ワルビアル


ブラック
であった えものは にがさない。 じどうしゃの ボディを くいちぎる きょうりょくな あごを もつ。

ホワイト
そうがんきょうの ように とおくの ものを かくだいして みる ことが できる めを もつ。

分類:いかくポケモン
タイプ:じめん/あく
高さ:1.5m
重さ:96.3kg
特性:いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員のこうげきを1段階下げる)
   じしんかじょう(相手をひんしにしたとき、自分のこうげきが1段階上がる)
隠れ特性:いかりのつぼ(攻撃技を急所に受けた時、こうげきが最高ランクまで上がる)

任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター。初登場は第5世代(ブラック・ホワイト)。
さばくワニポケモンのメグロコが、ワルビルを経て最終進化したポケモン。
第2世代(金銀)の御三家の1つであるワニノコと同様にワニがモチーフだが、
あちらがアリゲーターやクロコダイルを意識しているのに対し、メグロコの系統はガビアル科のワニがもとで
ワルビアルの名前も「悪い」と「ガビアル」を合わせたものと思われる。
初出のBWでは比較的序盤に現れるため、ストーリー攻略でお世話になったトレーナーも多いだろう。

原作中の性能

HP:95
攻撃:117
防御:70→80(第六世代より)
特攻:65
特防:70
素早さ:92

第六世代現在、唯一のじめん・あく複合タイプのポケモン。
弱点が6つと多めだが、無効が2つ、半減も4つあるため、強い奴にはとことん強い。
能力値は、高い攻撃と平均以上の素早さを持つ物理アタッカー向けのポケモン。
タイプ一致で高性能技「じしん」や20%の確率で相手の防御を下げる「かみくだく」、第6世代で強化された「はたきおとす」など、優秀なメインウェポンを備えている。
サブウェポンは飛行に刺さる「ストーンエッジ」、じめん技が弱点ではないハッサムなどの鋼への対策「ほのおのキバ」、殴るたびに攻撃が上昇する「グロウパンチ」などが候補に挙がる。
一方で耐久は心許ないが、特性の「いかく」のおかげで物理アタッカー相手には強気で戦える。
また、いかくを利用することで、タスキ無しでも「カウンター」による逆襲を狙うこともできる。
もう1つの特性である「じしんかじょう」は攻撃力の高いこいつには相性のいい特性であるのだが、
素の耐久力は大したこと無いうえに、前述した弱点のタイプはいずれもメジャー級なので、いかくの補整無しでは長期に居座ることは至難の業である。
ちなみにこの「じしんかじょう」、 味方倒しても容赦なく発動する ため、ダブル・トリプルなどでは、味方に「インファイト」、「フレアドライブ」などの反動技を使わせ、
敵と味方のHPなどを調整して、ジュエルで強化した全体技「じしん」で敵も味方も全滅させることで、この特性を利用して1ターンの間に過剰に攻撃力を高める
通称 『地震過剰』 コンボがある。
……もちろんこんな戦術はロマンの塊であることは言うまでも無い。というか、本気でプラズマ団が来そうなくらい血も涙も無いのでやめたげて。
隠れ特性の「いかりのつぼ」は運任せなところがあり、そのまま使うと他の特性に比べると使い辛い。
しかしダブル・トリプルで味方に急所をついてもらうという有効な使い道がある。
以前まではネタの範疇だったが、XY以降で急所の仕様が変更され一気に実用的になった。

対戦では、特性「いかく」や全体技「じしん」の影響でダブルやトリプルで使用される傾向にある。

+ メディアミックスにおける活躍

MUGENにおけるワルビアル

Dragonrod氏が手書きで製作したキャラが公開中。mugen1.0専用。
ファイル名は英語名の「Krookodile」。
アニメ版でのサトシのワルビアルがモデルらしく、イントロ演出や挑発でサングラスをかけている。

通常技は隙が大きめで使いにくいが、必殺技は飛び道具のりゅうのはどう、
判定を消しつつ突進するシャドークローなどなかなか良い物が揃う。
威力の高いじしん、無敵があり遠距離から攻撃できるストーンエッジといった超必殺技も優秀。
特に厄介なのが超必殺の全体攻撃「すなあらし(Sandstorm)」。
技が終わるまでの間は視界は封じられるうえに、断続的にダメージを与え続けるため対人戦では非常に鬱陶しい。
また、Cボタンで出せる特殊技が地上ではヒット、ガード問わず相手を大きく後退させるドラゴンテール、
空中では着地時無敵の急降下踏みつけ、しゃがみ時は地面に潜って一定の距離を進んだ場所から飛び出して攻撃といったものになっている。

出場大会

  • 「[大会] [ワルビアル ]」をタグに含むページは1つもありません。





添付ファイル