リザードン


分類:かえんポケモン
タイプ:ほのお / ひこう
高さ:1.7m
重さ:90.5kg
特性:もうか(HPが1/3以下のときに炎技の威力が1.5倍になる)
   サンパワー(晴れのときに特攻が1.5倍になるが、ターン終了時にHPが1/8減少する)


任天堂のRPG『ポケットモンスター』に登場するキャラクター。
初代から登場している最古参の1匹で、赤・ファイアレッドのパッケージを飾っているため、知名度も高い。

原作ゲーム、アニメなどにおけるリザードン

第1世代でオーキド博士から貰える3匹・通称『御三家』の1体であるヒトカゲの最終進化形態。
+御三家とは
ポケットモンスターの作品を始めた際に、ポケモン博士から最初に貰える3体の通称。
一部例外はあるが、基本的に各世代に炎・水・草タイプがそれぞれ1体ずつ存在し、
プレイヤーはそのうち1匹を選んで、旅に出発するというのが通例となっている。

伝説のポケモンと同じく、登場する世代の顔を担うポケモンであるためおおむね人気が高い。
各種類によって癖はあるが、総じて平均水準以上のスペックを持ち、ストーリー攻略はもちろん、
対人戦においても非常に高い頻度で見かけることになる。


平均以上の攻撃を持つ他、特攻と素早さに秀でたアタッカー気質のポケモン。
しかし、こいつの真価は能力値ではなく、御三家有数の技の多さにある。
メインウェポンだけでも、安定して放てる「かえんほうしゃ」、「だいもんじ」、広範囲技の「ねっぷう」から、
特攻2段階下げの高火力技「オーバーヒート」、3割の確率で怯ませる「エアスラッシュ」、物理技の「フレアドライブ」、同じく物理技「フリーフォール」がある。
サブウェポンも特殊技は「にほんばれ」と相性の良い「ソーラービーム」や鋼・フェアリー以外に等倍の「りゅうのはどう」が強力で、
物理技に至っては「かみなりパンチ」、「ドラゴンクロー」、「じしん」、「いわなだれ」、「アイアンテール」など、幅広く揃っている。
さらに補助技も、体力を代償に攻撃を高める「はらだいこ」や、攻撃・素早さを上昇させる「りゅうのまい」などの積み技、
相手の攻撃力を下げる『やけど』状態にする「おにび」や、体力を回復しつつタイプを変化させて相手を撹乱する「はねやすめ」などの汎用性の高い技を持つ。
技の構成と育て方次第で物理アタッカーにも特殊アタッカーにも転び、さらに「オーバーヒート」と物理技を組み合わせた両刀も可能な、
高いポテンシャルを秘めたポケモンである。

2つの特性はどちらも、体力を対価にして自分の火力を高めるものである。
『もうか』の場合は「みがわり」、『サンパワー』の場合は「にほんばれ」があると、特性の効力を扱いやすい。

御三家の一角ではあったが、第1世代では最初にジムが岩・水と炎に強い連中が続く上に、
メインウェポンたる「かえんほうしゃ」を覚えるのがかなり後半になるなど、御三家屈指のハズレポケモンだった。
というか、この時代は炎タイプ自体がハズレだった。唯一王とか。
具体的に言うと、本来なら期待される氷タイプへのストッパー能力が、 氷耐性を持たない せいで高性能な吹雪で無理矢理落とされて果たせないとか、
そもそも氷タイプで炎を弱点としているのがフリーザーとルージュラしかいないとか、
他に弱点突ける相手である草や虫が対戦で使われることが、 皆無 に近かったことなどが不遇の要因。
ちなみに初代の炎タイプでは数少ない複合タイプ(こいつとファイヤー以外他は全て単色)だが、精々地面技をすり抜けられる程度で、むしろ電気や氷で致命傷を受けるのでほとんど役に立っていなかった。
なお、飛行技はピカチュウ版で空を飛ぶを使えるようになるまで一つも覚えなかった。
しかしながら、第4世代で技が物理と特殊に分離されたことに加えて
「オーバーヒート」、「フレアドライブ」などの技の充実化などによって徐々に評価を上げていったポケモンでもある。

