アース


「貴様がロックマンか!私の名前はアース!!
   貴様の力、見せてもらうぞ!!」

CAPCOMのアクションゲーム『ロックマンワールド』シリーズの最後の作品である『ロックマンワールド5』に登場するキャラクター。
スペジェネの天使でもマグマ大使の創造主でもない。

原作でのキャラクター

スペースルーラーズのリーダーであり、オープニングでロックマンのロックバスターを全て弾き返し完勝。
その後も、イベントシーンで度々登場するなど、劇中の随所で顔を見せている今作におけるロックマンのライバル的キャラ。
8大ボスを全て倒した後で戦闘に入るため、ワールドシリーズのロックマンキラーに相当するポジションとよく言われる。
潔癖症で自分以外のロボットは汚いと考えているため、常にテレポートで敵から離れて攻撃する。派手な髪型が自慢で、髪形を崩す帽子を嫌っている。
敵には容赦ないが、ダークムーンを差しむけるときにロックマンに「仲間の敵は倍にしてとらせてもらう!!」と豪語するなど、仲間思いな部分を見せている

+敵勢力「スペースルーラーズ」
敵勢力「スペースルーラーズ」

突如地球を襲い始めた地球外文明製のロボット。ワールドシリーズでは唯一のナンバリング作品に由来しないオリジナルの組織である。
所属しているボスも全員が太陽系の星に由来した名前であり、「名前が~~マン」というシリーズのお約束に当てはまらず、異彩を放っている。
また、アースとは英語で地球のことで、水色と緑を基調としたカラーリングも宇宙から見た地球を思わせる。ちなみに「ガイア」はギリシャ語。
星の名前が由来という点は某美少女戦士と共通するが、
スペースルーラーズと違って彼女達には地球と太陽が由来の戦士がいないため、当時は「アースってなんの星だ?」と気になった子供も多かった。

元々は彼らのプロトタイプであるサンゴッドとともに封印されていたのを、Dr.ワイリーが発見し、復活させたものである。
各ロボットが、ロックバスターをも跳ね返す地球外物質の合金で作られているため、ロックマンはこいつらを物理的にブン殴ってダメージを与える
「ロックンアーム」で戦うことを強いられた(もちろん、ゲーム的にバスター無効は厳しいからか、バスターは効くように設定されている。)

また、ゲームでもいきなり8大ボスの全てと戦うことはできず、まず地球侵略前線隊を率いるマーキュリー、ビーナス、マース、ネプチューンを倒した後で、
舞台が宇宙に移り、各惑星に侵略基地を構えていたジュピター、サターン、プルート、ウラノスと戦える仕様になっている。
(後の『7』も二部構成になっている)

出自からして従来のナンバリングタイトルの8大ボスとは完全に異質な存在であり、「バスターが効かない」という裏設定などからも、
ファンの間ではロックマンの敵の中でも、デルザー軍団的な強豪勢力と見なされることが多い。
有賀ヒトシ氏の「ギガミックス」では、まさにこの認識通りの別次元の強さを誇る敵として、
宇宙と言う共通項のある デューオ 『3』の設定も絡めて壮大なスケールで描かれている。
『6』のロボット達が手も足も出なかった反面、マーキュリーが再生する暇もない速さで切り刻まれるなど、
設定上は圧倒的な性能差を持っていても相性次第で完封されるのはロックマンシリーズのお約束。

原作中の性能

テレポートで距離を取りながら、ロックマンの動きを止める光線と、追尾レーザー「スパークチェイサー」で攻撃してくる。
この「スパークチェイサー」が非常に曲者であり、球のような待機状態とレーザー状態を繰り返しながら徐々にロックマンを追いかけてくる。
待機状態でも当たり判定があるため、プレイヤーは常にアース本体とこのスパークチェイサーに気を配る必要がある。

+…のだが
…のだが

上記にも書かれている通り、オープニングでアースはロックバスターを全て弾き返しロックマンに完勝しているのだが、
ゲーム中での再戦時においては普通にロックバスターでダメージを与えられる。
しかも、弱点となる「ディープディガー」の発動条件となる岩が地面に敷き詰められているため、
初見で攻略法が容易に看破できてしまう。
慣れてしまうと、この再戦において実はその場から動かずにロックバスターを連射しているだけで倒せたりしてしまう。

これが分かるとロックマンシリーズ全体を通じても屈指の弱さに成り下がってしまう。ありえん(泣)

入手できる特殊武器「スパークチェイサー」は5回屈折しながら敵をホーミングする高性能な代物。
少々燃費が悪いという難点を除けば、同作の特殊武器の中でも際立って使い勝手が良い。


MUGENにおけるアース

SpaceMouse氏の製作したキャラが公開中。MUGEN1.0専用。
スプライトはワールド5のものがそのまま使用されている。
主な攻撃は「スパークチェイサー」だが、いくらなんでもそれだけでは格ゲーできないため、
ワールド5に登場する雑魚キャラ達を次々と呼び出して戦う人間弾幕ならぬロボット弾幕的なキャラに仕上がっている。
ブロッキングも使用可能だが、GBのドットなので光景が凄く…シュールです
必殺技では仲間のスペースルーラーズを呼び出してくる
AIも搭載されている。

出場大会

  • 「[大会] [アース]」をタグに含むページは1つもありません。


添付ファイル