ウィラード・H・ライト





「理解しようとするな。頭痛にならァ」

07th Expansion制作の同人ゲーム『うみねこの く頃に』の登場人物。
EP6で役目を終え、舞台から降りた右代宮戦人に代わりEP7の主人公となる。
名前の由来は古典ミステリー小説界での「ヴァン・ダインの二十則」の作者、ウィラード・ハンティトン・ライト。
戦人や一部の人物からは「 ウィル 」という愛称で呼ばれている。
所属組織のSSVDとは、彼のペンネーム「S・S・ヴァン(Van)・ダイン(Dain)」に由来する。
担当声優は『ストIV』でリュウを演じる高橋広樹氏。

天界に拠点を置く赦執行機関“SSVD”所属の主席異端審問官。
“二十の楔のライト”、“魔術師狩りのライト”の二つ名を持つ。
かつては冷酷無慈悲な仕事ぶりを発揮していたが、いつの頃からか気紛れかつ無気力になり、ついには辞表を提出するに至った。
辞表は受理され、退職の日を待つばかりの中、魔女ベルンカステルに呼び出される。
かくして彼は、ゲームの探偵役として六軒島とベアトリーチェの謎に関わる事となった。

性格は雑で口も悪いが、一方で人情を大切にする人情家でもある。
異端審問を行う上で、「ホワイダニット」こと動機を最も重視している。
これは「人間の心が関わらない事件など存在しない」という持論によるもの。
「ハウダニット」ことトリックや「フーダニット」こと犯人を重視する異端審問官が多い中では異例である。

ちなみに、髪の赤い部分は髪留めではなく、赤い髪である。
発売前に「イトミミズ」というあだ名がつけられた事も・・・。

『黄金夢想曲』における性能

格闘ゲーム『黄金夢想曲』にはアペンドディスクである『†CROSS』から参戦。
剣を使う戦闘スタイルで長いリーチと火力がウリ。

超必殺技の「灰は灰に返る」が極めて強力。当てれば相手を高く打ち上げ、容易にループコンボに持って行ける上にダウン引き剥がしも出来るので(ゲージさえあれば)投げからも大ダメージコンボに持って行ける。
しかも灰ループコンボ中は黄金夢想曲の仕様では敵はバースト不可な為この点も強い。
おまけに対空としてもトップクラスと至れり尽くせりの、ウィラードの代名詞である。

メタ必殺技の「愛なき幻想を禁ず」は実質コンボでしか使えないが、ダメージが高い上に投げ技と同じくダメージ補正が掛からない、
前述の「灰は灰に返る」との組み合わせで(やはりゲージさえあればだが)数回叩き込める等状況さえ整っていれば相手に致命的なコンボダメージを与えられる。
余談だが、ボイスで「これが最後の刃だ!」と言うクセに何度も使うので「最後の刃(大嘘)」等とネタにされる。

立ち回りでは強い判定と非常に長い仰け反りorガード硬直を与えるJ2Cを押し付けていくスタイルが基本。
一方で他は必殺技共に立ち回りで強い技が少なく、剣を使う技の大半は外した時の隙が極めて大きい、遠距離で何も出来ない等かなり尖った性能をしている。その為行動を読まれ易かったりする。
一度触ると強いがそれまでがツラいタイプ。ただしこのゲームはタッチシステムにより攻撃中に相方と交代出来るので、ある程度相方任せでもなんとかなる。

アビリティは、一部を除いた必殺技を超必殺技以上の攻撃でキャンセル出来る「SPキャンセル」。
超必殺技→メタ必殺技でもキャンセル出来るのでウィル本人としては「灰は灰に返る」→「愛なき幻想を禁ず」での安定した火力アップがメイン。
他キャラでは本来出来ないコンボでの火力アップやガードクラッシュ間近でのラッシュ、隙消し等に使われたりする。
ただしキャンセル出来るのはアビリティ付与1回で1度のみで、1度キャンセルが発動するとアビリティの残り時間に関わらずその時点で効果が終わる。

MUGENにおけるウィラード・H・ライト

ゆ~とはる氏による『黄金夢想曲†CROSS』仕様のものが2014年12月10日に公開された。
氏の黄金夢想曲キャラとしては縁寿譲治に続いて3人目となる。
タッグシステムがストライカーに変更されている事以外はほぼ原作再現。
自身を含む登場キャラの全員がストライカーとして使用可能。

オリジナルの特殊モードとして、「闇ウィラードモード」と「黄金モード」が存在する。
「闇ウィラードモード」は12Pカラーを選択すると発動。
原作のボス版黒き戦人を意識したモードで、ラウンド開始時に自分とパートナーのSPゲージがMAX、かつ全パートナーのアビリティが常に付加される。
「黄金モード」はイントロ中にstartボタンを長押しすると発動。付属のテキストに従って常時起動させることも可能。
SPゲージ、メタゲージ、パートナーSPゲージが常にMAXになり、タッチゲージの回復速度も最速になる。

AIは未搭載だが、縁寿のAIも制作しているたくし上げの人ことyuki氏によるAIパッチが公開されている。AIレベルを5段階で調整可能。
攻撃が刺されば的確にコンボを繋げ、ゲージ技やメタ必殺技を使えば10割も余裕の大ダメージを与えてくる。
黄金夢想曲特有のシステムもフル活用するため、接近戦ではガードタッチによる切り返しも強力。
一方で飛び道具やリーチの長い攻撃で近寄れない、ガードタッチで切り返せない相手は苦手としている。
ランクとしては凶下位クラス。12Pカラーの闇ウィラードモードはエルクゥにはかなり相性が悪く殆ど負けるものの、トータルの戦果では狂下位クラス。
AI紹介動画

+ 大会ネタバレ注意

出場大会


プレイヤー操作


出演ストーリー




添付ファイル