+第6世代
第6世代では、何とメガシンカを2種類も獲得した。

  • メガリザードンY
最初に発表されたメガシンカ体で、従来のリザードンをよりシャープなフォルムにしたような外見。
攻撃・特防がやや上昇、特攻が大きく上昇し、特性が『ひでり』に変化する。
そのおかげで、タイムラグ無しで「にほんばれ」の恩恵を受ける事ができる。
基本スペックの高さに加えて、炎技の強化、「ソーラービーム」の速打ち、水タイプ技のダメージ軽減という
強力な補正をタイムラグ無しで受けれるのは大きな強みであり、シングルはもちろん、
ダブルやトリパでも大いに活躍できる。

欠点としては、特性の性質上、プレイヤーは大抵『ひでり』状態で戦う事を前提として調整するため、
天候を変えられると著しく弱体化してしまうことである。
攻撃も上昇しているが、特攻の高さ故に物理技はせいぜい素早さを上昇させる「ニトロチャージ」が採用されるくらい。


  • メガリザードンX
Yに遅れて発表されたメガシンカ体。
黒を基調としたカラーリングや口から漏れる青い炎はインパクト大。
攻撃・防御・特攻が上昇し、タイプが「ほのお」・「ドラゴン」の複合タイプに変化する。
特攻に秀でているYと異なり、物理も特殊もこなせる万能型だが、物理攻撃の威力を上昇させる特性「かたいツメ」のおかげで
どちらかといえば物理型で採用される事が多い。
一方、前述の高威力だが使用後に特攻が2段階下がる「オーバーヒート」を搭載し、他を物理で固めた二刀流も素のリザードン以上に使いこなせる。
タイプ一致技をほとんどのポケモンに対して等倍以上で通すことが可能な攻撃範囲も魅力。
「りゅうせいぐん」でも覚えればより脅威と化しただろうが、後天的にドラゴンになるこいつは覚えることはできない。残念。


実は従来のポケモンと異なり、テレビ東京開局50周年特別企画の単発アニメ『ポケットモンスター THE ORIGIN』の劇中で
始めてその存在が公表されるという手法がとられたポケモンである。
この作品はXYの発売間近に放映された作品であり、まだメガリザードンが2種類いる事を知らない視聴者は、
「どうせ販促でメガシンカ見せるんだろ(笑)」と前々から予想しており、実際その通りになったのだが、
メガシンカしたリザードンは事前に発表された姿(Yの方)とは似ても似つかぬ黒い姿であったため、多くの視聴者の度肝を抜いた。
本作は、初代赤・緑を忠実に再現するコンセプトだったため、新要素であるメガシンカを出すのには少なからず抵抗の声があったのだが、
「未発表のメガシンカをサプライズ的に出す」という斜め上の発想で、多くのファンから好意的に受け止められた。


+メディアミックス
アニメ版ではサトシがゲットしたヒトカゲがリザードを経て進化した。
CVはヒトカゲ時代から一貫して三木眞一郎氏で、ロケット団員のコジロウやその他様々なポケモンとも兼役である。
リザードになってからはサトシのトレーナーとしてのレベルの低さ故に指示に従わなくなっており、リザードンになってもそのままだった。
初代ではそれが致命的な欠点となってしまい、サトシの初めてのポケモンリーグでは、
リザードンが最後の一匹のピカチュウ相手にやる気を出さずその場で居眠りして試合放棄、そのままリーグ敗退という最悪の結果を残している。
(アニメを元にした漫画『電撃!ピカチュウ』では展開が大きく変更され、サトシの言うことを聞かなくなった結果、
相手のリザードンを殺しかけ、間が悪い事に機械の故障で相手がリザードンをボールに戻せなくなったため、サトシがリザードンをボールに戻し棄権する流れになった。)
だがあるトレーナーとの対戦中に「れいとうビーム」を受けて凍りづけになってしまい、
サトシがそれを一生懸命介抱したことで改心し、以後は命令を無視することはなくなった。
金銀編にてリザードン達の修行場に残ることになったため、一旦別れるが
ジョウトリーグなどといった大事な局面では呼び戻されたりもしており、サトシの切り札的存在として扱われる事が多い。
また、ベストウィッシュのシーズン2でレギュラーとして復帰。アイリスのカイリューとは激しいバトルを繰り広げた末に友情で結ばれている。

