ドラゴン戦車


「ゆけ!ドラゴンせんしゃ!テロリストどもを たたきのめせ!」

スクウェア(現スクウェア・エニックス)のRPG『クロノ・トリガー』に登場するボスの一体。
その名の通りドラゴンを模した戦車であり、ガルディア城空中刑務所から脱走しようとするクロノ達の前に立ち塞がる。
本体・頭部・車輪の3パーツから構成されており、全て破壊する必要がある。
各パーツの特徴は以下の通り。これらの情報は戦闘前のマップに落ちている所長宛の「仕様書」で事前に確認できる。
  • 本体…ミサイルやレーザーで攻撃。HPが最も高い。
  • 頭部…全パーツのHPを回復するため、真っ先に倒すべきパーツ。火炎攻撃も使用。火・天属性無効。
  • 車輪…全体攻撃を使用。

本作の最終ボス・ラヴォス第一形態のボスラッシュでも最初の相手として登場するが、
序盤のボスとして登場するオリジナルと 能力が全く変わっていない ので、単なるザコも同然。

+ なんでクロノは刑務所に入れられた?

撃破後は炎上爆発し、橋の一部が崩落。
その場に戻ってきた大臣と二名の警備員があわや落下しそうになったが、
残った橋の両端と互いの手足を掴んで辛うじて生き延びた(ページ下部の画像を参照)。


MUGENにおけるドラゴン戦車

The_None氏による手書きグラフィック(グラフィックはBalthazar氏作)の物が存在。
技はワンボタンで繰り出せる仕様になっており、
攻撃も体当たり、レーザー、ミサイル、火炎放射と原作で使う攻撃が揃っている他、
原作で頭部分が行う全体回復は自動回復という形で表現されている。
頭と車輪は本体と別々の喰らい判定と体力があり、
破壊すると一部の攻撃が使えなくなったり自動回復が弱体化したり移動出来なくなったり
原作愛に溢れた性能になっている。
このキャラと戦う時はタイムカウント停止する

2ラウンド目以降で倒された時のオチ(大臣と兵士が駆けつけて直そうとするが、その直後に爆発して吹っ飛ぶ)もちゃんとある。
この際の爆発にも攻撃判定があり、巻き込まれて死ぬと敗北扱いになるため、倒したら即刻離れよう。

AIも搭載されており、8段階に調整可能。
仕様上、かなりAI殺しな面があり、キャラによっては体力が回復する胴体を延々と殴り続けてはまってしまったり、
棒立ち状態でミサイルを浴びたりしてしまう。
挑むならプレイヤー操作が良いだろう。


「き、きさまら おぼえておれよ!」

出場大会

  • 「[大会] [ドラゴン戦車]」をタグに含むページは1つもありません。
削除済み
  • 「[削除済み大会] [ドラゴン戦車]」をタグに含むページは1つもありません。
凍結
  • 「[凍結大会] [ドラゴン戦車]」をタグに含むページは1つもありません。