仮面ライダーナイト




スペック
   身長:195cm
   体重:95kg
   最高視力:約15km
   最高聴力:約15km
   最大速力:100mを4.5秒
   ジャンプ力:ひと飛び40m
   パンチ力:200AP
   キック力:300AP
   FINALVENT「飛翔斬」5000AP
   FINALVENT「疾風断」(ナイトサバイブ変身時)8000AP

「仮面ライダーだから戦う。理由はそれだけでいい」

2002年に放送された、平成仮面ライダーシリーズ第3作『仮面ライダー龍騎』に登場する仮面ライダー。
秋山蓮(あきやま れん、演:松田悟志)が変身する。
コウモリ西洋騎士を思わせるデザインで、
初代ライダーからはクラッシャー(アゴ)を引き継いでいる。

+ そのデッキ内容

+ 変身者の設定

第一話から一貫して戦ってきたライダーという事もあって、
所謂二号ライダーでありながら「仮面ライダー龍騎」においてはもう一人の主人公ともいえる存在である。
事実、最終回放送時の玩具CMでは「真司君と蓮を忘れないでね」と、主人公の真司と並べて表記され、
初変身や強化フォームの初登場・ラストバトルも担当する等、13ライダー中では ある意味主人公以上に 別格の扱いを受けている。
更にスペシャル版では、瀕死の蓮からデッキを託された真司がナイトに変身する展開も描かれている。

あるテレビ番組が実施したヒーロー人気投票においては、番組放映中という事もあってか龍騎を差し置いて1位を獲得した(龍騎は2位)。
その性格上、ライダーとは中々本気で戦えない真司に代わって、浅倉を始めとした敵ライダーとの戦いに臨む事も多く、
迷いを隠して心身共にボロボロになりながらも戦い続ける彼の姿は、当時の視聴者に強い印象を残した。


+ 本編以外での仮面ライダーナイト

尚、演じた松田悟志氏は後に妻に盗撮行為を働いた不届き者を追い掛けて取り押さえ、警察に通報・引き渡すという事件が発生したが、
その事件は「痴漢にライダーキック!」などと結構大々的に報じられた。


MUGENにおける仮面ライダーナイト

2号だけに多くのライダーがMUGEN入りを果たす中で長らく不在であったが、
2015年09月08日についにKei166氏製のナイトがデフォルトAI付属で公開された。
α版と銘打ちながらもサバイブを除く使用カードは全て搭載されており、ダークバイザーによる素早い剣戟と
ウイングランサーによる大振りではあるがリーチの長い攻撃、各種カードを織り交ぜた多彩な攻撃手段を持ち、
氏のライダーに共通する豪華な演出によるファイナルベント・飛翔斬は一見の価値あり。
今後の更新が期待される。

出場大会



*1
この際オーディンを騙し討ちに近い形ながら倒しており、人を殺したと思っていたようだが、
その後2体目が現れた事で「オーディンはモンスターか何かだ」と認識したのか、
2体目以降は躊躇が無くなっていた。