F・G・D


遊戯王OCGに登場するモンスターの一つで、正式な読み方は「ファイブ・ゴッド・ドラゴン」。
カードの初出は、ゲーム『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ7 決闘都市伝説』(2002年7月4日発売)の予約特典。

融合・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/ATK 5000/DEF 5000
ドラゴン族モンスター×5
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードは闇・地・水・炎・風属性モンスターとの戦闘では破壊されない。

遊戯王のモンスターとしては最高峰の攻撃力を持ち、さらに限定的な戦闘破壊耐性を持つ。
地力の高さから戦闘破壊されることはほぼないが、それでも役に立つ効果であることに変わりはない。
しかしながら、融合素材指定こそ緩いものの、融合魔法に加えて5体ものドラゴン族モンスターを用意しなければならない為、
素材の重さから、正規の融合召喚は困難を極める。
かといって、上記の効果のせいで「デビル・フランケン」のような融合召喚以外の横着召喚は不可能なため、
このカードを召喚するには、素材確保の段階で2つも3つも工夫をこなす必要がある。

一番メジャーな手段は、墓地融合可能な融合魔法「龍の鏡」。フィールドや手札にカードを温存する必要が無いので使いやすい。
かつては、デッキから素材を墓地へ送れる「未来融合-フューチャー・フュージョン」とのコンボで猛威を振るったが、
「未来融合」が禁止カードになったので、このコンボは不可能になった。
他には、モンスターの種族を強引に変更させる罠カード「DNA改造手術」などは役に立つ。
相手のモンスターも融合素材にできる「超融合」や大量にモンスターを呼び出す「スケープゴート」、
2014年度の環境から登場した、特定の条件下でエクストラデッキからモンスターを大量に召喚できる「ペンデュラム召喚」と併用できる。
ドラゴン族で固めたPモンスターのデッキ作ればいいじゃんと思うかもしれないが、
ドラゴン族のPモンスターは【魔術師】と呼ばれるテーマでなければ召喚が難しい「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」や、
効果の性質上、特殊なテーマの中でしか使えない「炎獣の影霊衣-セフィラエグザ」、エクストラデッキからの召喚を制限してしまう「アモルファージ」など癖の強いものが多く、
希少な汎用性の高いカードも、効果が優秀な「魔装邪龍 イーサルウェポン」はともかく、通常モンスター「竜魔王ベクターP」はスーレアで収集しにくく、
ペンデュラム召喚だけでは、現在の環境において実用的なデッキは構築しにくい。

そもそもここまで攻撃力が高いと、わざわざモンスターを強化して正面から殴って倒すよりも、
何らかの効果で破壊したりデッキに戻させてしまう(バウンスする)方が、相手にとってもずっと簡単で安上がりになる場合が多い。
このゲームにはそういった汎用的な破壊効果やバウンス効果を持つカードが豊富で、
そしてこのモンスターは破壊やバウンスに対する耐性は何も持っていないのである。
手間をかけて呼び出した挙句にあっさり除去されてはロマン砲にもならない。
使うとすれば他のカードで除去耐性をつけるか、次のターンへの持ち越しを考えない使い切りの引導火力として使う、
高攻撃力を間接的に利用するコンボに組み込む、そもそも最初から相手に除去カードを使わせるための囮にするなどの工夫が必要になる。

ここまで考えてお膳立てするくらいなら、もっと容易に攻撃力5000以上を達成できるカード、
コンボはいくらでもあるため、現状あえてこのカードを使用する必要性はない。
例えばブルーアイズなどドラゴン族の融合を使用するデッキで、とりあえずエクストラデッキには入れておき、
偶然召喚の条件が整えば召喚するというくらいのつもりなら可能性は低いながら活躍の場が全くないわけではない。
それでも現在の環境のエクストラデッキはただでさえ枚数制限が15枚以下ときつく、
さらに汎用性が高く出しやすい融合・シンクロ・エクシーズモンスターカードが採用候補としてひしめく激戦区である為、
そんな貴重なエクストラデッキの枠を一つ潰してでもF・G・Dを採用するのはほぼ趣味構築になるが。

MUGENにおけるF・G・D

Dark Ruler氏の制作したキャラが公開中。スプライトはカードイラストを使った1枚絵が使用されている。
氏が「joke char」と公言しているように、フライングでダメージ999固定の攻撃を連発してくる紛うことなき論外キャラ。
体力1500000、ATK1000、DEF1000とスペックも無駄に高い。
最新版の更新では体力が1300000に減ったが、相変わらずフライングで即死レベルの攻撃を連発してくる。

出場大会

  • 「[大会] [F・G・D]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル