面を見せ、ある理由から激昂を抑えられなくなった彼女を宥める一幕も当初は有った。
然し暫くして本性を見抜いた後は殆ど相手にせず、やがて訣別した。

最期はベガとの一騎討ちで刺し違え、吸収能力でサイコパワーを強奪するも、その負荷に「肉体」が耐え切れずに爆発。
続くAC版では「肉体」の爆散こそ免れたが矢張り親友に看取られて息を引き取った。

 「貴様を殺す為に甦った。
          唯それだけの為に…」

1994年に公開されたヴァン・ダム主演のハリウッド映画「ストリートファイター」にも登場している。
劇中での名前は カルロス・ブランカ中尉(愛称「チャーリー」) に変更されている。
+余談:愛称について
「何故にカルロスの愛称がチャーリーになるのか?」と思った人もいるかもしれないが、カルロス(Carlos)の英語読みはチャールズ (Charles) 、
そしてチャールズのよくある愛称が「チャーリー(Charlie)」なので、むしろ自然な愛称である。
素直に「チャールズ」にしなかった理由は「ブランカ」がスペインやポルトガル風の名前(女性名だが…)なのでそれに合わせたのだろう。
なお、さらに余談だが「シャルロット」や「キャロル」も同じ系統の女性名である。

ガイルに先行してシャドルー基地に潜入したものの捕縛され、洗脳ビデオと筋肉増強剤で理性を失った野人のような人間兵器に改造されガイルと戦う。
ぶっちゃけると、あのブランカそのもの。しかも、改造したのがヨガとは無関係のインド人科学者ダルシム。ツッコミ所しかねぇ…
ちなみにこのダルシム博士が良心の呵責で洗脳ビデオを途中でやめて別のものに変えたため、ブランカ中尉は人の心までは失わずに済んだ。
ゲームでは「ストリートファイター リアルバトル・オン・フィルム」で使用できるが、こちらでは改造された後であるにもかかわらず何故か 肌色 である。
ちなみに、もう一つのハリウッド映画「レジェンド・オブ・チュンリー」にも
チャーリー・ナッシュ刑事として出ていたのだが、出番はあまり目立たなかった。

また、ゲームに先駆けて、アニメ『ストリートファイターII V』にも登場したが、今のナッシュとは似ても似つかない髭面の親父だった
(どことなくハリウッドスターのジャン・レノに似ている)。
ただ坂井孝行氏作のコロコロ版『ストリートファイターII V』では髭面ではあるものの、髪型や服装等はゲームのナッシュに近く描かれていた。

『ストIV』では、ガイルのアナザーコスがナッシュと同じ格好であり、ガイルのウルコンの2回目のサマソがナッシュと同じ型になっている。

余談だが、ガイルの仲間だからなのか、とても特徴的な髪型をしている。例えるなら「ストレートパーマをかけた花京院典明」。
ガイルの髪型の元ネタがJ・P・ポルナレフと言われる事に合わせるかのように、
「作中で死亡する、伊達メガネ(花京院はサングラスで、中盤で敵の奇襲により負った目元の傷痕を隠すためのものだが)を掛けている」など、
所々パロディらしき設定が見られる。

+ナッシュの年齢に関して
『ZERO3』の各キャラのプロフィールには誕生日が掲載されているのだが、何故か彼だけは記載されていなかった。
その後、『ガンスパイク』にナッシュがゲスト出演した際に「28歳」という年齢設定が設けられた。
同じく同作に出演したキャミィが「21歳」という設定なので、同作内では キャミィより7つ年上

これにより、『スパIIX』のキャミィが1974年生まれなので、
ナッシュは(1974-7=) 1967年 生まれであるのではないかと推測された。
そうなるとガイル(1960年生まれ)より 7歳年下 になっちゃうが…まあナッシュは元々ガイルよりも若々しい顔立ちなので何、気にすることはない

……と思いきや。
実は『ガンスパイク』の時代設定は「20XX年」となっているので、
1974年生まれのキャミィが21歳であるならば本来1995年でなければならないという設定の食い違いがある。
そのため、単純な逆算でナッシュの年齢を求めるのは誤りである可能性が大きい
(「キャミィが冷凍睡眠していた」等の強引なこじつけ説もあるが、そうなると今度は年齢の差に意味が無くなる)。

