生化男


中国製実写格闘ツクールゲーム「東東不死伝説」(Dong Dong Never Die)のラスボス
ピンイン表記は「Sheng Hua Nan」。あえて読むなら「シェンファナン」か。

東東不死伝説は、中国の各省(県のようなもの)ごとの代表格闘家が集まって戦うという設定。
生化男は甘粛省の代表キャラである。

2009年世界は核の炎に包まれた後、人類を支配するコンピュータ・天網。
2029年にそれを倒すことになる主人公、東東を倒すために2009年に送り込まれた天網のロボット。
詳しい内容は東東の項目を参照の事。
設定が完全にターミネーターだが、別の「終結者」というキャラが東東サイドに立っているため
ポジション的には『2』のT-1000っぽい。

原作中の性能

イロモノずくしの作品のラスボスだけあり、水色のつなぎにガスマスク着用のあやしい外見。
というか、ニュートラルポーズがどう見ても片手で股間をまさぐっている様にしか見えない。
中ボスの暴走東東同様初期ゲージ量体力共に高いが、CPUのアルゴリズムは弱く、遠距離で超必の乱舞技を使うなどラスボスとしては今一つ。むしろ中ボスの暴走東東の方が鬼門である。
性能としてはハンドガンやマシンガンを用いた飛び道具(ただし攻撃位置が高く一部キャラには立ちにすら当たらない・超必版は弾がばらける上にスキが大きいので空中コンボ用)や警棒連打の乱舞超必があるが、特筆すべきは下記の2つの技だろう。
ヨ堂腿:真空片手駒っぽい技で、連打が効くため最終段前にキャンセルし続けるとノーゲージで四割くらい減り、削り量も多い。
復活:2ゲージ消費の体力回復技で、回復完了まで無敵。(押し合い判定もない)終わり際に硬直があるものの六割くらいは回復出来る。
…モーションがつなぎの前をはだけて悶えまくるという色んな意味で嫌すぎる動作なのが難点だが。というか最早その筋の人にしか見えない。

やっとの思いで生化男を倒すとどこからともなく東東(東東、暴走東東使用時は終結者)が駆けつけ、何事もなかったかのように生化男が復活。
核ミサイルが発射されようとする中生化男との最終決戦が始まる。
二段構えのラスボス戦とか卑怯にも程がある。それでも『超鋼戦紀キカイオー』のゴルディバスよりはマシだが……

なお、生化男を使用した場合は東東が中ボス、暴走東東がラスボスとなり、EDも核ミサイル着弾の専用の物となる。
さらにスタッフロール後エキストラステージとしてプレイヤーキャラが集団で襲い掛かってくる無理ゲーが勃発する。倒すと…


MUGENにおける生化男

東東・暴走東東・GOUKIを製作したxiami氏によるものが存在。原作のグラフィックを使用している。
体力が1600とかなり固く、初期ゲージ量が 4 と多い。
AIも搭載されており、初期ゲージ量を活かした2ゲージコンボで体力をごっそり奪っていく。
一部飛び道具が背の低い相手には当たらないという原作通りの弱点があるものの、高速の回り込みや、上述の警棒連打の乱舞超必にヨ堂腿がとても強力。
暴走東東には劣るもののかなり強く、迂闊に仕掛けようものなら警棒でタコ殴りにされた挙句に蜂の巣にされてしまう事だろう。

出場大会


プレイヤー操作