アルセウス


「ドドギュウウーン!!」

分類:そうぞうポケモン
タイプ:ノーマル
高さ:3.2m
重さ:320.0kg
特性:マルチタイプ(持たせているプレートによってタイプが変わる)



任天堂のRPG『ポケットモンスター』に登場するポケモンの一匹で、第4世代(ダイヤモンド・パール)にて初登場。
「そうぞうポケモン」という分類名が示す通り、何もないゼロの状態から生命を生み出す力を持っている。
シンオウ地方においては千本の腕で世界の全てを創造した存在という創造神話が語り継がれており、
アルセウス自身はまだ宇宙が生まれていない、混沌のうねりの中に現れたタマゴの中から出現した最初の生命と言われている。
後に分身であるディアルガ・パルキアギラティナを創り出し、
さらにその後生み出されたタマゴからユクシー・エムリット・アグノムが誕生したと神話で伝えられている。
また、ゲーム中で発見される道具「○○プレート」は全てアルセウスの一部だったとされている。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

神話で最初に誕生したポケモンと語られている為、
全てのポケモンの祖先とされるミュウと「どちらが先に誕生したのか」という議論がファンの間でよくあげられるが、
アルセウスの場合はあくまで神話であるため決定的な根拠に欠け、ミュウのほうも科学者が遺伝子から考察した説であるため、確実とは言い難い。
ゲーム中では、シロナが「シンオウ神話は太古の人々がポケモンへの畏敬を込めて創作した」という推論を述べているなど、どこまで信憑性があるかは不明。
ただ1つ言えるのは、このような神話が語り継がれるほどに神じみた力をアルセウスが本当に有していることだけである。

原作におけるアルセウス

HP:120
攻撃:120
防御:120
特攻:120
特防:120
素早:120

ゲーム中では入手できない幻のポケモンであり、基本イベント配信でしか入手不可能。
また、現在まで行われた配布イベントで配られた個体は、全てLv100である。
まず、特徴として能力値が全て120、種族値合計720という、メガシンガやキュレムを除けば最大級のスペックを誇る長所を持つ。
さらに特性「マルチタイプ」のおかげで、単タイプ限定でありとあらゆるタイプに変わることが可能となる。
技も、持たせたプレートによってタイプが変わり、確実に一致で放てる専用技「さばきのつぶて」を筆頭に、
「しんそく」、「じしん」、「シャドーダイブ」などの強力な物理攻撃、
「ハイパーボイス」、「りゅうせいぐん」、「ギガドレイン」などの数々の特殊攻撃、
「つるぎのまい」、「めいそう」、「じこさいせい」、「おにび」をはじめとした補助技など、実用的なものばかりであり、
物理・特殊アタッカー、耐久、サポートなどのあらゆる役割を一通りこなせる。
もはや、出来ない事を探せという方が難しいほどのオーバースペックであり、
型が広すぎるため初見では何をしてくるか分からず、分かったところで持ち前の種族値の高さから押し切られることもザラである。
強いて言うなら「つるぎのまい」+「しんそく」のコンボが人気というだけであり、 対策を立てるのはほぼ不可能。
禁止級ゆえに活躍の場は限られるが、全ポケモンのなかで間違いなく最強の一角である。

『超克の時空』で配布された個体は、レベルでは覚えない「ときのほうこう」、「あくうせつだん」、「シャドーダイブ」を取得している。
いずれも禁止級の専用技なので、非常に強力。
『光輪の超魔神フーパ』キャンペーンで配布された個体は、「ブラストバーン」、「ハイドロカノン」、「だいちのちから」を覚えている。
使い勝手はと聞かれると、良くてもどれも微妙としか言いようがない。「ブラストバーン」と「ハイドロカノン」は「はかいこうせん」と同じ威力150の反動技で、命中した場合は次のターンは動けないと言うもの。これらを採用するならそれぞれ「だいもんじ」「なみのり」を2ターンかけて2発撃った方が強い。
「だいちのちから」に関しては「だいちのプレート」以外を持たせた場合はそれなりに優秀なサブウェポンになるものの、「だいちのプレートを」を持たせた場合、専用技「さばきのつぶて」がノーマルタイプから地面タイプになり、「だいちのちから」を上回る威力になるため、不採用となる。おまけにこの技、教え技で覚えさせることができるため、使い勝手こそいいものの特別な技とは言い難い。
配信当初は妙な技構成に疑問の声が上がったが、炎・水・地面という組み合わせが映画(詳細は後述)の公開と同時に、劇中のある重要な伏線であったことが判明した。

ちなみにとくせいの「マルチタイプ」は、一切の変化を許さない。
どういうことかというと、とくせいを変化する・させる技および特性(なやみのタネ・トレース・ミイラ等)や、プレートを持った場合のみ道具を交換する技や特性(トリック、すりかえ、マジシャン等)が完全無効。そのため嵌め手に強いという1つの長所になっている。
第4世代(ハートゴールド・ソウルシルバーまで)ではプレートを持たない場合でも効かなかったが、「ブラック・ホワイト」以降では変更された。

+ 没イベント

+ 外部作品における活躍


MUGENにおけるアルセウス

Orion氏の制作したキャラが公開中。CPU専用であり、人操作はできない。
基本的な動作は、「攻撃をした後に姿を消す→また別のところに出現して攻撃…」という流れを繰り返すものであり、
どちらかといえばミニゲーム的なキャラになっている。
そのため、このキャラに勝つにはワープして攻撃態勢に入る前の僅かな隙を狙い、攻撃を当て続ける必要がある。
技のほうは、画面全体に攻撃を与える「あくのはどう」や隕石を降らす「りゅうせいぐん」などダイナミックな技から、
こちらを追尾してくる「さばきのつぶて」・「シャドーボール」、高速で突進する「しんそく」など、
広範囲にわたって攻撃する技ばかりである。
1度アルセウスが負けた状態で体力を半分以下に減らすとワープが無くなり、画面中央に真正面を向いて浮かんだ状態になり、
それまで使ってきた技をタイムラグ無しで連発するようになる。



出場大会






添付ファイル