バンギラス


分類:よろいポケモン
高さ:2.0m/2.5m(通常/メガシンカ)
重さ:202.0kg/255.0kg(通常/メガシンカ)
タイプ:いわ/あく
特性:すなおこし(戦闘に出ると天候が「すなあらし」になる)
隠れ特性:きんちょうかん(相手が木の実系のアイテムを使えなくなる)

任天堂のRPG『ポケットモンスター』に登場するポケモンの一匹で、第2世代(金、銀)にて登場。
ヨーギラスがサナギラスを経て進化した種類で、鎧のように堅い緑色の体を持ち、直立した肉食恐竜や怪獣のような姿をしている。
足と手に三本の爪があり、腹には青い模様がある。体には左右で対になるようにいくつかの黒い穴が空いている。
これらの身体的特徴は進化前のサナギラスを想起させるようなもので、さながらサナギラスから頭と四肢、尻尾が生えたような体躯をしている。

非常にふてぶてしく、好戦的な性格をしている。自分の住処を作るために山一つ粉砕するほどのパワーを持ち、いつもは山を崩しながら戦う相手を求めて彷徨っている。
そのため、暴れるたびに地図を書き変えなければならなくなるという、ある意味では天災のようなポケモン。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

最終進化レベルは55とかなり遅い。そのためストーリー中のトレーナーが使用する場合はそれなりに強敵が用いることが多い。
「ファイアレッド・リーフグリーン」の強化版グリーンや、「プラチナ」のしょうぶどころでヒョウタが切り札として使用する。
「ポケモンコロシアム」では最高レベルのダークポケモンとしてラスボスが使用する。
ちなみに「ブラック・ホワイト」では低確率ながら やせいで出現する 。渦から釣れる カイリュー といい、同じく野生で出現する メタグロス といい、イッシュ地方の生態系が心配である。
別の地方ではサザンドラも出現しているが

王道的な怪獣スタイルに基づいたデザイン、図鑑テキストのインパクト、ゲーム上でも申し分ない強さを誇っている故か人気は高い。
金銀のリメイク版『ハートゴールド・ソウルシルバー』のCMではインタビューに答えていた人々の口から
「思い入れのあるポケモン」としてバンギラスの名がよく挙がっている。
また、第6世代のPVではピカチュウなどと並んで「ポケパルレ」でかわいがられている様子が映しだされるなど、公式に推されているようなフシもあったり。

どこぞの怪獣王を思わせる見た目と、その映画シリーズに登場する脇役怪獣にそっくりな名前故か
ファン間ではこれらに基づいたパロディネタがされることもある…というか、一度公式でもそれをやっているし(詳細は後述)。

+ 原作ゲームでの性能

+ アニメ、漫画作品でのバンギラス


MUGENにおけるバンギラス

イワークなどを制作したminoo氏の手描きのキャラが2015年7月に公開された。
ギャラドスガチゴラスと同時の公開である。
全体的に見て、動作が遅めだが迫力のある重量感に溢れたキャラになっている。
基本攻撃も動作が遅いが、攻撃と同時に前進するため、リーチはそこそこある。
特に「たいあたり」はダッシュより早く、アーマーがあるため攻撃でも中断できないと非常に優秀。
必殺技は、3方向に打てる青白い炎の遠距離攻撃「かえんほうしゃ」などゴジラをリスペクトした演出が見られる。
周囲にエネルギーの波動を放つ攻撃「バークアウト」は発動中に無敵があり、こちらもゴジラの体内放射という技に近いイメージになっている。
「あなをほる」は地底に潜って移動してから下から攻撃する技で、回避しながらの接近に使える。
超必殺は、全体攻撃の「じしん」と、極太ビームを放つ「はかいこうせん」など、非常に派手。
「いわなだれ」は地底に潜ったまま岩を巻き上げながら突進する技となっている。
「じしん」と「いわなだれ」は同作者のガチゴラスにも搭載されていたが、
バンギラスのものは同じ技名でもモーションや演出に違いが見られる技となっている。
総評して、同時公開されたほかの2体と同じくあまりコンボを続けず、攻撃を一撃ずつ繰り返しながら戦うタイプのキャラである。

AIは搭載されていないが、bakisimu氏により外部AIが製作された。
アーマー付きの「たいあたり」と弾数の多い「かえんほうしゃ」により、巨体ながら生半可な弾幕相手なら十分に立ち向かえる。


なおminoo氏以前にトゥートゥーバイトとしてであるがMUGEN入りはしている。

出場大会