レッドレンジャー

"It's Morphin' Time!!!(訳:よし、変身だ!!)"

アメリカの特撮番組『Mighty Morphin Power Rangers』に登場するヒーロー。
原典は『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のティラノレンジャーである。
パワーソード(龍撃剣)という専用武器を使用する。
専用ゾードはティラノサウルスダイノゾード(守護獣ティラノサウルス)。後に、強化されたレッドドラゴンゾード(龍星王)、
ニンジャーから託されたレッドエイプゾード(ゴッドサルダー)や、レッドショーグンゾード(レッドサルダー)も使う。


当初の変身者は格闘技の達人のジェイソン・リー・スコット。
パワーレンジャーのリーダーとして戦っていたが、後に青少年平和会議のメンバーに選ばれ、グリーンレンジャー=トーマス・オリバーにリーダーの立場を託し、ザック達と共にスイスへと留学した。
その後は、ニンジャ選手権の優勝者であるロッキー・デサントスがレッドレンジャーを引き継ぐ事となった。
リーダーは引き継げなかったが。他にも作中の行動で視聴者からパチ中毒だとかネタにされ易い

ジェイソンは、『パワーレンジャー・ジオ』(超力戦隊オーレンジャー)でも、ゴールドレンジャー(キングレンジャー)としてパワーレンジャーに一時的に復帰している。
その後、『パワーレンジャー・ワイルドフォース』(百獣戦隊ガオレンジャー)の第34話「Forever Red」でも、歴代レッドの一人として登場、
初代レッドレンジャーに変身した。

『パワーレンジャー・スーパーメガフォース』(海賊戦隊ゴーカイジャー)でも、トロイ・バロウという青年が、過去のパワーレンジャー達を模したレジェンダリー・レンジャーキー(レンジャーキー)を使用することで一時的にレッドレンジャーの姿に変身して戦うことがある。

+ パワーレンジャーという作品

+ リブート版


MUGENにおけるレッドレンジャー

Alexei Roschak氏製作

MUGEN1.0用のキャラ。製作期間は2週間らしい。
ちびキャラというほどではないが小柄なため、リーチが短め。
近接攻撃がメインのキャラで、ライジングタックルのような蹴り技も使用できる。
超必殺技は1ゲージ技の剣撃「Super Power Sword」、パワーソードから衝撃波を放つ2ゲージ技「Power Wave Burst」、
相手の上空から雷を落とす3ゲージ技の「Power Bolt」がある。
ゲージ技以外では飛び道具に乏しいため、「Power Wave Burst」と「Power Bolt」に頼ることが多い。

Gary Fisher aka ermac氏製作

SFCのゲーム版『Mighty Morphin Power Rangers』のドットを使用したもの。
「ステルスレンジャー」によって透明になったり、巨大ロボ・メガゾードを呼びだしたりして戦う。


このほか、海外のロダにアームドティラノレンジャーに相当する「red ranger with the power shield」という製作者不明のキャラが存在する。

出場大会