ガチゴラス


分類:ぼうくんポケモン
タイプ:いわ・ドラゴン
高さ:2.5m
重さ;270.0kg
特性:がんじょうあご(キバを使った技の威力が上がる)
隠れ特性:いしあたま(技の反動ダメージを受けない)

任天堂のRPG『ポケットモンスター』に登場するポケモンの一匹。第6世代(X・Y)にて登場。
チゴラスの進化形で、朝・昼の時間帯にLv39以上に上げることで進化する。
満を持して登場したティラノサウルス型のポケモンであり、「ぼうくんポケモン」の分類が示す通り、
1億年前の世界では無敵を誇っており、生態系ピラミッドの王者として君臨していた存在である。


原作中の性能

種族値

HP: 82
攻撃: 121
防御: 119
特攻: 69
特防: 59
素早: 71

攻撃と防御に秀でている物理アタッカー向けのポケモン。
第6世代現在唯一のいわ・ドラゴンの複合タイプである。ドラゴンの優秀な耐性を岩が相殺しているため、弱点が6つと多い。
特筆すべきは2つの特性の『がんじょうあご』と『いしあたま』。どちらを選ぶかによって、型はガラリと変わる。
まず、『がんじょうあご』の恩恵を受ける技は「かみくだく」、「ほのおのキバ」、「こおりのキバ」、「かみなりのキバ」、「どくどくのキバ」。
いずれもタイプ不一致だが、この特性の恩恵を受けることで、サブウェポンとして十分な働きをする威力になる。
次に、『いしあたま』。この特性では、タイプ一致の補正を受けて実質的な威力が 225 となった「もろはのずつき」を無反動で放てる。
同じ特性と技を持つポケモンにボスゴドラとジーランスがいるが、どちらも攻撃・素早さはガチゴラスほどではなく、使い勝手はこちらが上。
……ちなみに、特性を考慮しなければ、「もろはのずつき」の使い手には、鈍足だが火力だけならコイツより上のラムパルド
ダメ特性がある代わりに火力と素早さが上のアーケオスがいる。
パキケファロサウルスや始祖鳥に負けるティラノって一体……とはいえ、こいつらは高火力の反動をもろに受けるデメリットがあるため、
それを踏まえれば、ガチゴラスは良い意味でも悪い意味でも安全パイと言える。

+ その他性能の詳細


MUGENにおけるガチゴラス


ラムパルドの制作者であるminoo氏の製作した手描きのキャラが2015年7月に公開された。
同作者のギャラドスバンギラスと同時の公開である。
攻撃や動作には、モンハンのオマージュが盛り込まれている。
氏によれば、ほかの2体より強めに作ったそうで、ガード中にも出せる「ハイパーボイス」や、
ダウンヒットも狙える「じならし」など、地味に厄介な技が多い。
特に厄介なのが投げ技であり、非常にリーチが長い。
超必殺技は「もろはのずつき」「かみくだく」「じしん」と実際の対戦中でもよく使われる技が搭載されている。
尚、もろはのずつきは自分にもダメージを受ける。どうやらこのガチゴラスの特性はがんじょうあごのようだ。


ハウザー並の巨体を誇り、食らい判定が大きいものの攻撃範囲が広い。
またライフは1000だが防御力が通常キャラの1.2倍なので耐久力は高め。
食らい判定の大きさは広い攻撃範囲と耐久力でカバーしたい。
また一部の必殺技にはモーション中に相手の攻撃を防ぎながら攻撃できるものがあるので、
これらを活用して強引に相手の攻撃を突破するのもいいだろう。
歩く速度は遅めだが、肉食恐竜のような姿勢でのダッシュは重量感があり速い。
攻撃は弱・中・強の3ボタン式。攻撃の隙が大き目でコンボも少ない分、単発火力は高めである。
通常技には噛みつく攻撃や頭を叩きつける攻撃、尻尾を振り回す攻撃など、
恐竜のような姿にふさわしいパワフルなモーションで豪快な攻撃が揃っている。

+ MUGENキャラの性能詳細

デフォAIは無いが、bakisimu氏の製作した外部AIが2015年8月に公開された。
bakisimu氏の外部AIは信頼性の高い突進技であるいわなだれを軸に攻め込み、
投げからのダウン追撃などでダメージを稼ぐAIに仕上がっている。
食らい判定の大きさゆえに相手に攻め込まれると切り抜けられないこともあるが、
攻撃する分には強力な性能を発揮してくれるだろう。
モーションや演出の完成度は高く、恐竜や怪獣のような
豪快な暴れっぷりを見せられるキャラに仕上がっている。
今後の活躍に期待したい。

出場大会


プレイヤー操作

色々な人達の挑戦(part42,bakisimu氏AI)