姫柊雪菜

「ここから先は、私たちのケンカです」

原作『ストライク・ザ・ブラッド』での雪菜

電撃文庫から刊行されているライトノベル『ストライク・ザ・ブラッド』(著・三雲岳斗)のメインヒロインでありもう一人の主人公。
名前は『ひめらぎ ゆきな』と読む。ひめひいらぎではない。CV種田梨沙
身長156cm。3サイズはB76(C60)-W55-H78。

作中世界に本来3人しか存在しない吸血鬼の真祖。にもかかわらず出現した第四の真祖である主人公、暁古城の
監視を任ぜられた政府機関『獅子王機関』の『剣巫』(けんなぎ)。
言い換えると霊的現象対策組織エージェント

武器は魔力無効化機構を備えた霊槍・雪霞狼(せっかろう)。普段はギターケースに隠し持っている。
この他徒手空拳での戦闘技術や短刀の扱いも心得ているが、敵が基本的に人外なので雪霞狼との併用
あるいは時間稼ぎにしか効果を発揮しない。高い霊能力を活かして直近の未来を見る「霊視」等のお陰で
手練れとも渡り合うが、実戦経験の乏しさゆえに絡め手には引っかかりやすい。

性格としては、基本的に敬語で話し原作17巻現在でも古城を「先輩」と呼ぶなど、典型的な後輩キャラ。
幼いころから剣巫として教育を受けてきたため堅物で若干世間知らず。
本編以前はずっと寮生活だったこともあり、引っ越し荷物が段ボール数箱に収まる程私物が少なく、
ドレスはおろか普段の私服すらあまり持っていないため、出かける際も制服のままが多い。
後にパーティー用のドレス一着入手して着こなし、ついでに3サイズを暴露されたり、
水着を購入する際には熟慮していたりと興味がないわけではないようだが。
子猫やマスコットには思わず表情を緩めるなど、年相応の面もある。

その任務内容や所属組織から作中で古城から 国家公認ストーカー 呼ばわりされたことがあり、
読者の共通認識となっている。

キメ台詞は、古城の「ここから先はオレのケンカだ!」に続いての「いいえ先輩。私たちのケンカです」。


『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』での性能

2014年7月のアップデートから追加されたキャラの一人。

リーチの長い2A、236Cを始め地上での牽制や差し込み能力が高く判定もそこそこ強い、挙動も素直と割とスタンダードなタイプ。
作中で唯一空中でも超必殺技と常時3段ジャンプが使えるのも特徴で、ゲージさえあればまとまったダメージを簡単に出せる。
また原作の雪霞狼による相手の防御魔力無効化は「EX技を二回使用すると一定時間相手の特殊ガードを無効化する(この効果は1ラウンドに1度のみ)」
という形で再現しており、これによりサポートを絡めて攻めに回れば一方的に相手を封殺する状況も作れる。

短所はセルベリア・ブレスと並んで技が大振りなうえ、彼女と違いそれをフォローする飛び道具や移動技もないので中距離以外で戦えないこと。
というかこのゲームは彼女彼女をはじめ、素早いくせに雪菜以上のリーチを持つキャラが大勢いるので「リーチはあるが技が大降り」というコンセプトが
ハンデにしかなっていない。空中では通常技の攻撃範囲がやたら小さく、素手キャラにすら余裕で負けるのも辛いところ。
上述の「相手の特殊ガード無効化」の効果も自動で発動してしまうので自分で使いどころを選ぶのは難しく、全く生かせないことも多い。
また全キャラ共通のガードポイント付き突進技もやたら性能が低く使いづらいので切り返しにはかなり苦労する。

さすがにこれではあんまりだと判断されたのか、後のアップデートでは全キャラで唯一3段ジャンプが追加され立ち回りが強化されたが、
ダイヤグラムでは依然として最下層クラスである。

サポートは対空や遠距離をカバーできるキノドクロちゃん、もしくはポテンシャルを生かす黒猫等の拘束系が相性がいいとされている。
キメ台詞は、暁古城がサポートキャラとは限らないので、古城以外の場合は「ここから先は私たちのケンカです!」にアレンジされている。

+余談、暁古城について
アップデートで雪菜とともにサポートキャラとして登場。

原作でおなじみの第四真祖の眷獣を召喚して相手を攻撃する。
攻撃は2種類あり
「発生は遅いが相手を追尾する落雷で攻撃。落雷は短時間地面を帯電させヒットすると相手を打ち上げる」
「範囲は狭いが落雷よりは発生が早い軌跡で前方を攻撃。ヒットした相手を拘束して打ち上げる」
どちらも相手を打ち上げる効果があるのでヒットした時の恩恵は大きく、使いどころもわかりやすいのが特徴…なのだが

落雷は発生が遅すぎて起き攻めぐらいでしか使い道がない。しかも発生保証もなく古城が攻撃されると潰される。
軌跡は落雷より発生が早いがそれでも遅い方なので、奇襲や切り返しには使えない。そしてやっぱり発生保証がない。
また質の悪いことに古城はプレイヤーキャラの前に出て召喚を始めるので守りづらく、簡単に潰されてしまう。原作の圧倒的な強さはどこへ行ったのやら。

ちなみに灼眼のシャナから登場したサポートキャラ、ヴィルヘルミナのサポートは
「発生は遅いが相手を追尾するリボンで攻撃。ヒットした相手を長時間拘束して打ち上げる」←古城より発生が早く、追尾性能も非常に高いので起き攻めや強襲に大活躍。
「範囲は狭いが発生の早いリボンで前方を攻撃」←発生が早いので奇襲や切り返しに大活躍。しかもヴィルヘルミナはどちらの攻撃も空中から行うので非常に潰されにくい。
と内容がかぶってるうえ性能も上位互換なため、サポートで古城を選ぶには相当なプレイヤースキルと愛が必要である。
主人公、ヒロインともに何かと扱いが不遇である。



MUGENにおける雪菜

+aki様製作・KOF風アレンジ仕様
  • aki様製作・KOF風アレンジ仕様
電撃FCのドットを使用したもの。現在は公開されていない。
KOF風アレンジということで、緊急回避の動作が追加されておりブラストやリフレクションガードなどは無いが
チェーンコンボ可能だったりとKOFと電撃FCの中間のようなシステム。
必殺技や超必殺技は一通り再現されている。
小物ロダに製作者不明のAIが存在する。

+rakurai氏製作・電撃FC&アレンジ仕様
  • rakurai氏製作・電撃FC&アレンジ仕様
同じく電撃FCのドットを使用したもの。現在は公開されていない。
システム面では概ね原作再現となっているが、オリジナル技の追加や各種判定が原作と一部違うなどアレンジ要素もあった。
またサポートキャラとして司波達也、ドクロちゃん、藍原延珠、暁古城、ホロ、藤和エリオ、キノが搭載されていた。
サポートキャラはスイッチで選択可能。デフォルトは暁古城となっていた。
3段階のレベル変更が可能なAIもデフォルトで搭載されていた。
なお サポートが勝手にスイッチなるネタスイッチもあった。

sudara13氏によって原作再現風パッチが制作されていた。
サポートキャラに至るまで多くの細かい調整が入っているが、完全再現ではないとのこと。
元々あった4つのスイッチは削除されているが、本体のデフォルトAIはそのまま機能する。
…が、本体の公開停止に伴い公開停止している。
「獅子の神子たる高神の剣巫が願い奉る。
 破魔の曙光、雪霞の神狼、鋼の神威を持ちて我に悪神百鬼を討たせ給え!」

出場大会

  • 「[大会] [姫柊雪菜]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル