ルーファス


プロフィール

ファイティングスタイル:(勘違い)空手
誕生日:7月30日
代表国/出身地:アメリカ
身長:195cm
体重:185kg
3サイズ:B180/W250/H215
血液型:O型
好きなもの:バイク、彼女
嫌いなもの:目立つヤツ
特技:カラオケ
キャッチコピー:巨漢舞う(SFⅣ)、躍動するヘビーボディ(ストクロ)
声:羽多野渉

「アイアム俺様!全米ナンバー・ワン!」

STREET FIGHTER Ⅳでのルーファス

ストリートファイターⅣ』で追加された新キャラクター4人の内の一人
キャラクターのコンセプトは『宙を舞う巨漢』。
『ヴァルキリープロファイル2シルメリア』の序盤で仲間になるヘタレハーフアーチャーではない。また神羅カンパニーとも関係ない。

「全米最強」を自称するアメリカ人格闘家。
かつて行われた中西部格闘大会や北米格闘大会での優勝経験を持つ実力者であるが、
ケン・マスターズがその上を行く「全米格闘王」の異名を持つゆえに一方的に彼をライバル視しており、
執拗にケンを追い回している。さらに自分に降りかかった災難など、全く関係ないことでもケンのせいにするケンもいい迷惑である
早とちりが多く、ケンと間違えてまったくの他人を倒してしまうこともしばしば。(相手がキャキャラの場合。バルログキングもケンの変装だと思い込んでいるが、何故か同キャラと豪鬼は含まれない)
しかし、ケン本人に会っても影武者呼ばわりする。この調子では本懐を遂げるのは無理そうである

ざまあ見ろ!オマエもこれで思い知っただろう、ケン・マスター…って
オマエ本当にケン・マスターズか?また影武者なんじゃねえか?いやい
やオレの目はごまかせねえぜ!よく見りゃ眉毛が黒いもんな!この偽…

上記の通り、非常にお喋りで、相手の話を聞かずに一方的に喋り続けてしまうこともしばしばあり、(しかも遮られることを極端に嫌う。)
無駄話や回りくどい言い回しが多く、あまりの話の長さ故に勝利メッセージウィンドウに入りきらない。
(そしてよーく見ると色々な設定に突っ込みを入れていたりもする)
さらにダルシム宇宙人呼ばわりし、これには温厚なダルシムも キレた
スパⅣのオープニングムービーでも全キャラ中最長のムービーをしゃべりだけで埋め尽くしていた。

こんな彼だがキャンディという彼女がいる。おのれ。しかも美人。おのれ。
見かけによらずよく食べ、たまに振り回されつつも楽しくやっている模様。

プロフィールデータでは自身の格闘スタイルはクンフーではなく「(勘違い)空手」と表記されているが、
これはルーファス自身が空手とクンフーを区別していないことが理由として挙げられている。
また、元となったクンフーもルーファスが自己流にアレンジしていっているため、
厳密に言えば「クンフーとも空手とも違う、ルーファス独自の格闘スタイル」(我流)ということになっている。
なお特殊技にはユンと共通する技がやけに多く、『Ⅲ』での使い手の受け入れ口になっている部分がなくもなかった(現在は彼も参戦したが…)。

当時『鉄拳』にボブといういわゆる「動けるデブ」のキャラが登場した矢先であり、そういった点でも注目を浴びたキャラである。
『ストクロ』ではご期待通りボブと密接に絡んでいくことになった(例によって「ケンが太った」と勘違いしてたが)。
そのストクロでの設定はと言うと、格闘大会に優勝したものの南極に落ちた「箱」の方が大きく取り上げられてしまい、
全然目立てなかった事に腹を立てていた所にザンギエフと出会い南極に向かう、と言った流れになっている。
+ その結果

ちなみにこの体型だが、 意図しての事 である。
狂オシキ鬼に勝利した際には カロリー消費で痩せる事を危惧していた
前述したボブも肉体改造の結果太った設定、かつ痩せる事を危惧している、など共通点が見受けられるがこれが意図してのものかは不明。

しかし当初は「 スリムな黒人 」とまったく正反対のビジュアルであったという。
声優の羽多野渉氏へのオファーもこの時点であったらしいが、よく見事に演じきったものである。

原作性能

キャッチコピーの通り見た目に反した機動力と見た目通りの高い火力が武器。
『デカくて強くて速いこと。これさえ揃えば負けはない』

特に、急降下する特殊技「ファルコーンキック」(空中で斜め下+中キック) ファルコンキックではない を低空で出すことで
相手の投げを潰しつつフルコンボを叩き込めるのが強み。

弱点は、牽制に使える技のリーチが短いので波動昇龍に徹する相手が苦手なこと。
また、切り替えし技はEX救世主キックが高性能で強いが、それ以外での安定した切り替えしが厳しい為、
ノーゲージの時に攻め込まれると辛いことが挙げられる。

ウルトラコンボは割り込み・対空・コンボと安定した運用が可能な「スペースオペラシンフォニー」と、
飛び道具に無敵となりつつ前進する「ビックバンタイフーン」の2種。
安定は前者だが、後者もルーファスの苦手な飛び道具への強力な切り替えし手段になる為、使い勝手自体は悪くない。

ちなみに「ビックバンタイフーン」は高速で回転しながら突きや張り手を連打する突進技だが、 何故か首はずっとこっちを向いたままである
…実はKO時に完全に時間停止しない『3Dエディション』だと体の動きに合わせ一瞬で頭を回しているのが見て取れる。
ナポレオンズのあったまぐるぐるみたいな感じ スケート選手が回転する際には同じ方向を見続け、一瞬で顔を回転させるのと同じ事だろう。


MUGENにおけるルーファス

Mr.I氏の製作したルーファスが公開中。MUGEN1.0専用。
同氏のセスと同じく、原作ストⅣを1フレーム1フレーム撮影して切り抜いた
いわゆる「根性キャプチャー」によるルーファス。
そのため、3D画像となっており、非常に重い。

システムは『スパⅣ』準拠の原作再現キャラ。
必殺技等の構成も原作通りである為、原作と同じく飛び道具に徹されると非常に辛い。
また『ウルⅣ』のウルトラコンボダブルも搭載されており、ウルトラコンボ両方を同時に使うことも可能。
(原作通り威力は落ちる)
最新版ではレッドセービングアタックも搭載された。

デフォルトAIは無いが、悠季氏により外部AIが2015年5月に公開された。
およそ並~強程度との事。

出場大会

  • 「[大会] [ルーファス]」をタグに含むページは1つもありません。

「クンフーは一日にしてならず!」