ジュカイン


分類:みつりんポケモン
タイプ:くさ
身長:1.7m
体重:52.2kg
特性:しんりょく(HPが1/3以下になると、くさタイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:かるわざ(持っている道具がなくなると素早さが2倍になる)


任天堂のRPG『ポケットモンスター』に登場するキャラクター。
第3世代(ルビー・サファイア)より登場。
ゲーム開始時点に渡される、いわゆる御三家の一体であるキモリの最終進化形態である。

非常にすらっとしたフォルムであり、より怪獣やドラゴンっぽくなった。そのビジュアルはかっこいいとなかなか評判。
ジャングルや密林では素早い身のこなしで枝から枝へ飛び移り、敵なしの強さを誇る。その腕にはえた葉っぱは大木を両断するほどの切れ味。
背中にある丸い玉は樹木を元気にする栄養の詰まったタネであり、森や木を大切に育てるという。
変温動物なのかはわからないが、ひなたぼっこで体温調節をするらしい。


原作中の性能

HP:70
攻撃:85
防御:65
特攻:105
特防:85
素早さ:120

メガシンカ後の性能

HP:70
攻撃:110
防御:75
特攻:145
特防:85
素早さ:145

絡め手を得意とする種類が多い草タイプでありながら、状態異常などの補助技をほとんど覚えず、
代わりに強力な数々の攻撃技を取得できる、草タイプの中でも数少ないアタッカー特化のポケモン。
能力値も、耐久が低い代わりに特攻と素早さに秀でており、殲滅戦に向いている。
特に、特攻2段階下降の代わりに高い威力を持つ「リーフストーム」は非常に強力。
一方攻撃は平均の数値だが、「リーフブレード」、「アクロバット」、「いわなだれ」、「じしん」など攻撃範囲は広く、
特性『しんりょく』や「つるぎのまい」などで強化すれば十分実戦レベルで活用できる。
また、低耐久を逆手に取り、相手のHPを自分と同じにする「がむしゃら」で相手に逆襲する戦術は、物理でも特殊でも役に立つ。
前述した通り、補助技のバリエーションに乏しいが、「みがわり」は特性『しんりょく』を発動するために採用されることが多い。
隠れ特性『かるわざ』は、「リーフストーム+ハーブ」などのコンボで能動的に持ち物を無くすことができ、
さらに発動時にはジュカインの元々のスピードが倍に高まるため、オンライン対戦でも頻繁に使われている。


第6世代では、メガシンカポケモンの1体として選ばれた。
タイプはくさ・ドラゴンの複合に変化し、特性も「ひらいしん」となる。
「ブラック・ホワイト」以降では電気技が無効にできるようになったため、「でんじは」によるマヒが効かない高速ポケモンとしての地位を確立している。
しかし、さらに早いポケモンに上から叩かれることにはめっぽう弱く、第6世代では天敵ファイアローが蔓延していることもあり中々活躍は難しい。
ドラゴンタイプになったものの、メガシンカは戦闘中のみのため「りゅうせいぐん」を覚えられないのもつらいところ。
一応火力不足だが安定性のある「りゅうのはどう」、発動後に混乱するが強力な物理技「げきりん」を覚える事は出来る。

+ 外部作品における活躍
+ ポッ拳におけるジュカイン

MUGENにおけるジュカイン

+ 紹介動画(youtube)

Jetgoshi&Dylanius9000氏の制作したmugen1.0専用キャラが公開中。
アニメのジュカインがモチーフらしく、木の枝を咥えるモーションがある。
必殺技を9個持ち、飛び道具の「タネマシンガン」、近距離攻撃「リーフブレード」、
高速で移動できる特殊技「こうそくいどう」など、高い機動力と攻撃性能を持つが、
原作再現なのか、HPは980と低め。
体力が33%以下の時のみ使用できる3ゲージ技「メガジュカイン」ではメガシンカした姿になり、尻尾を射出して攻撃する。
シンプルだが、AIも搭載されている。


出場大会