ちなみにクロスオーバー作品であることを考慮し、ナッシュが全盛期である『ZERO』の年齢で参戦していると仮定した場合は、
『ZERO』時代に28歳だった場合のナッシュは逆算するとガイルとほぼ同世代という計算になる。
だが、こちらもキャミィの年齢が原作から弄られている以上は確証の持てるものではない。

まあ、『ガンスパイク』は元々バレッタロックマンなども参戦しているお祭りゲームなので、
この手の年代考察はあまり意味がないのかもしれない。


MUGENにおけるナッシュ

数多く製作されているが、ニコmugenではガイルの影に隠れ気味。

+Pots氏製 アレンジ仕様
  • Pots氏製 アレンジ仕様
氏恒例のアレンジ仕様。やはり完成度は非常に高く、出演したゲームの技を網羅している。
また、グラフィックが微妙に描き換えられており、ジャケットの下に黒いシャツを身に着けているが、
これは『ガンスパイク』における衣装を再現したものだと思われる。実に芸が細かい。
EXキャラクターとして7P以降のカラーでシャドウを使用できる。
氏恒例の標準AIの他、発破氏やRyuzaki-sama氏によるAIパッチも作成されているため、動画でもよく見かける。

+あだむすきー氏製 ZERO3仕様
  • あだむすきー氏製 ZERO3仕様
現在は2016年のフリーティケットシアター終了及び、サイト閉鎖により入手不可。
かなり原作に近いが、火力が抑えられている。
ZEROシリーズ仕様なのでダッシュやバックステップなどは無いが、まあ特に問題ないだろう。どうせ待つし。
el氏がAIを公開していたが、こちらも現在は公開停止。
+Xzero氏製 MVC2仕様
  • Xzero氏製 MVC2仕様
こちらも原作再現だが、6ボタン操作になっている。
AIは搭載されていない。
+REDHOT氏製 MVC2仕様
  • REDHOT氏製 MVC2仕様
こちらも6ボタン操作になっている。
AIは搭載されていない。
+うんこマン氏製 MVC2仕様
  • うんこマン氏製 MVC2仕様
現在は入手不能。
MVC2をベースに一部の技がペケスト性能となっている。
技に癖がなく初心者にも扱いやすい性能。
挑発に攻撃判定が存在し、空中の相手に当てると浮かせることができるが実用性はほぼ無い。
発破氏によってAIパッチが作成された。
+N64Mario氏製 カルロス・ブランカ
  • N64Mario氏製 カルロス・ブランカ
実写映画版がベースの海外アニメに登場した、シャドルーに捕まって改造される前の ブランカ (愛称「チャーリー」)。
外見はZERO準拠だが配色が異なり、黒髪で緑色を基調とした服装になっている。
システムはMVC仕様のようで、チェーンコンボやエリアルレイブなどができる。
ブランカの「ローリングアタック」や昇龍拳のような対空技、ファイナルアトミックバスターのような投げ超必など、多数の技が追加されている。
AIも搭載されている。
+N64Mario氏製 ZERO2仕様
  • N64Mario氏製 ZERO2仕様
こちらは原作再現重視で、シンプルながらも一発に長けている。
だが、オリコンは搭載されていない。
AIは搭載されていない。
+@ndroide氏製
  • @ndroide氏製
アレンジ仕様。サマーソルトシェルで斜め上に衝撃波を飛ばすことやローリングアタックが使用可能等のアレンジが入っている。
なかなか強いAIが搭載されており、Youtube等での強AIキャラ対戦動画にて好ゲームを見せてくれている。
+2氏製 ZERO+CVS仕様
  • 2氏製 ZERO+CVS仕様
CVS風にアレンジしたもの。
悪咲三号氏のグルーヴシステムを使用している。
AIは搭載されていない。
soreloser123123氏によるAIパッチが公開されていたが現在はリンクが切れており入手不可。
+dragoon316氏製 ナッシュDX
  • dragoon316氏製 ナッシュDX
ZERO仕様のものにMVCのシステム+αが加わっている。
なぜかソニックブームやサマーソルトシェルなどが波動昇龍コマンドでも出せる。
なかなか強いAIが搭載されている。
+Fido氏製 ナッシュMX
  • Fido氏製 ナッシュMX
現在は入手不能。
ブロッキングジャストディフェンスを搭載。氏のMXシリーズ共通のシステムを持つ。
エフェクトギルティギアの物を使用しており、非常に綺麗である。
デフォルトAIは搭載されていない。