本編以外ではXY編の外伝『最強メガシンカ』シリーズの主人公アランのパートナーでもあり、メガリザードンXへとメガシンカする。
こちらのCVは佐藤健輔氏。

漫画『ポケットモンスターSPECIAL』ではグリーンの手持ちとして登場。
しかし、出番の多さとは裏腹に、レッドに貸し与えられたり、他のメンバーがリザードン以上に見せ場があったりするため、微妙に不遇……。


+アネ゙デパミ゙について
バグだらけであることで有名な初代ポケモンで、バグ技を使うと高確率で出現するポケモン。
「けつばん」などと同類の存在だが、基本画像がバグっているけつばんと異なり、キッチリリザードンの画像で表示される。
ただし、通常のリザードンと異なり若干体色が濃い(というか黒っぽい)。
覚える技は「わざマシン」をそのまま使ったり奇天烈だが、まともな技も多少使える(オーロラビームやかみなりパンチなどリザードンがどう考えても覚えないものばかりだが)。
基本的に単なるバグで生まれた存在なので公式には一切認められていない(「けつばん」同様ポケモンのデータテーブルの空きをバグを利用して強引にポケモンとして読み込んでいるだけなので当然ではある)が、
色違いリザードンが黒だったり、前述のメガリザードンYの登場など「黒いリザードン」自体は割とメジャーである。
これについては公式がネタにしているのでは?とも言われるが詳細は不明。


+『ポッ拳』におけるリザードン

『ポッ拳』におけるリザードン

初の公式ポケモン格ゲー『ポッ拳』にも登場。

なんといっても特徴なのは参戦ポケモン中唯一飛行可能という点。これは特定コマンドや該当する技をキャンセルすることで対空状態で留まれるというもの。
また、その状態から使える技はどれも長押しすることで飛行状態に戻れるため、移動力は高い。
地上を歩くと遅いので、飛行状態を維持したまま間合い管理したいところ。飛行中は当然ガードできないのでいつ構えに移動するかが運用面で重要になるだろう。

  • フィールドフェイズ
非常に回避し辛く、確実にガードを強要できる溜めジャンプシュートが強力・・・だが、ぶっちゃけそれ以外に見どころがない。
このフェイズでは鈍重なキャラ以外の何物でもないので、フェイズチェンジ技を当てて早めに真価を発揮できるデュエルフェイズに移行したい。

  • デュエルフェイズ
「機動力のあるパワーキャラ」の本領発揮。
元より炎やしっぽのおかげでかなりのリーチがあり、突進するブロック攻撃ほのおのパンチや多段の突進技フレアドライブの存在もあり中距離からでも十分な圧がある。
そして寄れればフェイズチェンジしないので攻め継続になる凶悪な移動投げのちきゅうなげが択に入ってくる。
本作では共通システムでない技として投げ属性をもつ技(他にピカチュウのほっぺすりすりやカイリキーの空中投げなど)はコンボにも使え、地上、空中を問わず当たってしまう。
投げ範囲の広いちきゅうなげは生でパナす他にも壁でのコンボパーツとして大変使いやすい性能となっているのだ。

共鳴バースト時の強化形態はアニメ、スマブラforに引き続きメガリザードンXが選択された。Yの存在とはいったい・・・
ともかく、共鳴中は2段ジャンプが可能になり高空での飛行が可能。
そして何より強力なのがバーストアタックの「煉獄ブレイズ」。発動後空中に移動し初弾でロック、その後全力で炎のブレスを吐きかける。
範囲がリザードンの前方ほぼ全てでありちきゅうなげからつながってしまうため、打撃やBAとちきゅうなげの2択からコンボの締めにちきゅうなげ→BAを使うことでいずれの択からでもおよそ5割のダメージを奪うことができる。
足元に潜られていると当たらないという弱点こそあるものの、トップクラスに凶悪なBAであることに変わりはない。強烈なプレッシャーを盾にガンガン崩していきたい。



