ガブリアス

<ダイヤモンド>
からだを おりたたみ つばさを のばすと まるで ジェットき。 おんそくで とぶことが できる。
<パール>
ジェットせんとうきに まけない スピードで そらを とぶ。ねらった えものは にがさない。


分類:マッハポケモン
タイプ:ドラゴン/じめん
高さ:1.9m
重さ:95.0kg
特性:すながくれ(砂嵐の時に回避率が1.25倍になる)
隠れ特性:さめはだ(接触攻撃をした相手にと最大HPの1/8ダメージを与える )

任天堂のRPG『ポケットモンスター』に登場するポケモンの一匹で、第4世代(ダイヤモンド・パール)で初登場した。
りくざめポケモン・フカマルが最終進化したもので、細身の肉食恐竜とサメをかけあわせたような外見を持つ。
図鑑のテキストによれば飛行能力を持つとあるが、 ゲーム中ではひでんマシンの「そらをとぶ」を覚えられない。

原作中の性能

HP:108
攻撃:130
防御:95
特攻:80
特防:85
素早:102

第4世代における「600族」のポケモンであり、禁止級を除けば2系統しかいない、じめん・ドラゴンの複合タイプの1体。

+600族について
伝説級を除いて、種族値の合計が600になるポケモンの総称。造語であるため、公式の用語ではない。
ポケモンの世代が更新されるたびに1体か2体の頻度で追加されており、
現時点ではカイリュー、バンギラス、ボーマンダ、メタグロス、ガブリアス、サザンドラ、ヌメルゴン、ジャラランガがこれにあたる。
個体によって差はあるが、総じて高い能力値の他に優秀な特性と技を備えているのが特徴。
種族値500を超えるのがメジャー級の入り口とされるポケモンにおいて、種族値合計600で対戦の禁止区域に入らないこいつらは対人戦の最強集団であり、
オンライン対戦では、非常に高い頻度で見かけることになる。
孵化を利用した個体値厳選が可能なため、廃人によって厳選された個体は、考え無しに育てた伝説級以上の強さを発揮できる。

一方で、育成には大量の経験値を必要とし、さらに出現率や入手経路の問題で手に入れるのに相応の労力を要する。

なお、数値だけで見れば伝説を除いた中で種族値合計が最も高いのはケッキングの670であるが、
1ターンおきにしか行動できないというマイナス特性を抱えているので600族には含まれない。

能力値・タイプ・特性・技、全てにおいて無駄がなく、登場以降トップメタに君臨し続けているポケモン。
具体的に解説していくと、まず能力値は特攻以外の全てが平均以上のスペックを持っており、その内100越えが3種もある。
特筆すべきなのが、素早さが 102 という点である。ポケモンでは、強豪の素早さが90~100の間にあることが多く、100を1でも越えたら過半数相手に先手を取れるとされている。
ガブリアスはまさにその100のラインを一歩踏み越えた数値を持ち、道具無しでも過半数のポケモンを相手に先手を取れる。
そのうえ攻撃力130という恐るべき火力を持つため、並の相手であれば1度も攻撃させること無く撃沈できてしまう。
さらに、先制技を使ったとしてもHP100越えに加えて防御・特防も高いため、威力の低い技では弱点を突かない限り決定打にはなり得ない。

さらに地面・ドラゴンという複合タイプがコイツの対処の難易度を上げる要因となっている。
第5世代まではドラゴンタイプの技を半減できるのが鋼タイプだけであり、有用なドラゴン対策の1つが鋼だった。
だが、ガブリアスはそんな鋼の弱点である地面タイプの技をタイプ一致で放てるため、鋼がストッパーとして機能しなくなるのである。
実質、ドラゴン・地面の組み合わせだけでほとんどのポケモン相手に等倍かそれ以上のダメージを与える組み合わせであり、
さらに、メインウェポンも「じしん」、「げきりん」、「ドラゴンダイブ」などの高火力なものが揃っている。
サブウェポンも「ストーンエッジ」の他、弱点の補完になる「どくづき」、「アイアンテール」等を覚え、死角がない。
補助技も攻撃力を高める「つるぎのまい」、ドラゴンダイブの命中率をカバーできる「つめとぎ」に加え、
すながくれと併用できる「みがわり」や「すなあらし」といった利用価値の高いものが多い。
何が言いたいかというと、基本型である物理アタッカーとして必要なものを全部持っているのである。

