ゴーヤーン

「私の滅びの力は無限!」


ふたりはプリキュアシリーズ3作目である、『ふたりはプリキュアSplash☆Star』に登場。
作中での悪の組織、ダークフォールの一員で、支配者であるアクダイカーンの側近。
名前は悪代官と共に悪巧みをする越後屋とゴーヤを掛けたもの。
まるでどこかのたちと同じである。
終始慇懃無礼な口調で話しいつも揉み手をしていて、プリキュアとの戦いでダークフォールの戦士が敗れて帰って来るとその原因について何かと口出してくる嫌味な性格。
また、その際わざとくだらないダジャレも織り交ぜて言うことで一層精神を逆撫でする事もある。
ただ、いずれ劣らぬクセモノ揃いのダークフォールだけに、相手のペースに巻き込まれて困惑させられることもしばしばある。
特にマイペースすぎるキントレスキー、ミズ・シタターレ、モエルンバは苦手な模様。
外見はかなり小柄で一見すると単にアクダイカーンの腰巾着のようにも見えるが、他のダークフォールの戦士と同等あるいはそれ以上の高い能力を持つ。
CVは、格ゲーで言えばストリートファイターZERO3CVSシリーズなどのリュウでお馴染みの森川智之氏。
特撮視聴者には『獣電戦隊キョウリュウジャー』で賢神トリン/キョウリュウシルバーを演じた人と言えば伝わるだろう。


+ネタバレ


「どんなモノもいつかは滅びる。例外はありませんよ、アクダイカーン様?」


その正体はアクダイカーンを生み出したダークフォールの真の支配者であり、本作のラスボス
最終決戦の第47話でプリキュアとの戦いで負傷しもはや使い物にならないと判断したアクダイカーンを
あっさりと消滅させ、その本性と真の姿を現す。
屈強な巨躯に反して丁寧口調はそのままというのがかえって威圧感を放っている。

「この姿になるのは、久しぶりですね…」


元々がどのような存在であるかなど具体的な詳細は劇中では語られなかったが、
プリキュアとの戦いの中での会話では宇宙の誕生、ビッグバン以前から存在し
後から数々の星や生命が誕生しどんどん騒々しくなっていく世界を不快に思っており、
以前の何も無い暗黒の静けさを取り戻そうとすることが真の目的と語っている。


主に手から赤黒い光球や闇そのものを放出して攻撃し、肉弾戦においても凄まじい強さを誇る。
劇中では光球一発で街と山二つが一瞬で消し飛んでクレーターと化すなど、
それまでのダークフォールの戦士や表向きの支配者であるアクダイカーンとは桁が違う力を見せた。


  • アクダイカーン戦を乗り越えたキュアブライトとキュアウィンディ及び満と薫を圧倒する。
  • 4人の連携技を受けてもビクともしない。
  • 全力の「プリキュア・スパイラル・スター・スプラッシュ」を打ち消す。
  • プリキュアを変身解除に追いやる。
  • 地上の精霊たちを全て吸収・消滅させ、 地球から生命が絶滅する
  • 地球を木端微塵にする。
  • 遂にキレて 宇宙もろともプリキュアたちを滅ぼそうとする


……など、そのずば抜けた能力と真の設定から一部のファンの間では歴代プリキュアの最強ラスボスとする意見も多い。


その後はキュアブルームキュアイーグレット、月と風の力をそれぞれ借りた満と薫の最終必殺技
「プリキュア・スパイラル・ハート・ スプラッシュ・スター 」を受け遂に致命傷を受ける。
(※この際、そのあまりの命の輝きの強さに、ビッグバンを思い起こしているようなシーンがある)
しかし、それでもなお無限の滅びの力によって長く耐え、咲と舞を道連れにしようとまでする。
だが、互いに握った手を決して離さず、最後まで諦めない4人の姿を見て


「全く手に負えない力ですね……希望の絆ですか……」


と、自身の滅びの力でも消すことが出来ない希望の前に遂に敗北を悟り、光の中で消滅していった。


『ドキドキプリキュア』の最終決戦では奇しくもこの場面を想起させるセリフが出ている。


ラスボスの忠臣と見せかけて実は…という意表を突いた展開はシリーズでもゴーヤーンだけであり、
ゴーヤーンと同じパターンかと思いきや心の底から忠臣だったというキャラも。

以上、ピクシブ百科事典から転載(一部記述変更)



MUGENにおけるゴーヤーン

+hatya氏のゴーヤーン
hatya氏製作の手描きキャラ(超神氏のパーフェクトセルがベースになっている)が、同氏のonedryveで公開されている。


技も動きもほぼセルのままだが、いくつか技が変更されており、岩をばら撒く突進技や相手背後への不意打ち射撃、
ベール=ゼファーが使っているヴァニティワールド(全画面攻撃)まんまの技が搭載されている。
また、ゲージが少しずつ自動回復したり、ライフ減少によって火力が上がったりと原作通り高い性能を持っている。
hatya氏製作の他のプリキュア敵キャラ(館長ジョーカー)と同じく「勝てば貴方もプリキュア!スイッチ。」があり、onにすると、体力が4割以下になると投げ・通常攻撃・必殺攻撃を無効化するようになる。