大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるリザードン


初代から何らかの形で登場し続けており、ある意味皆勤賞。

初代・DXではアイテムのモンスターボールから出てくるポケモンの一匹で、
「かえんほうしゃ」で左右に炎を吐き散らして攻撃するほか、本体にも攻撃判定があり、それなりに吹っ飛ぶ。

『X』ではついに操作可能なキャラとなり、ポケモントレーナーの手持ちとしてゼニガメ・フシギソウと共に初代御三家揃って参戦。
CVはアニメ版と同じく三木眞一郎氏が担当。
重量級パワータイプとなっており、ダメージやふっ飛ばし力に優れる技が多い。
また、空中ジャンプが2回まで可能だったり背中の翼で滑空ができるので重量級にしてはなかなかの復帰力がある。
とはいえ基本的にはそこまで素早く動けるわけではなく、技のスキも大きめなので過信は禁物。

『for3DS/WiiU』ではキャラチェンジ要素のオミットを受けてリザードン単独での参戦となった。
滑空ができなくなったので(他のキャラも同様)、ますます空中での機動性が下がってしまっている。ひこうタイプはどこいった
新たな必殺ワザとしてフレアドライブが追加されたり、一部の通常攻撃もモーションや性能が変化している。

他のパワー型キャラの例にもれず、攻撃の喰らいやすさやスキの大きさが目立つ故アイテム無しタイマン基準でのランクは低め。
その代わり、乱闘では混み入っているところにいわくだきのアーマーで割り込んだり、フレアドライブで突っ込むなりとパワーを遺憾なく発揮した戦い方ができる。

+各種必殺ワザ(以降「B」と表記)
各種必殺ワザ(以降「B」と表記)
  • かえんほうしゃ(NB)
口から炎を吐いて攻撃。
クッパのNBとよく似た性質を持ち、方向を変えられたり、吐き続けていると火力が弱まりリーチが短くなるのも同じ。
牽制や崖際攻防の一手に使えるほか、乱闘ではまとまっているライバルたちに浴びせるのも有効。

  • そらをとぶ(上B)
きりもみ回転しながら上昇。多段ヒットワザで最後の一発にはふっ飛ばし力がある。
出始めの瞬間に左右に入力することで、多少その方向に動くことができる。
復帰技としてはもちろん、ガーキャンからの反撃としても有効。
『X』では上昇後に滑空に移行する。

  • いわくだき(『X』では横B、『for』では下B)
大きな岩をどこからか持ち出し、頭突きで破壊する。
壊された瞬間の岩と、壊された岩の破片に攻撃判定がある。
隙は大きいが相手のダメージが低い場合は破片が連続ヒットし、壊された瞬間の判定とあわさってかなりの%を稼げたりする。
ことに図体が大きくハイパーアーマー搭載のボス(ポーキーなど)にこれを当てると、ほぼ全弾がヒットしてしまうのか、ごっそり体力が減る。
また、動作中にはスーパーアーマーが存在するのでこれで相手のワザを受けて返り討ちにすることも可能。
%のたまった相手ならそのままバーストさせてやった、なんてことも。
『for』では下Bに変更され、着地狩り狩りに使われるようになった。

  • フレアドライブ(『for』での横B)
前作のいわくだきが下Bに移動したため新たに追加されたワザ。
キュピーン!と響く音を出して一拍置き、炎をまといきりもみ回転しながら真横に突進。原作同様、使うと自分もダメージを受ける。
ダメージもふっ飛ばし力も申し分ないが、相手にぶつかると反動でひっくり返ってダウン、受け身も取れないためガードされると確実に手痛い反撃を食らうので乱用は禁物。
突進中は軽いアーマーが付いているため弱めの飛び道具なら貫通して攻撃できることもある。
また、移動距離がかなり長いため横方向への復帰ワザとしても使えなくはない。
前述の特性から乱闘では多用されがちで、リザードンが二人以上いるとキュピーンキュピーンと騒がしい乱闘になることも。