およそアタッカーに必要な要素を全てブチ込んだような存在であり、対策を施しておかなければこいつ1体にパーティを壊滅させられることもザラである。

ドラゴン技無効のフェアリータイプですら、こいつより早いのはエルフーン、キュウコン(リージョンフォーム)、カプ・コケコだけであり、
かつ防御が低い奴らが多いため真正面からでは太刀打ちできない。
対策としては眠りなどの状態異常に頼るか、ガブリアスよりも速い又はタスキを持たせた氷・フェアリーが1番ポピュラーである。
また、地面技の効かない鋼タイプであるエアームドやドータクン、同じ600族で1撃では倒されにくいカイリューやいかくボーマンダ、
「げきりん」でも確1で沈まないうえに先制技持ちのクリムガンなどであれば、勝算がある。
また、特性「いたずらごころ」を利用した状態異常や先制技「こおりのつぶて」も候補に挙がる。
とにかく相手の土俵に上がらない事が一番である。

その極めて高い安定性から、個々が最強クラスの強さを持つ600族の中でも特に人気が高い。
昔ほど強いポケモンが嫌われなくなった現在では、ポケモンの中でピカチュウをアニメ等での主人公と言うのに対し、ガブリアスを 対戦界の主人公 と呼ばれることもある。

しかし強いのはあくまでもシングルバトルで、公式大会で一番採用されているダブルバトルでははっきり言って 空気
理由は色々あるが、一番大きいのは実用性のある物理ドラゴン技が威力80のドラゴンクロー止まりなことだろう。
(シングルにおけるメインウェポンのげきりんは対象を選べない死に技、ドラゴンダイブは命中率が不安)
そのため、ダブルでのドラゴン及び地面タイプは威嚇持ちのボーマンダやランドロス(霊獣)が採用されることが殆ど。
一応、特性を活かしてバンギラスの相棒として使えなくもないが、そのポジションもドリュウズやランドロス(化身)が既に居座っているので…。

+そして第6世代では……
X・Yにおいてメガシンカが可能なポケモンの1体として選ばれた。
HP:108
攻撃:170
防御:115
特攻:120
特防:95
素早さ:92

特性:すなのちから(天気が「すなあらし」の時、じめん、いわ、はがねタイプの技の威力が1.3倍になる)

合計種族値700という大台に達し、特に攻撃は170と驚異の数値を誇る。
さらに特性のおかげで、すなあらし時はただでさえ高い攻撃の威力をさらに底上げできる。
しかし、素早さが並まで落ちてしまうことが大きなデメリットである。
決してハズレではないが、多くのドラゴンに対して後手に回ってしまう点や、
ガブリアスが貴重なメガシンカ枠を使わなくても十分主戦力として機能してしまうことから、
メガシンカすることはまずないだろう。


+第7世代のガブリアス
第7世代では、ファリータイプが導入された第6世代ですらガブリアスの快進撃を止められなかったためか、
更に大量の新規フェアリータイプが追加された。
こおり・フェアリータイプでガブリアスより素早さが高いキュウコン(リージョンフォーム)や
いわゆる準伝説と呼ばれるポジションのカプシリーズ、チート級の特性と豊富な変化技を持つミミッキュなど、
強力なフェアリータイプの登場でさすがに以前よりも活躍が厳しくなっている。
一方、ガブリアス自身の強化として、「げきりん」使用時のこんらんの弱体化(自滅率が5割→3割に変化)、
「Zワザ」の登場で一発だけだが更に大きなダメージを与えられる攻撃が使えるようになった。
特に「Zワザ」は単体攻撃となる特徴があることから、これまで活躍が難しかったダブルバトルにおいて、
その高い攻撃力を活かすことが出来るようになったため、大きな変化と言えるだろう。
また、仕様変更で夢特性の「さめはだ」が弱体化してしまっているが、致命的なものではない。