+MGMURROW氏製 エージェント・ナッシュ
  • MGMURROW氏製 エージェント・ナッシュ
スト5をベースにMVCのシステムで作られたナッシュ。
ニュートラルポーズ、必殺技などスト5で大きく変化した要素を再現し、一見してこれまでのナッシュとは違う姿だと分かる。
超必殺技は原作よりも増えており、なぜかテイク・ノー・プリズナーを使ったりも……。
WinMUGENで動作可能。AIはデフォルトで入っており、cmdファイルを変更する方式で二段階に調整できる。

いくつかの技で、攻撃判定を出している時の絵の喰らい判定が攻撃判定と同じ部分にしか存在しないという事になっているようで、
ただの立ち弱パンチや小足払いが胴体無敵 とか 跳び蹴りの喰らい判定が足の先にしか無い とか恐ろしいことになっている。
AIがいい動きを見せてくれるだけに、そのままでは上手く戦いにならないのが残念。
更新を待つか、airファイルを弄ってきちんと喰らい判定を設定してあげよう。

ホルン氏の外部AIが公開されている。前述の喰らい判定も修正されており、いい勝負を見せてくれる。

これらの他にも複数作られており、MVCのシャドウなど、様々なナッシュ達が存在する。


+大会ネタバレ
ゲージ増々タッグトーナメントにおいてアンジェリア・アヴァロンと共に参戦。
アンジェとナッシュそしてアンジェのアルカナのジャギの3人で大暴れした。
なお3人とも勝利ポーズで仲良く並んだりしたので、全員金髪なのも相まって「3姉妹」だの「3兄弟」だの呼ばれた。
主にアンジェが大暴れしていたためあまり目立たなかったが、ここぞというときにゲージ技を決めるなど的確にサポートし、
最終的には見事優勝を果たした。

ちなみに、ナッシュとアンジェに搭載されていたAIはどちらも発破氏製作のものだと思われる。
このタッグは後に地獄の果てまでもっと!仲良し!にも出場。2位決勝ブロックに進み同ブロック優勝を果たしている。
+その一方で…(名誉が懸かっている為閲覧注意)
Mugen Hex Battle IIIではミク軍の初期武将として登場。
だがなかなか勝ち星に恵まれず、しかもストレート負けばかりだったためなかなか経験値が得られず一向に成長できなかった。
大会が進みに連れて高レベルの武将が次々と現れる中1人だけ経験値0の状態が続いた。
とうとう20ターンまで1Rすら奪うことができない(経験値は当然0)まま陣取り戦は終了。
ミク軍は決闘に進んだものの彼だけは初期ステータスで戦わざるをえなかった。
結局決闘でも1人も撃破できないまま手負い状態のジャスティスにあっさり倒されてしまうという情けない幕切れとなってしまった。
ミク軍自体は勝ったものの彼の最終戦績は0勝7敗かつ取得R数0最終Lv0というあんまりなステータス。まさに悲劇の武将であった。

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
非表示


シャドウ

出演ストーリー


プレイヤー操作

P.o.t.S氏製、10:26~


*1
ZEROシリーズ初期の設定では「ストIIに登場したガイルの親友と同一人物かどうかは不明」「 彼の所属する部隊にガイルという人物は存在しない 」などと、
露骨に過去作品との繋がりを否定する ように記述されていたが、いつの間にか無かったことになったようだ。
あるいは「ガイルと同じ部隊だったのは過去の話であって、現所属部隊にガイルが居ないのは当然」という理屈なのかもしれない。