このようにかなり強く製作されているゴーヤーンだが、デフォルトAIではよく3ゲージの自滅技(「プリキュア・スパイラル・ハート・スプラッシュ・スター」)で相手を道連れに倒れることがある……。


ビーム撃てれば魔法使い マジカル☆ランセレバトルでは、初出場ながら4位という好成績を残しており、今後の活躍が期待される。


+柳川 秀氏の改変ゴーヤーン
2016年3月12日にキュアブルーム&キュアイーグレットを製作中の柳川 秀氏により、上記のhatya氏のゴーヤーンを基にした改変ゴーヤーンが作成・公開された。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28407576


4段階のランクシステムと10段階のレベルシステムが搭載されている(後述)。
コマンド技や超必殺技のいくつかが追加・変更されており、名前は全て「 ○○無き×× (どちらも熟語)」になっている。
ヒットエフェクトとガードエフェクトも追加された。


+共通システム・レベルシステム
【共通システム】
1:味方へのダメージ
 超必殺技・神技・邪神技は 味方にもヒットする 仕様になっている。
2:攻撃のProj化
 全ての攻撃が 当て身不可 (ReversalDefが通用しない)となっている。
3:被ダメージ時ゲージ回復
 攻撃を受けると被ダメージ値*レベル*0.25の値ゲージが回復する。
4:被ダメージ値補正
 ライフが最大値の1/4以下になると神化及び邪神化時以外で被ダメージ値が(1-(0.05*レベル))倍に軽減される。
5:Explod補助式チェーンコンボ
 格ゲー初心者でも簡単にコンボを決めることができる。
 ※ただし柳川 秀氏は動画内でコンボを決めるのに30回以上撮り直している。
6:プリキュアの希望の絆
  に対しては無効・変更になるシステムや効果がある。
 また、 プリキュアでない でも無効になるキャラがいる。


【レベルシステム】
10段階で設定でき、前述のように被ダメージ時のゲージ回復率やAIレベル等に関係する。
AIは5が標準の強さで、値が上がる毎にチェーンコンボ限界数(キャラデータ内に分岐図がある)と使用精度が向上する。


+ランクシステム
【ランクシステム】
改変によって最も変わった箇所。
設定によって大きく性能が変わる。
また、それに合わせてgoyan.def内のdisplaynameを変更するようになっている。


0:"Goyan"
 ゴーヤーン。
 共通のシステム以外は何の特殊なシステムもない弱~並ランク。
1:"Goyan[Emerged]"
 正体を現したゴーヤーン。
 スーパーアーマーを纏った、一般的な並~強ランク。
 被ダメージが1.5倍になる代わりに 投げ以外で怯まなくなる
 時止め中はアーマーが解除される。
 また、永続ターゲットによって 毒効果 を発揮する。
 参戦動画ではこの状態がデフォルトとされており、超神氏の超サイヤ人孫悟空と戦ってほぼ互角の勝負を繰り広げた。
2:"Goyan[Serious]"
 本気になったゴーヤーン。
 ハイパーアーマーを纏った、強~凶ランク。
 スーパーアーマーに投げ無敵と時止め中無敵が加わる。
3:"Goyan[Last_Fight]"
 最終決戦におけるゴーヤーン。
 本体アーマーを纏った、 即死技 等も解禁になった狂~準神ランク。
  全ての攻撃で怯まず 、ガードが使用できない代わりに 580の倍数のダメージを受けない限りライフが減らない
 この状態以上でないと使えない超必殺技(神技)がある。
4:"[Before_the_Singularity]"
 特異点の前。
 本体アーマーかつほぼ常時無敵で、 アドレス記憶型%nバグ も使える邪神ランク。
 柳川 秀氏曰く「攻撃論外たちよりも発動条件や回避可能性を残している」「通常の神々よりも邪なことをする」「この宇宙を滅ぼすのが目的」から 邪神 、とのこと。
 ライフを減らす条件は前のランクと変わらない。
 この状態以上でないと使えない超必殺技(邪神技)があり、その中で%nバグを使用している模様。
 参戦動画では問題児(再現ゴジータ)と戦っている他、柳川 秀氏のTwitterにて 歴戦の神々を葬る姿 も撮影されている。


 readmeには記されていないが、このランクで「プリキュアの希望の絆」が発動していると 試合敗北時に特殊演出 が入ることが柳川 秀氏のTwitterにて明かされている。
 この時、僅かな確率で 強制的にダブルKO にすることもあるそうだ。


このように完成度の高い改変ゴーヤーンだが、キャラデータ名がhatya氏のゴーヤーンと被っているため知らずに解凍してしまうと データが上書きされてしまう ので要注意。
また、「アーマー時に3ゲージ技を使うとBGMイナクナリナサイになる」「アーマー時のガード音がATフィールド」など柳川 秀氏独自のネタも含まれているため、そういったものが入ることが嫌いな人は注意が必要だ。


出場大会(いずれもhatya氏のゴーヤーン)