環境的には逆風であるが、ガブリアス自体のスペックが低くなったわけではなく
むしろ 元から豊富な型がZワザで更に増えた くらいであるため、今も変わらずトップメタの一体として君臨している。

余談だが、色違いが非常に紛らわしい事で有名。
ゲームでは第4世代のチャンピオンであるシロナの切り札であることからシロナの代名詞として扱われる事が多い。
また、金銀のリメイク作品であるHGSSではバッジを16個ゲットした後から、チャンピオンのワタルの手持ちに加わるのだが、
このワタルのガブリアス。技構成が「げきりん/じしん/つるぎのまい/ほえる」とほえる以外は普通に対戦でも使われる剣舞逆鱗型であり、かなりガチ構成に近い。
切り札のカイリューはりゅうせいぐんを主軸にした特殊型なのだが、とくこうが下がっても居座るためにむしろ起点にしやすく、
「強化ワタルの切り札はガブ」なんていわれることも

+メディアミックスにおける活躍
アニメでは進化前のフカマルが主人公であるサトシの手持ちとして登場している。
DP編が終了するまで進化せず、以降の作品でもほとんど登場していないが、
かなり間を開けて進化したマグマラシのようなケースもあるため、今後の作品でガブリアスがサトシのパーティに加わる可能性はゼロではない。

カロス地方が舞台のXY編ではプラターヌ博士のメガシンカ研究の相棒…なのだが、現在は微妙に囚われのヒロインポジ。
初登場時にはロケット団に精神制御を受けミアレシティを暴れ回った(サトシが暴走を抑え、メガバシャーモが窮地を救った)。
二度目の出演はロケット団にさらわれ、精神制御させた状態でメガシンカさせようとした所をプラターヌ博士が「ロケット団より先にキーストーンで絆をつなげ、メガシンカさせる」と言う少々荒っぽい方法で救われた。

+『ポッ拳』におけるガブリアス

『ポッ拳』におけるガブリアス

攻撃力も防御力も機動力も高いパワーファイター。
接近戦が得意ながら、デュエルフェイズでは接近するための突進技を各種備えており、フィールドフェイズでは移動速度が速く弾も地味ながら性能の高いものをそろえる。
真価を発揮するインファイトではコマ投げ、コマンドブロックなど必要なものを取り揃えてリターンも膨大。
自在に動かすことができれば、一気に近寄って択一攻撃からごっそりと体力を奪える作中屈指のパワーファイターである。

  • フィールドフェイズ
移動がランっぽい姿勢になりかなり機敏。
素直なシュートや横にブーメランを放つサイドシュート、砂嵐を飛ばすジャンプシュートなどの弾は回転率こそ低いものの単発の性能だけ見ればそこまで悪くもなく、間合いを詰める前には十分撒いておける。
一気に接近して択をかけるのが望ましいが、弾幕の激しい相手には突進攻撃である弾抜けの前A「あなをほる」やジャンプ格闘などを勇気をもって放っていく必要もある。
なお、デュエルから移動してくれば莫大な有利Fから起き攻めに移行できるため、一気にダメージを与えるチャンス。
本命のブロック貫通である溜めバックシュートはガードされても有利の高性能でヒットすれば一気に150程度とフィールドとしてはかなりのダメージを奪えるため是非とも狙いたいところ。