一定期間メガリザードンXになり、自由に飛び回れる。
この間はボタンにより「ドラゴンダイブ」と「だいもんじ」の2種類のワザを使用可能。
前者はスティックを倒している方向に突進攻撃をし、後者はライバルに当たると大の字に広がる(判定有り)
ヨッシーの切り札を思わせるが、こちらは本体には攻撃判定がない。



MUGENにおけるリザードン

以前からwip版のものは何体か作られていたが、Gladiacloud氏によって完成まで辿りついたキャラが2015年3月に公開された。
以下はGladiacloud氏版の性能について述べる。
MUGEN1.0専用なので注意。新MUGEN専用で動きもいい割には、容量は小さ目で気軽に導入しやすい。
また名前はリザードンの海外名の『charizard』なので探す時には注意。
技やモーションは「スマブラ3DS/WiiU」のものを参考に製作されている。
ただし技のモーションは類似していても、性能や性質はスマブラとは別物になっている技も多いのが特徴。
スマブラのモーションを参考にしつつ、独自にアレンジされて格闘ゲーム仕様になったキャラと言える。

「つばさでうつ」や「だいもんじ」などの遠くまで届く攻撃と、対空技の「そらをとぶ」、近距離攻撃の「いわくだき」など、
バランス良く技を揃えてあるオールラウンダーなタイプ。
一方で機動力が遅く、ダッシュは微妙に隙ができるため乱発できないため、自分から相手に近づくのは得策ではない。
また、身長は普通だが首と頭が前まで突き出しており、そこにも喰らい判定がある。
そのため遠くの相手の攻撃が当たってしまう事も多く、攻撃を受けやすいのも欠点か。
後述するようにリーチの長い技が多いので、それを活用してカバーしたい。

攻撃は弱中強の3ボタン式で、弱→中→強の順に出せば攻撃がつながる。
炎をまとった尻尾を振り回して攻撃する「ほのおのしっぽ」はしゃがみ中攻撃になっており、前進することもあってリーチが長い。
頭突き攻撃はしゃがみ強攻撃で、移動するため発生が速めな割にリーチが長く強力。また相手に密着された時に使っても相手に当たる。
このようにしゃがみ攻撃に下段かつリーチの長い技が揃っているので、うまく活用して喰らい判定の大きさをカバーしたい。

コマンド技の火炎放射や上方向に上昇する「そらをとぶ」も比較的リーチが長い。
他にも急降下しての踏みつけや踏みつけで砂煙を起こす技などパワフルなモーションの技が搭載されている。

「いわくだき」は岩を取り出した時点で岩に攻撃判定が発生し、他の技に比べて発生が速い技になっている。
特にアーマーや無敵は無いので発生の速さを活かして使うとよいだろう。
スマブラでの「いわくだき」は攻撃判定の発生は遅いが、岩が盾になりアーマーも付く攻防一体の技なので、
このGladiacloud氏版の「いわくだき」はスマブラとは全く別の性質の技になっている。
「いわくだき」を使う時にはスマブラとは別の感覚で運用していきたい。

ゲージ技は派手で強力なものがそろっている。
「だいもんじ」は火球を飛ばす飛び道具で相手に当たると大の字に炎が広がる。
「フレアドライブ」は炎を纏って突進する技で、無敵があるので使いやすい。
他のゲージ技としては踏みつけて広範囲の地上を攻撃する地震攻撃が搭載されている。

全体的には大きな体がグリグリとダイナミックに動いてくれるので見栄えのいいキャラに仕上がっている。
デフォルトのAIは搭載されていないが、人操作での活躍に期待したい。




出場大会

  • 「[大会] [リザードン]」をタグに含むページは1つもありません。