R-A軍曹

「本日も我が軍に栄光あれ!!」

プロフィールと設定

名前 : R-A軍曹(アール・エー軍曹)
愛称 : ケルベロス
一人称 : 司令官には「私」 他は「俺」
三人称 : 司令官には「司令官殿」、「司令官」 目上には「~殿」 目下なら「おい」「貴様」
所属 : 米陸軍
階級 : 軍曹

模擬人格ユニットを搭載している旧式のクローユニット型軍用ロボット。
搭載している模擬人格ユニットは当時の技術にしてはとても性能が高く、職務に忠実なロボットソルジャーだが、
相手が司令官でないと口が悪く、同伴者の好みにうるさい。また、昔の戦争映画の兵士のような口調で喋る。
ロボットではあるが本格的なソルジャーとして設計されており、名前に軍曹と付いている通り階級まで与えられている。
軍用なだけあって戦闘能力は高く、護衛などの守備を任される事が多かったが、荷物の運搬や武器の修理なども可能。
兵士からは「ケルベロス(ギリシア神話に登場する頭が三つの冥府の番犬。『CCさくら』のケロちゃんもこれがモチーフ)」の愛称で親しまれていたが、本人はあまり気に入っていない。
(キャラ同梱のRead meから引用、一部改変)

キャラクター概要

レイ氏がメタルスラッグ5に登場した雑魚敵「クローユニット」を素体に製作したアレンジキャラクター。
スプライトや技の多くが新たに追加されたものであり、クローユニットと性能は大きく異なっている。
声はFallout 3のMr.ガッツィー系*1の物を使用しており、名前や設定も同作に登場したRL-3軍曹にちなんでいる。
軍用ロボットなだけあって言動は攻撃的かつ政治的なものが多く、都合上仕方ないとはいえ相手が誰であろうとコミュニスト扱いしたりもするが、MUGENではよくあることである。*2
今後の更新(特殊イントロの追加)に期待しよう。

通常行動が全体的に遅く通常技、必殺技も発生が遅いが、代わりに攻撃力が高めな上に常時スーパーアーマーなため、
相手の攻撃を真正面から潰すゴリ押し戦法が強力。ダッシュや動作中無敵のバックステップも持っており、
技も発生こそ遅めだが性能自体は悪くないものが多いので、この際発生はあまり気にせずアーマーを生かして強引にねじ込んでいこう。
+ 技解説

しかし、ガン攻めが強い反面、防御面に関しては不安要素が多い。まず、このキャラはガードすることが出来ない。
これ自体はアーマーキャラにはよくある事なのだが、問題なのはdefence = 75とアーマーキャラらしからぬ紙装甲なことである。
しかもアーマー記述の仕様のせいで相手側のコンボ補正が掛からないため、威力の高い技や多段ヒットする攻撃(特に潰せない飛び道具系)を喰らいでもすれば一瞬で体力が消し飛ぶこともある。また、攻撃の多くがガードされると不利であり、アーマーと言っても投げや当身は通用してしまうので、やられ判定の大きさも相まって押し負けることも多い。
ゴリ押し戦法が強力だと前述したが、厳密にはゴリ押ししなければ死ぬのである。
ちなみにこの辺の仕様も元ネタであり、「紙軍曹」と呼ばれたRL-3軍曹をリスペクトしているとのこと。 向こうはDLCで改善されてタフになったらしいが
AIは搭載されていないが外部AIの作成は歓迎しており、現在ちゃんこ氏のAIが公開されている。
「シャワーでも浴びるか!」

出場大会




*1
Falloutの世界の過去の大戦時にアメリカ軍によって用いられていた無人兵器。ジェネラル・アトミックス・インターナショナル社製。
AIと会話機能が搭載されており、機械でありながら人間のような会話や思考をする事が出来る。
……が、前線の兵士の戦意高揚を狙っていたのか、昔の戦争映画の兵士のような勇ましい口調で喋る。
核戦争から数百年経過して尚現役で稼働している機体が数多いあたり、さすがはアメリカ製。
市販品のお手伝いロボット(!)の「Mr.ハンディ」を軍用に改修したモデルであるので、紙装甲なのはそのせいかもしれない。
なお、仮にも家庭用の筈なのだが、Mr.ハンディの時点で火炎放射器や電ノコを装備していたりとかなり物騒な存在である。
電ノコはまだ日曜大工用と言い訳できなくもないが、その火炎放射器で一体ご家庭の何を焼くつもりなんだ……。ケーキかな?
「ケーキカットからローチ退治まで何でもこなす万能ロボット」とのことで、手術さえも可能な万能ぶりを発揮している。(成功するとは言っていない)
実のところMr.ガッツィーになっても追加されてるのはプラズマライフルだけなので、ほとんどマイナーチェンジの範疇である。
原型機のMr.ハンディもウェイストランドのあちこちで顔を合わせることになるが、Mr.ガッツィーと違いフィールドで自然に湧くことはないためレア度は高い。
主人公の故郷に配備されており 誕生日ケーキに電ノコ入刀しやがったド畜生 ことMr.アンディのほか、
もう存在しないマクラレン一家のために戦前と変わらず家を保ち続けている機体や、
ホームタウン主人公宅の忠実なハウスキーパーにしてジョーク好きな執事Mr.ウッズワースなど印象的な個体が多い。
ネームドであろうと一度壊れたら生き返らないゲームなので大事にしてあげよう。

ゲーム中で登場するRL-3軍曹は、なんでも屋のジョーが護衛兼商品として連れている機体を購入する事で仲間にできる。
しかし「かなり個性的」な彼は、主人のより好みが激しく、カルマが「中立」でない限り決して仲間にはなってくれない。
仲間にした後は大容量の内蔵ストレージを活かし、多くのプレイヤーは「可搬式の武装コンテナ」として愛用し……装甲の薄さに泣く。
しかし追加シナリオで強化されると評価は一変。
大火力と超装甲で暴れ回り、廃墟の寂しさも勇ましい発言で吹き飛ばしてくれる、これ以上無く頼もしい軍曹となった。

*2
同作では件のMr.ガッツィーのみならず、かつての米軍の秘密兵器としてペンタゴン地下で眠っていた巨大ロボットブリキ大王リバティープライムも
敵はすべてコミュニスト認定していたので、ある意味原作再現ともいえる。
Fallout世界は「赤狩り」の嵐が吹き荒れた1950年代の雰囲気を色濃く残したレトロフューチャー的な架空の未来において終末戦争が起きた後の
文明の崩壊した世界という設定で、終末戦争における米軍の敵=コミュニストだったのである。
なお、プライムが大暴れするイベントで彼が実際に蹴散らすのは米政府の亡霊的な存在なので構図としてはまるっきりフレンドリーファイアなのだが
気にしてはいけない。悪党殺すべし。