ヌマクロー


ポケットモンスタールビー
ちじょうでも せいかつできる ように からだの ひょうめんを うすい ねんまくが つつんでいる。
しおの ひいた かいがんで どろあそびを する。

ポケットモンスターサファイア
すいちゅうを およぐより どろの なかを すすむ ほうが だんぜん はやく いどうできる。
あしこしが はったつして 2ほんあしで あるく。

分類:ぬまうおポケモン
タイプ:みず・じめん
高さ:0.7m
重さ:28.0kg
特性:げきりゅう(自分のHPが3分の1以下になるとみずタイプのわざの威力が1.5倍になる。)
隠れ特性:しめりけ(味方と相手のじばく、だいばくはつが使用できなくなる。ゆうばくによるダメージも無効になる。)

原作におけるヌマクロー


種族値

HP:70
攻撃:85
防御:70
特攻:60
特防:70
素早:50

ポケットモンスター ルビー/サファイア』から登場するポケモン。
ホウエン地方の御三家、ミズゴロウをレベル16にする事でヌマクローに進化する。
進化した事で追加されるじめんタイプによってミズゴロウの弱点となるでんきタイプの攻撃を無効化する事ができる。
代わりにくさタイプの攻撃が4倍の弱点となってしまうが弱点はくさのみなのでタイプの組み合わせとしては強い方。
ただしストーリー攻略中に110番道路の途中で現れるライバル(通称:橋の下のライバル)が繰り出すジュプトルにはすばやさで負ける上に
4倍弱点のリーフブレードを容赦なく使ってくるためヌマクロー使いにとって屈指の詰みポイントとなっている。
レベル36で更にラグラージというポケモンに進化する。ラグラージの実力は申し分なく合計種族値は御三家の中で最高の高さであり
技に関しても補助から攻撃に何でもござれな器用さを持つ強力なポケモン。ORASではメガシンカを獲得し、更なる強化を得た。
ストーリー中でも前述の詰みポイントを除けば優秀なのでトレーナーを殿堂入りまで導いてくれるだろう。

ただしこの十二分な性能を持つラグラージ。見た目から色々と物議を醸すことになってしまった。
賛否両論であるため一概には言えないのだが「キモイ」という評価を受けている。
当然「カッコイイ」と思う人もいるし「カワイイ」と思う人もいるがこの事からネタにされてしまい「キモクナーイ」の愛称で呼ばれる事に……。
このキモクナーイという呼び方は残念ながら10年以上前から広く浸透し切ってしまっており、
新旧のラグラージファンの人達には申し訳ないが諦めて頂くほか無いだろう。

そんな進化先こそネタにされるものの普通に可愛いミズゴロウ、可愛げの残るヌマクローは特にネタになる事は少なかった。
しかし2014年の11月21日、待望のルビーサファイアのリメイク作であるオメガルビー、アルファサファイアが発売された後に事件は起こる。
3D化されたヌマクローは なんとも言えないシュールな無表情 をしており、多くのプレイヤーがネタにし始めてしまった
ポケモンではクソコラグランプリという最新作に登場したキャラクター(ほぼ悪の組織のボス)で雑コラを作るという遊びが
ブラック・ホワイト時代から流行っていたのだが、最新作で最もネタになってしまったのは御三家とはいえ一ポケモンのヌマクローだった。

+ 問題の表情がこちら

一躍(悪い意味で)時の人となったヌマクローはツイッターのコラ素材として大ブレイクし人気キーワードにランクイン。
数々のニュースサイトで紹介されラグラージを追い越すネタキャラと化した。それだけならまだしも更に追い討ちをかけたのはまさかの公式。
2014年12月には公式がヌマクローの3D画像 だけわざわざコラにしやすい一色背景にさせて 紹介するという
クソコラに追い風を吹かせる事件が発生。
一応表向きにはヌマクローの紹介をしただけに見えるのだが、時期とわざわざヌマクローだけを3Dモデルを作ってまで紹介した点、
普段はポケモンのニュースを淡々と紹介しているだけの真面目なツイッターアカウントである点から悪乗りの可能性が否定できない。
兎にも角にもヌマクローのクソコラは祭りが沈静化した今でも着々と数を増やしており、
ツイッター内で検索をかければ今でも出来たてほやほやなものを大量に拝む事ができる。

ど う し て こ う な っ た

上記のようにアレな方向で有名になったためか、対戦でも稀に見かけることがある。
基本的にはラグラージの下位互換でしかなく、進化前ポケモンのぼうぎょ・とくぼうを上昇させる「しんかのきせき」を持たせても
ラグラージより若干打たれ強くなる程度なので、所詮はネタの域を出ない。
しかし進化前とはいえげきりゅう発動からの水技の威力には侮れないものがあり、カウンター、ミラーコード、がむしゃら等、
ラグラージより能力が低いことを活かせる技も揃っているため、油断してかかると痛い目を見ることになる。ネタと侮るなかれ。


MUGENにおけるヌマクロー


サクラ氏による一枚絵の手書きのものが2015年の元旦より公開されている。デフォルトでAIが入っているが一応人操作も可能。
技名の一つがヌマクロー配布となっており恐らくクソコラグランプリを意識したキャラと思われる。
自分の分身を次々に生み出す狂上位キャラとなっており狂下位ほどのキャラではあっという間に増えたヌマクローにフルボッコにされてしまう。
30体以上ヌマクローがいる時に発動するヌマクローブラストは広範囲の即死技となっており一度発動すると止まらないため手が付けられない。
ただし増える前ならば低威力の飛び道具を撃つのみであるためヌマクローブラストが発動する前に速攻で倒せば狂中位以下でも勝ち目はある。
ちなみにヌマクローより前にクリスマス限定公開されたドクオサンタはヌマクローと全く同じ性能を持っている。

+ 大会での活躍

出場大会