タンタン

ベルギーの漫画家エルジェ氏のバンドデシネ(フランス漫画)作品『タンタンの冒険旅行』シリーズの主人公。ンをムと見間違えた人はこちらへ
フランス語の綴りは「Tin-tin」。1964年版ではチン○ン表記された。(フランス語の「in」は「アン」の音を当てるのが一般的
ベルギー人であり、ブリュッセルのラブラドル通り26番地に存在するアパートで、愛犬かつパートナーでもあるスノーウィと暮らしている。
特徴的なハネっ毛の髪型とニッカボッカがトレードマーク。年齢は不詳だが、作者によれば10代前半~後半らしい。

職業はルポライターで、事件や謎の臭いを嗅ぎ付けては、毎度のように災難に巻き込まれている。
シカゴでアル・カポネと対決したり、満州事変に関わっていたり、月に行ったり宇宙船と遭遇したりと、かなりすごい来歴の持ち主。
作中では、ニセ札偽造団に狙われるわ、麻薬組織に狙われるわ、秘密結社に狙われるわ、クーデターに巻き込まれるわ、
それこそ命がいくつあっても足りないような目に遭っているが、持ち前の能力と運を味方に幾度となく窮地を切り抜けている。
特にその運の強さは驚異的で、ゴルゴ13も裸足で逃げ出すような凄まじい幸運に救われることが度々ある。 異能生存体レベルである
作中では何度か被弾したことがあるのだが、いずれも軽傷で済んでいる。

少年とは思えぬほどに非常に多芸で、自動車だけでなく飛行機などの乗り物の運転はおろか、銃器などの扱いも得意。
一発しか銃弾の残っていない拳銃で飛行する水上飛行機を狙い撃ち、エンジン部分を撃ち抜けるほど(しかも自分は海に浮かんだ状態で)。
格闘能力も高く、ギャングすら圧倒するほどの実力を持つ。本人曰く「カラテ」だそうな。
頭の回転も早く、『太陽の神殿』や『レッド・ラッカムの宝』ではその頭脳を存分に活かしている。
ラッパを手作りしてと意思疎通したこともある。
サバイバルスキルも持ち合わせているようで、気絶させられて縛られた時も、縛った本人がサバイバル知識に疎かったために縄抜けに成功している。
ただし殺人だけは避ける傾向にあり、悪者をやっつけても捕縛して動けなくするだけで命までは奪わない。銃撃戦でも威嚇がほとんど。
子供向けの作品ゆえか、まさに子供たちのヒーローと言える大活躍である。

人柄の良さからか、交友関係が広く、多くの仲間や友人が登場して共に冒険する。
酒好きで口は悪いが頼れる海の男ハドック船長、双子でも兄弟でもないのにそっくりなおとぼけ刑事二人組デュポン&デュボン、耳の遠い科学者ビーカー教授、
世界的に評価される歌姫 のはずなのに主要人物から歌声について拒否感を抱かれる カスタフィオーレ夫人など。
…やや年配の人が多いため、若者であるタンタンは浮いているが。
正義感が強く勇敢で、友達を助けるためならどんな危険に身を投じることも厭わない。そんな彼の性格は多くの人を惹きつけ、時に彼自身を救うこともある。
作品の時代背景的に人種差別などのシリアスな問題が描かれることがあるが、タンタン本人は非差別的な性格で、誰にでも心優しく接する。
弱い者の味方であり、元が敵や悪人であっても更正・改心した者には心を許す。そんな彼だからこそ、運も味方するのかもしれない。

2011年にはスティーヴン・スピルバーグ監督により、3Dで実写映画化された(インタビューではスピルバーグ氏が主人公の名前をティンティンと言っている)。
この映画を元にゲーム版も製作されている。
原作は世界的に知名度のある人気作品であり、多くの読者から愛される物語である。
アニメ化もされており、劇場版なども作られている。
アニメ版のテーマ曲 ゲーム版
未完のまま作者のエルジェ氏が亡くなられたのが実に惜しい。

MUGENにおけるタンタン

  • Prof. Mugen氏&WlanmaniaX氏製作
Win時代にSmeagol14氏の製作したキャラが存在したが、制作途中で氏が引退したため完成することは無かった。
しかし、2015年にProf. Mugen氏とWlanmaniaX氏が上記のキャラをベースに、1.0専用のキャラを完成させた。
あくまでも、Smeagol14氏のキャラをベースにしたというだけで、スプライトをSNES(海外版SFC)ソフトのものに差し替えるなど、新規に作られている。
キャラとしてはモーションが少なくコンボも繋げにくいが、接近戦では相手を空中にかち上げる対空攻撃、
遠距離では拳銃による攻撃が強力な、波動昇龍タイプ。
足下にはスノーウィが常に同伴するが、攻撃能力は無い。代わりに、屈強な男性を呼び出すストライカー攻撃がある。
超必殺技では銃弾を雨あられのように浴びせてくる。
非常に簡易的ではあるが、AIも搭載されているようだ。射撃系の技が多いためタッグを組めば働いてくれるかもしれない。

  • Hannah Montana氏製作
2016年に公開された新たなタンタン。ポトレは3D実写映画の画像を使用している。
上記のProf. Mugen氏とWlanmaniaX氏のものと同じくSNESソフトのスプライトを使用しているが、いささかサイズが小さい
通常技はリーチも短く貧弱。だがスノーウィを突撃させたり 地面を泳いだり 画面手前や奥に移動しつつ体当たりをかましたり、
竜巻旋風脚のような打撃技を繰り出したりと、数々のトリッキーかつシュールな必殺技を繰り出す。
条件付きながら一撃必殺技(というよりこちらに近い)も持っているが、 「大コンドルを召喚し相手を滝壺に叩き込む」 というものでこれまたシュールである。
拳銃で攻撃する事も出来るが、これが射程無限・弾速が速い・削り効果ありと地味に鬼性能。
幸いゲージを少量消費するため乱発は出来ない…と思いきや、実はAI操作の某和尚のごとくノーゲージでも使用可能(一応ゲージが溜まっていれば消費はする)。
AIも搭載されてはいるが、簡易的なものであり強くはない。

ちなみに公開場所ではMUGEN1.0対応とされているが、これは「1.0でも動きますよ」的な意味合いであり、Win版でも正常に動作する。

出場大会

  • 「[大会] [タンタン]」をタグに含むページは1つもありません。





添付ファイル