ご注文はうさぎですか?

まんがタイムきららMAX』(芳文社)にて連載されているKoiによる4コマ漫画作品。
略称は「ごちうさ」。

ご注文は概要ですか?


主人公の保登心愛(ココア)は高校に通う為、うさぎが多く生息していて木組みの家と石畳の道路が特徴的なヨーロッパのような街に来ていた。
下宿先の香風という家を探していたココアは偶然「ラビットハウス」という喫茶店を見つける。
ネコカフェよろしく、うさぎたちに囲まれてコーヒーが飲める店だと勘違いしたココアは、喫茶店に立ち寄り、
店員らしき小さな少女の香風智乃(チノ)と、チノの頭に乗ったティッピーといううさぎに出会う。
どうやらこの喫茶店が下宿先の香風家である様だが・・・。

というあらすじで始まる、ほのぼの系のストーリーが特徴。
ヨーロッパのような街並みの架空の都市を舞台とし、
天然ボケでかわいいものが大好きな保登心愛(ほと ここあ)(CV:佐倉綾音)、
幼いがクールな印象の香風智乃(かふう ちの)(CV:水瀬いのり)、
ミリタリー気質だが乙女な部分もある天々座理世(てでざ りぜ)(CV:種田梨沙
おっとりマイペースだが時折天然ドSな面をみせる宇治松千夜(うじまつ ちや)(CV:佐藤聡美)、
気品あふれる立ち振る舞いをするが実は貧乏庶民派の桐間紗路 (きりま しゃろ) (CV.内田真礼)
といった個性的でかわいい女の子たちや何故か喋るアンゴラウサギ*1のティッピー( CV:清川元夢 )などの
可愛らしいキャラクターたちが巻き起こすドタバタ日常劇を主軸としている

2014年春にアニメ化され、ニコニコ動画でも配信された結果、第一羽(第一話)が大変な人気を獲得。
配信から半年経とうが一年経とうが、一つだけ別のクールのアニメであるにも関わらずランキングに居座り続けている。
遂には ニコニコランキングSP2015上半期で一位に輝いた。 2014年の動画なのに。
再生時間のほぼ全てがテンプレのコメントに支配されたその様たるや初見には 魔窟 、常連(及び難民)には聖地と化している。
特に動画開始直後の名物である下大赤字ラッシュは、世相で大きく話題になった事柄が反映されるニュース番組として機能している。

中でも特に有名なのが、OPの歌詞を弾幕化した 「あぁ^~こころがぴょんぴょんするんじゃぁ^~」 というフレーズ。
(波ダッシュの前に「^」が入っているのはごちうさとは関係ないとこに元ネタがあるが、興味本位で調べない方がいい
この一文が有志の悪ふざけ尽力によりあらゆる言語で翻訳された(実在する言語は勿論、架空の言語二進数まで網羅している)こともあってか、
何と海外のニュースでも取り上げられた 程。

今回のMUGEN入りも、この暴走人気を受けての事と思われる。
ひと目で、尋常でない動画だと見抜けるよ

二次創作などでは紛らわしい作品名のせいか『これはゾンビですか?』に間違われたり、アニメで肝試し回が放送されて以降は別作品ゾンビと絡むMAD「ごちゅうもんはゾンビですか?」も増えた。
他には、ウサギを別の生き物に置き換えたネタもある(サをナに置き換えて喫茶店からうな丼専門店に転職させる「ごちゅうもんはウナギですか」など)。

ニコニコ動画では、本編第一話にサイヤ人ジョースターエジプトツアー御一行様などこれまた別作品のキャラが来店したり、
心愛が中の人ネタで 「ち○こもいじゃうから☆」とか 「あたしゃ寝るときゃすっぽんぽんだよ」など下ネタを言わされている。
那珂の人中の人つながりでこんなMADも 千夜も中の人ネタで心愛以上の変態痴女に!


ご注文はMUGEN入りですか?

  • マンドラフ氏制作 OP再現

マンドラフ氏によるキャラクター(?)が存在していた。(現在はサイト閉鎖で入手不可)
キャラではなくアニメのOPがまさかの参戦。
プレイヤー操作はできない。
試合が始まると本編のOPが流れ、ニコニコ動画の様な弾幕が飛び交い、文字にぶつかった相手にダメージを与える
走ってくるキャラや飛んでいく鳥の群れ、開いた瞬間の窓などOP内のキャラクターの行動や物にも攻撃判定がある。
当たり判定はなく、こちらからダメージを与えることはできない。
時間経過とともにごちうさのHPが減っていき、曲が終わると負ける。
OPの歌とアニメーションをそのまま入れているのでデータ容量はとんでもなく重い。
PCのスペック次第では処理落ちで音とアニメがズレるので、リズムに合わせての防御や回避が難しくなる点に注意。最悪の場合負荷がかかってMUGENそのものが落ちる恐れもある。


また、上記以外にも2015年のエイプリルフールにsudara13氏が単独でチノを公開している。

出場大会

出演ストーリー


*1
漫画やアニメではもはや毛玉に見える程にデフォルメされているが、実在するウサギの種類である。
耳の形状からよくに間違われやすく、作中でも千夜に犬扱いされたことがあった。
また、男性の声で喋るためオスだと思われがちだが雌である。
これはチノの祖父が亡くなった際に(心愛がラビットハウスにやって来る一年前)人格と魂がティッピーに乗り移ったためで、アニメでは千夜の店に住み着いたオスのウサギがティッピーに欲情して襲い掛かるシーンもある(前記したようにティッピーは雌なので断じて「あっー!」なシーンではない)。
顔はぼかされているが、生前の姿も本編では度々描写されている。
因みに、「ティッピーが喋る」事をちゃんと認識しているのは香風家のみらしく、他のキャラたちは『チノが腹話術をしている』と思っている。

ティッピーのように耳が小さい個体もいる。 http://www.nicovideo.jp/watch/sm7614241
保温性の高い毛はセーターやニット帽等の防寒具に使われるが、毛の剃り方が 脚を縛って毟り取るという方法だったことで問題視され、製造と販売が規制されている。