東東

プロフィール

東東とは、中国製実写格闘ツクールゲーム「東東不死伝説」(Dong Dong Never Die)の主人公。
ピンイン表記は「Dong Dong」。
綴りから「ドンドン」と読みそうになるが、中国語の発音的には「トントン」がやや近いか。
(日本語や英語では清音か濁音で区別するが、中国語や韓国語では有気音(破裂音)か無気音で区別するため)
でもトゥートゥーとは読まない

東東不死伝説は、突込みどころ満載の濃すぎるキャラ達、
どこかで聞いたことのあるBGM、謎の背景、唐突なストーリー、
漢字表記の技名 と顔芸 が大写しになるカットインなど派手な演出、
そして何より 格ゲーとして結構面白い と一部でブーム(?)のネット対戦格闘である。

プレイ動画

原作でのキャラクター

東東不死伝説は、中国の各省(県のようなもの)ごとの代表格闘家が集まって戦うという設定。
東東は四川省の代表キャラである。

四川省人民公安局の捜査官で、広州の格闘大会で起きた大量失踪事件の捜査に乗り出した。
2009年(このゲームが完成した年)に起きた核戦争後の世界で、
2013年に人類最後の希望として現れ2029年に人類を支配するコンピュータ・天網を倒す人物。
彼を倒すために天網のロボット、生化男が2009年に送り込まれてストーリーが始まる。
天(=sky)網(=net)って隠す気ないな

原作中の性能

主人公だけあってプレーンな外見で(イントロでスピンして投げキッスしたりするが、このゲームではまあ普通だろう)
炎を操り、キャラ性能はリュウ豪鬼+草薙京超必殺技といった感じ。 BGMもリュウだし
波動昇龍竜巻持ちで、超必殺技には裏百八式・大蛇薙っぽい技がある。
瞬獄殺っぽい技もあるが順押しコマンドではなくガード可能、1ゲージ消費で威力も抑えられている。

他のキャラを用いてプレイするとゲーム中で暴走し、生化男に操られる中ボス(下記の暴走東東)となって立ち塞がる。
その後正気を取り戻し、プレイヤーキャラと共にラスボスの生化男と戦う。
なお、東東または暴走東東を使用した場合は暴走東東戦が発生せずに直接生化男と戦い、
最終決戦でも終結者(英表記:Terminator、神○拳や謎の五人組が特攻する技を使う)と共に戦う。
まあ、同キャラタッグをやる訳にも行かないし妥当な判断である。

暴走東東

髪が赤く逆立ち、上半身が裸で青白い肌となる。
構成はツキノヨルオロチノチニクルフイオリっぽく硬直もなくなり
無に還ろう変な阿修羅閃空 も追加されて手が付けられない。
ぶっちゃけラスボスより格段に強い。
が、キャラによってはラスボスよりも楽に勝てたりする。
プレイヤーキャラとして使うと基本性能の高さから大体力押しでも何とかなってしまう(これはラスボスの生化男も同様)。


MUGENにおける東東

  • xiami氏製作 東東・暴走東東
xiami氏によって東東(Dong Dong)・暴走東東(Violent Dong Dong)ともに製作されている。東東不死伝説原作のドットを使用。
リュウのような波動昇龍系のキャラで、超必殺技には裏百八式・大蛇薙瞬獄殺・滅殺豪螺旋っぽい技がある。
AIも搭載。AIレベルを最高のレベル4にすると数種の永久や超必殺技のループを自重しなくなるので注意。しかし補正がきついので相手の体力を削り切れないことも多い。
暴走東東は原作同様凄まじい性能を誇り、飛び道具一つ取っても迂闊にガードしようものなら下記の動画の様に削り殺されてしまう。
つけ入る隙が超必殺技のガード後くらいしかなく、MUGENキャラクターのランク付けでおそらく狂に分類される。

東東 暴走東東
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25996744 http://www.nicovideo.jp/watch/sm23507446
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23924073

出場大会





添付ファイル