木人





国籍:不明
格闘スタイル:木人拳
年齢:不明
身長:178cm
体重:95kg
血液型:不明
仕事:練習台
趣味:ものまね
好きなもの:ものまね
嫌いなもの:ものまね

「ポコポコ」

キャラクター概要

『鉄拳』シリーズに登場する、樹齢2,000年の樫の木から作られた修行用の人形。
博物館に保存されていたが、闘神が目覚めた年に謎の意志を持って動き始めた。
原動力は格闘家の役に立ちたいという気持ちだったり、危機に瀕した世界を救いたいとの気持ちだったりと、中々に天晴れな漢。
実は嫁(木の種類は違う)と子供が居る所帯持ち。何故かカンガルー(の赤ちゃん)と会話が出来るらしい。

元ネタはジャッキー・チェン主演の映画『少林寺木人拳』に出てきた試練用の木人形。
ナムコの作品でここまで見た目がそのままなキャラも珍しい。
元ネタの方だと繋がれた鎖を使い人力で動かす所謂マリオネット。
大した動きは出来ないが部屋の狭さと数の暴力によりジャッキー演じるイーロンをボコボコにした。
ぶっちゃけ木人は腕を前後に動かすだけであり、ジャッキーの一人芝居にしか見えなかったが。
最終的にこの試練をクリアしたことでイーロンは免許皆伝、両親の敵に戦いを挑む。

似たような存在に金属光沢を放つ『鉄人』、黄金の『金人』がいるが関係性は不明。
『4』では一時休戦しており、代役として李超狼所有の物真似ヒューマノイド『コンボット』が登場している。
コンボットのモチーフはかの「先行者」だとか。
また、『鉄拳タッグトーナメント』では「アンノウン」という同じくランダムに他のキャラクターの性能をコピーするキャラが登場している。
ただし、こちらはれっきとしたラスボスであり、さらに試合中だろうがランダムに性能が変更されるという木人の上位互換的なキャラでもある。
(尤も、木人と違ってジャック系やトゥルーオーガといった大型のキャラクターは真似られない。元が女性キャラだからだろう)

公式でギャグキャラクター扱いを受けており、エンディングもほとんどがネタ系なのだが、
全キャラクターに台詞が用意された『6』の「シナリオキャンペーンモード」では口調も態度もシリアスな性格になっており、
『5』においては切なくもほっこりするエンディングが用意されていたりと、
元々の設定に見合ったキャラクター付けがなされている。

原作での性能

『3』から登場した、プラクティスモードの相手を務めるサンドバッグ……ではなくれっきとしたプレイヤーキャラ。
固有技を一切持たず、ラウンド開始毎に他のキャラをランダムにコピーして戦う。
コピー元のキャラが得物を持っている場合は同様に(木製の)得物を持ち、尻尾や翼が生えている場合は同様の物が生える。

しかし、コピー元のキャラと体格が違う場合はリーチが異なるので、木人専用のコンボを知っている必要が出てくる。
特に腕が長く短足な「クマ/パンダ」をコピーした際はリーチが真逆となり、技によっては元キャラより強化されている時さえある。
ただし、基本的にはランダム性が高すぎ、全キャラクターに精通していないとまともに動かせないこともあり
ネタキャラの域は出ていない(相手からしても対応しづらい存在ではあるが)。
真面目に運用しようと思うと、まず ニュートラルポーズだけで木人がどのキャラになったか判別するだけの知識
プレイヤー側にとって必須になる(実際に技を出して確かめる暇は対人戦ではまずないため)。
刀を持っている吉光、踊るような動きを見せるカポエラ使いのエディやクリスティ、前傾ポーズが特徴的なクマ辺りは一発だが、
特にこれと言った特徴がない平均的な格闘家の皆さんの判別は初心者には本当に難しい。
一応チーム戦で余った枠に入れておくと、自分の得意キャラを2回使える かもしれない という使い道はある。
くじ運に自信のある人はロマンを求めるのもいいだろう。


『鉄拳レボリューション』ではプレイアブルキャラにはなれなかったものの、アーケードモードのボーナスキャラとして登場。
チケットを消費して木人を倒し続ける『モクジンラッシュ』モードでは上位キャラとして鉄人・金人も登場。
金人は王冠と蝶ネクタイにひげメガネを装備しており、ディレクターの原田勝弘氏にそっくり体格もいくぶん太ましい。

『ストリートファイターX鉄拳』では直接の出演ではないが、隠しキャラのパックマン木人風ロボに搭乗して戦っている。


MUGENにおける木人

chuchoryu氏が手掛けたCVS仕様の手書きキャラが存在し、海外サイト「mugen multiverse」にて代理公開中。
フォルダ名は「CvS_MokujinTAG」となっており、タッグ戦向けに組まれたAIが最初から搭載されている模様。
公開サイトでは他にも前述のコンボットや、『ストクロ』のパックマン搭乗タイプが同じ製作者により公開されている。

他にも過去にゼクルス氏が製作した、ナムカプのグラフィックを用いたものも存在していた。
こちらは戦闘キャラではなく完全なサンドバッグ(実際元ゲーでもインターミッション中のトレーニングにしか出てこない)だが、
技の発生速度や事後の硬直差などを表示することが出来る高性能な木人形である。現在は公開停止。

出場大会

  • 「[大会] [木人]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル