秋山澪


「やっぱり私は、このメンバーとバンドするのが楽しいんだと思う。
きっとみんなもそうで、だからいい演奏になるんだと思う」

かきふらい氏の4コマ漫画、並びにそれを原作としたアニメ作品『けいおん!』の登場人物。
アニメ版の担当声優は日笠陽子氏。アニメのエンディングテーマも全て氏が歌っている。

桜が丘高校在籍の女子高生で、軽音部のバンド「放課後ティータイム」のリードギター並びにメインボーカル、作詞などを務めている。
同じ軽音部の部員である田井中律とは幼馴染の間柄であり、入学当初は文芸部を希望していたが、彼女に強引に誘われる形となった。
2年の時はたち同学年の部員仲間とは唯一違うクラスだったが、3年で全員同じクラスとなった。

一見するとクールで近寄りがたい印象を持たれがちだが、実際は極度の恥ずかしがり屋
幼少の頃より人見知りが激しく、かつ人恋しさを人一倍求める繊細な性格ゆえか、律と出会うまでは友達も少なかったようで、
彼女と知り合って以降は多少改善したものの、それでも人前に出ることを苦手とし、ライブの際にも常に緊張を隠せずにいる。
軽音部の面子とは比較的普段の自分を見せられるようになったが、今でも完全に素の状態を見せれるのは律と二人きりの時くらい。
とはいえ、追い詰められた状況であれば何でも熟すことは出来るタイプで、最終的にはライブなども何とか完遂する成果を出している。

先輩後輩問わずモテるらしく(女子高なのに?なにかでも?)本人に無許可でファンクラブが結成されていた。
アニメ版ではファンたちの前で自作のポエムを披露するも世界観についていけずドン引きされてしまった。

ずっこけてパンチラしたりもするが(そのパンチラシーンをビデオで観せられた梓は鼻血湯気が出るほど赤面した)
その影響か、澪=縞パンというイメージが定着し、販売されてるその時の一年生の学園祭ライブで着ていたゴスロリ衣装のフィギュアや、
同人誌のほとんどが縞パンを穿いている。

部員の中では比較的真面目な気質であり、部長の律の性格ゆえに彼女に代わってリーダーシップを発揮する場面も多いが
逆に先の性格が原因で唯たちに流されてしまうことも少なくない。
本質的には結構な天然で自分の世界に入ると平然と頓珍漢なボケを繰り出してくる。
この場合は普段とは逆に本質的にはしっかり者の律がほぼ澪の面倒を見ている。
何だかんだ言いつつ律への依存がかなり強く、アニメ版では夏フェスの際には律をあっちこっちに引き摺り回している。
また漫画では律に彼氏が出来た疑惑が上がった時はかなり狼狽えてしまい、唯にすら「(反応が)面白いからもう少しこのままで」と言われる始末。

後輩の中野梓が入部して以降は先輩らしくしなくちゃと意識するようになるが、時折裏目に出てヘタレな姿を晒すことも多々。
しかし梓からの評価は決して悪くはなく、唯とは違った魅力を持つ彼女に憧れたり苦労人ポジションとして同情している。
特にアニメ版においては梓が入部した当初、軽音部に上手く馴染めない梓を優しく気遣い、軽音部の演奏に惹かれながらもその明確な理由が分からず
悩み続けていた彼女に上記冒頭の台詞となる自分が軽音部にいる理由を語った事により、梓の悩みが解決されることに繋がった。

左利きであり、所持しているベース「フェンダー・ジャズベース」の左利き用モデルにはかなりの愛着を抱いている描写がなされている。
ちなみにスタイルは中々のもので、 声優さんとは真逆に バストも豊満。

高校卒業後は軽音部の面々と揃ってN女子大学に進学、軽音部のサークルとして引き続き「放課後ティータイム」として活動している。


MUGENにおける秋山澪

海外製作者のDizzy氏により、MMDモデルを素材に製作されたキャラクターが公開されている。
1.0版専用でありWINMUGENでは使用できない。最終更新は2017年1月23日公開のver1.45。
スタンダードな格闘ゲーム仕様のキャラになっており、ガードキャンセル移動のシステムを搭載している他、
MMDモーションを活かした必殺技、アニメ版の素材を用いたボイス&カットインなどが実装されている。
公開当初はAIが無かったが、その後の更新により、製作者自身の手によりAIが搭載された。
堅実な攻めが特徴で、しっかりガーキャンを決めてくるため、人操作では中々手強い。

また、彼女に似た何かも存在する他、
おつかい氏のヤッテヤルデス、チョイヤー氏の涼宮ハルヒの必殺技としても登場する(後者は閉鎖により現在は入手不可能)。

出場大会




添付ファイル