セイバー(Fate/EXTRA)


「拳を握れ、顔を上げよ!命運は尽きぬ!なぜなら、そなたの運命はいま始まるのだから!」

身長:150cm
体重:42kg
スリーサイズ:B83/W56/H82
属性:混沌・善
イメージカラー:薔薇の赤
特技:何でも出来るぞ!
好きな物:自分、奏者
苦手な物:節制、反逆、没落

TYPE-MOONの『Fate』シリーズにおける一作である対戦型ダンジョンRPG『Fate/EXTRA』に登場するキャラクター。
主人公(プレイヤー)が使役できる三人のサーヴァントのうちの一体であり、
赤い舞踏服に身を包んだ少女剣士。自ら皇帝を名乗り、一人称は「余」。マスターである主人公のことは「奏者」と呼ぶ。
声優は『カードキャプターさくら』の木之本桜や『ラブプラス』の小早川凜子等が代表作の丹下桜氏。
通称商標等では「セイバーエクストラ」と表記されることが多いが、ファンや原作者の奈須きのこの間ではもっぱら
「赤セイバー」「嫁セイバー(理由は後述)」「赤王」「暴君」等呼ばれている。
中の人ネタで「桜セイバー」とも呼ばれていたが公式で桜セイバーを名乗るセイバーが登場して以降はそちらの呼び名として定着しつつあるが慣れていないと混乱するファンも少なくない。

Fateシリーズをよく知らない方には絵師が武内崇氏ではなくワダアルコ氏と変わってはいるものの、
Fateシリーズの顔たる青い誰かにもの凄く似ているように見えるだろうが、別人である。
というか声優が川澄綾子氏じゃなく丹下桜氏になっているほか、身長が4cmも違うしスリーサイズも天と地程の差がある
前述のとおり性格や口調も全く違う。
ついでに言うと例えば金ぴか等は青い方とも赤い方とも面識があるが、見間違えたりもしない。
シナリオ担当の人曰く「蕎麦とうどん位違う、武内崇とワダアルコ位違う」。


自身を万能の天才と豪語して憚らない尊大さと、寂しがり屋でかまってちゃんな面が同居した非常に愛らしい少女。
女王系ワンコキャラと評されることも。美しいものが大好きで、芸術をこよなく愛する。
美少年好きの美老年好きで、美少女はもっと好き。つまりはバイセクシャルなお方。

胸を強調し、透けているスカートのついたドレス(なお後ろは尻が半分見えている)を着ているがあれは「男装」である。
とてもそうは見えないが本人が男装だと言っているので仕方がない。
EXTRAの続編では新衣装になっており、こちらは男装を投げ捨てたウェディングドレスをモチーフにした衣装となっている。
この衣装が先述の「嫁王」の愛称の元である。
+ 束縛の花嫁衣装……すごい名前だ

+ その真名、及び経歴(当然ネタバレ全開である)

+ EXTRA系列以外での作品での彼女とか


Fate/EXTRA及びFate/EXTRA CCCでの性能

ゲームでの性能は初心者向きのバランスタイプ。
上述のパラメータ評価とは異なり、ゲーム中ではMP、魔力の成長率がやや低いことを除けばどれも平均的に伸びる。
特にHP、筋力の成長率が味方サーヴァント3人の中で最も高く、「レベルを上げて物理で殴ればいい」を地で行くキャラ。

一方、CCCでは新加入のギルガメッシュとイベント加入の赤ランサーにHP、筋力で劣り、最強スキルの攻撃力は味方サーヴァント中最低と相対的に弱体化。
おまけにMPの成長率も一人だけ低い(セイバー:6.8、その他:8.0)のでスキルによるゴリ押しがし辛く、ボス戦で苦戦しやすい。
通常攻撃のチェインの補正が高いという利点はあるものの、それを活かすためには相手の手を的確に読み切らねばならず、
前作とは逆に味方サーヴァント中もっともテクニカルなプレイを要求される仕様になった。

花散る天幕(ロサ・イクトゥス)

相手に向かって突進し、すれ違い様に斬り付けて筋力ダメージを与える。

喝采は剣戟の如く(グラディサヌス・ブラウセルン)

大きく振りかぶって斬り下ろし、斬り上げ、V字斬りの三連斬。相手に筋力ダメージを与える。

喝采は万雷の如く(パリテーヌ・ブラウセルン)

EXTRAでのみ、アイテムを100個使用すると喝采は剣戟の如くから変化。
演出は特に変わらないが、攻撃力と消費MPが上昇している。

燃え盛る聖者の泉(トレ・フォンターネ・アーデント)

3ターンの間、ATTACKの攻撃力が上昇する。

傷を拭う聖者の泉(トレ・フォンターネ・クラーティオ)

3ターンの間、BREAKにHP吸収効果を付与する。

時を縫う聖者の泉(トレ・フォンターネ・テンプスティス)

3ターンの間、GUARDに対ATTACKスタン効果を付与する。

三度、落陽を迎えても(インウィクトゥス・スピリートゥス)

自身にリレイズ効果を付与する。

黄金律・皇帝特権

自動スキル。戦闘終了時のアイテム入手率が上昇する。

剣術・皇帝特権

自動スキル。チェインの威力が強化される。CCCでのみ習得。

童女謳う華の帝政(ラウス・セント・クラウディウス)

宝具中にのみ使用可能な攻撃スキル。相手に筋力貫通ダメージを与える。
EXTRAでは花散る天幕と同じ演出だったが、CCCでは相手の懐に飛び込んで十文字に斬る技になった。

星馳せる終幕の薔薇(ファクス・カエレスティス)

「余は、奏者が、大好きだ!」
CCCで追加されたセイバー最大の攻撃スキル。 別名、告白剣。
剣で弧を描いた後に相手に向かって突進し、突きと炎による攻撃を加える。
相手に筋力ダメージ+燃焼の追加効果(筋力半減&ターン終了時に追加ダメージ)を与える。
ちなみにこの時に出る炎は赤王のテンションが上がると自動的に『原初の火』から出るモノらしい。

+ 宝具

MUGENにおけるセイバー(Fate/EXTRA)

deadhead氏による手書きドットキャラが公開されている。
気合いの入った高クオリティのドットであり、ダイナミックな動き・スムーズな動作で魅せてくれる。
特徴である半透明のスカートもしっかり再現されている。
ドットメッシュで表現されているため等倍ではやや不自然に見えるが、動画化すると驚くほど自然な半透明になる。

超必時のぬるぬる動くアニメカットインは必見。

2016年7月時点でβ版であるが通常技はじめ基本的な技は搭載されており、プレイには問題ない。
EXTRAの技やモーションが再現されているが、3ゲージ技の一つなど一部はまだ未搭載であり、宝具展開中の技も未搭載である。
デフォAIは搭載されていないが、Air氏による外部AIが公開されている。

性能は、Fate/EXTRA原作でもおなじみのバフ技で自己強化をしつつ、アーマーとリーチでゴリ押すパワータイプ。
筋力・耐久に優れた原作キャラ性能に恥じない仕上がりとなっている。
大振りな剣撃をブンブン振り回して豪快に戦ってくれるため、見栄えが良い。


「然り! 我が剣は原初の情熱にして、剣戟の音は宙巡る星の如く。
聞き惚れよ。しかして称え、更に喜べ。
余は至高にして至上の名器―――剣の英霊、そなたのサーヴァントだ」

出場大会

出演ストーリー