  • デュエルフェイズ
歩きは遅いもののキャンセルの効く8A「ドラゴンダイブ」や同じく6A「あなをほる」、モーション短めで見えづらい6Xなど豊富な突進技を持つ。
また間合い管理行動としてそれらとは別に、666(正確には66の前ステ中に6)による「走り構え」でランタイプのダッシュに移行できるのが最大の特徴。
すぐには止まれないしガードも出来ず、技は走り構え中専用の打撃になるので普通のダッシュというほどの使い勝手ではないが、隙をついて一気に間合いを詰め差し込みや固めに入れるため利点は大きい。
運びも優秀なため引っ掛けたら一気に画面端でダウンまで持っていけ、そこからポッ拳のお約束として空中まで範囲のあるコマ投げ「溜めすなじごく(2A)」と「すなじごく走り構えキャンセルX」による強烈な二択を仕掛けることができる。
接近戦時はコマンドブロックの4A「ストーンエッジ」があるので逆択も抜かりなく、接近用の豊富な手札を生かして得意な距離で択一攻撃をかけていこう。
小技からでもかなりのダメージが出るためとにかく接近時の圧が強いが、小技の性能自体はさほどでもないのがネックか。特に最速技の8Yは対空用でもあるが反確で珍しくリターン薄い行動のため、意外と暴れ用のカードが乏しい点に注意したい。

共鳴バーストはメガガブリアスにメガシンカする……のだが、ゲージの溜まりは最低レベルでゲンガーと同程度。
パワーアップ効果もコマブロ(当身)のストーンエッジとコマ投げのすなじごくがクリティカル時限定で演出が入ってダメージアップし追撃可能になるのが限定条件解除される……という、
要するに強化されるのは立ち回りでなく崩しであり、膨大なゲージ量が必要な割には圧倒的なパワーアップ感はない、というのが正直なところ。
バーストアタック「大逆鱗クラッシュ」も発生時スーパーアーマーで投げが重なっていようが潰せないため、相手が動いていれば強力な技だが、
実はフィールド、デュエル共にガードされてしまうと 相手に強制ガードクラッシュを誘発させて(フィールド時はフェイズチェンジまで起きるにもかかわらず)なお反確 (届けば全キャラで13F技までの技が確定)という、パナし得な性能が多いBAのなかでは非常に使いどころが難しいものとなっている。BA演出後に遠吠えでポーズとってるせいでな!
まぁ所詮メガガブなんてこんなもんか

余談だが、ガブリアスの最大の弱点はそういうところではなく 運指 である。
一般的な4ボタンパッドを思い浮かべて欲しい。↑がX、←がY,↓がB、→がAというのがポッ拳のパッド型コントローラーであるが、
ガブリアスがその本領であるコンボや立ち回りを最大限に生かす為にはその両方に 溜めX を要求されるのである。 パッドでボタン溜めキャラ を使いこなす必要があるのだ。
攻撃はYとXとA、ジャンプはB、ブロック攻撃はX+A、投げにY+B、その他臨機応変にL(アシスト)R(ガード)を使い分けつつXを押しっぱなしにする……人間には5本しか指が無いんですが?
なお、アーケードでは当然ながら キーコンフィングなどという甘えたものは無い 。家庭用には一応あるものの、アーケードでプレイする気があるならコンフィング無しに慣れておくのが無難である。
しかし慣れるったってこのボタン配置でどう慣れろと……やはり指を増やすしか



MUGENにおけるガブリアス

Xボックス アルフライト氏の製作したキャラが公開中。
XYの3Dモデルのgif画像を使用して制作されている。メガシンカは攻撃モーションが足りないため未搭載。
元ゲーに歩く動作が無いため、 移動は不可能。 代わりに常時アーマーステ固定となっている。
カラーによって性能が変わり1Pでは並程度、12Pでは神中位となる。
動けないためか、全体攻撃の「じしん」「いわなだれ」などの派手なうえに広範囲な技を使用できる。
また、前方攻撃「ストーンエッジ」は3割の確率で「ガード不能+威力1.5倍」の急所判定があるなど、原作のリスペクトも高い。
単に力押しな技だけではなく、相手を追尾する「だいもんじ」や体力を払って体力最大値の半分だけ攻撃を受ける「みがわり」なども完備。
さらに設置技の、「ステルスロック」で動き回る相手を牽制できるなど、デメリットを補って余りある技を持つ。
どう見てもステルスじゃないのは禁句
余談だが、このガブリアスは メス である。(オスには背ビレに切り込みが有り、メスにはない為)





出場大会