ジャンパーソン




「Janperson,For justice!」



   ――教えてくれ 君は誰だ?

         どこから来て そしてどこへ?

1993年の特撮ドラマ『特捜ロボ ジャンパーソン』の主人公。
後述するように人間態は存在せず(オーディションは行われたが没となった模様)、声は小峰裕一氏が担当している。
スーツアクターは横山一敏氏。戦隊レッドを何度か歴任したアクターで、
近年だと『仮面ライダーフォーゼ』でレオ・ゾディアーツの変身者・立神吼役としての顔出し出演もしている。

宇宙刑事ギャバン』から連なるメタルヒーローシリーズの一作だが、彼はタイトルと肩書が示す通り純粋なロボットである。
それだけではなく、年間を通じて人間形態が存在せず、終始ロボットのままというのが大きな特徴。
またメタルヒーローシリーズの後の作品(『ビーロボカブタック』『テツワン探偵ロボタック』)のような大きな変形もしない。
これは不思議コメディ―シリーズを除けば、東映ヒーローとしては『ロボット刑事』ぐらいの、珍しい特徴である。
(とはいえ、実を言えば全く人間の姿になったことがないわけではなく、敵の罠にはまって 人間の姿にさせられた ことがある)
カラーリングも正義のヒーローには珍しい紫色というのが異彩を放つ。

変身バンクが存在しないため、序盤では普段は革のジャンパーを着たゴーグル未装着状態で活動し、
登場の時に警告を促すJPカード(発光して目くらましも行う)を相手めがけて投げつけ、
戦闘に至る前にジャンパーを脱ぎ捨て、それからゴーグルを装着してページ冒頭の決め台詞を発する、
という流れが用いられていた。 毎週ジャンパー捨てるのでジャンパー損
話が進むとこのバンクは使用されなくなり、普段から裸でゴーグル装着状態で活動、カード投げと決め台詞だけになっている。
おい、ジャンパー着ろよジャンパーソン。

一人称は「私」もしくは「俺」。
初期は出自不明の謎のヒーローとされており、それゆえ口数も少なく、必要なこと以外ほとんど喋らなかったが、
話が進むにつれて口数が増えていき、2クール目で正体判明後は豊かな感情表現を見せるようになった。
話し方についても基本的に敬語を使わず、一方的な物言いが多かった(劇中で態度を非難されたこともある)が、
終盤では相手によっては敬語を使うようになるなど、変化が見られるようになっている。

基本的に命を大切にする優しさを持ち、人間の愛と正義を強く信じる善良なロボット。
そのため人間の犯罪者に対しては一部例外があるものの、手加減して命を奪わず逮捕し、警察に引き渡すことが多い。
一方でロボットやバイオモンスターに対しては容赦がないことが多く、持つ力を最大限に発揮して攻撃し、
悪の組織のロボットは法の手続きに則らないまま頻繁に破壊している。
(なお、本作の世界には犯罪ロボットを武装解除して更生させる「ロボット刑務所」なる施設がある)
記憶回路に故障が生じて善良になったロボットや、事情があって悪行を行っているだけで本来は善良なロボットなどは助けているが
善悪問わず全てのロボットを破壊する装置を作り上げた人物に「あんたがいるから人間は立ち上がれない」と言われた時には
あろうことか「自分がいなくなれば人間は立ち上がる」と肯定し、全面的にその開発を支持した。
特殊な出自を持つが故に人間の正義を強く信じ、そのためにロボットは捨て駒になってもやむなし、と考えているフシがあるが
中盤である事情から悪の組織を裏切ったロボット「ガンギブソン」が仲間になってからは彼を最高のパートナーとして扱うなど
ロボットを全く尊重しないわけでもなく、最終回では下記の名セリフも残している。

キャラクター造形のモチーフになったのはバットマンとされており、人間への不殺精神などはその影響と思われる。
序盤には「桜田門のバットマン」を自称する刑事が準レギュラーとして登場していたことや、
バットマンのヴィラン「ミスター・フリーズ」に酷似した冷凍人間が悪役として登場したこともあった。
自らの意志で立ち上がり、正義のため戦う」という精神性も、アメコミヒーロー的と言えるだろう。

+ ジャンパーソンの出自、その正体

+ ジャンパーソンの装備とスペック

+ ジャンパーソンと対峙した悪の組織

外部作品としては『重甲ビーファイター』第52・53話にも出演。
間に放送されていた『ブルースワット』共々ビーファイターの元に駆けつけ共闘するという、
今日の東映ヒーロー共演作品の先駆け的エピソードであった。
また、映画『スーパーヒーロー大戦Z』にも登場したといっても、レンジャーキーを受け取ったゴーカイピンクが変身した姿だったが

ニコニコ動画では劇場版のみ公式配信が行われている。現在は有料で、309ポイントで3日間視聴可能。
また、本編は2013年にYoutubeで公式配信され、2015年6月から90年代メタルヒーロー枠で再配信中。

「人間にも、様々な人間がいる!生まれも育ちも、性格もみんな違う!」
「ロボットもそうだ!だからこそ互いに認め合い、尊重し合う!」
「合体しなくても、手を繋ぎ合えるんだ!共存できるんだ!それこそが俺の理想だ」


MUGENにおけるジャンパーソン

仮面ライダーBLACKを製作したway-oh氏によるものが公開されている。スプライトは手描き。
弱と強、ジャンデジックの三つのボタンを主に使う。

「原作でしゃがみ技が思いつかなかった」との理由で、KOFボスのようにしゃがみ動作やしゃがみ技が存在しない。
ただし下段ガードは可能な上、投げや下段の技があるので崩しは一応可能。
乗り物は使えないが、原作通り豊富な飛び道具をはじめとする武装を扱う。
主な武器はほぼ実装されており、原作の最強技であるジックキャノンも搭載。
また多くの動作にアーマーがついており、少々の攻撃なら耐えながらゴリ押せる。こういうところも原作っぽい。
AIは搭載されていない。


出場大会

  • 「[大会] [ジャンパーソン]」をタグに含むページは1つもありません。

「俺たちが守るべきは法律じゃない……命と愛だ!」



添付ファイル