リトル・マック

任天堂のボクシングゲーム『パンチアウト!!』シリーズの主人公。
アメリカ合衆国・ニューヨーク州ブロンクス出身の17歳の少年。
小柄な体格ながら 明らかに人間離れしたでかさの 様々なボクサー達と戦い世界チャンピオンを目指す。
FC版『マイクタイソン・パンチアウト!!』では、実在する当時最強のチャンピオン、マイク・タイソンと夢の対決を演じる。

Wiiでリメイクされた際は身長は172cmに設定され、
アメリカ人としては背が低いが小さいわけでもなく、対戦相手が皆巨大」という理由付けがなされた。
敵の大きさも常識的(?)なサイズに変更されている。それでもマックよりはるかにでかい奴が多いが……。
ファミコン版時代の異様な敵のでかさは「遠近法だった」という 苦しすぎる 設定が為されたが、
そもそも遠近法って遠くにあるものを小さく描く技法なんじゃ……。
ファミコン版。
伸び上がってアッパーを撃ってようやく敵の顔に届く身長差
Wii版。
これならまだ納得の範囲……? 階級が違う気がするが

後述の『大乱闘スマッシュブラザーズ』以外には 黒い任天堂の集大成こと 『キャプテン★レインボー』に登場。
世界チャンピオンに輝いたのも今は昔、自堕落な生活で身も心もまんまるになってしまっている。
再び王座に返り咲くのを願ってミミン島を訪れ、ダイエットを志すも成果は全く出ず、主人公の力を借りる事になるが…
12:10~ テーマ曲「あさっての情」。『スマブラforWiiU』にも収録

大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるリトル・マック

参戦決定PVも非常に熱い http://www.nicovideo.jp/watch/sm22883603
シリーズ三作目『X』でアシストフィギュアとして初出演。この時の声優は同作でファルコを担当している江川央生氏。
原作のリメイク前に発売された為FC版のデザインで、原作通り小さいがすばしっこく、どのワザも吹っ飛ばしが強い。


四作目『for』ではファイターに昇格し、デザインもWii版のものに一新して続投。声優は鳥海浩輔氏。
アシストキャラのファイター昇格は『X』でのリザードン以来二度目である。
トレーナー兼セコンドのドック・ルイスも勝利画面や(声のみ)アピールに出演している(声優は小山剛志氏)。
原作の「小柄な体格」を強調され、設定上は171cmのシュルクよりも小さくなっており、リアル頭身のファイターの中では最小。

性能は地上戦に特化しており、どのワザもダメージや吹っ飛ばし力が高い。
さらに地上ワザの多くにスーパーアーマーが付与されている為、互いにワザが当たってもこちらが競り勝つことができる。
そして「KOゲージ」という独自システムも有しており、自分がダメージを与えたり逆に受けたりすることで蓄積。
MAXになった状態で通常必殺ワザを発動すると「KOアッパーカット」となり、相手を低%で撃墜できる可能性を持つ。
一方で飛び道具を持たない上に脚力 と腕力 ボクシングではどちらも重要だ」と言わんばかりか
空中では通常ワザと必殺ワザの性能が大幅に弱体化してしまう(わざわざ空中通常ワザ名に「苦手○○」と書いてあるくらい弱い)。
ジャンプも復帰力も以下ほとんど無く重量級キャラにも劣る(三角飛びは可能)為、
一度場外へ追い出されると横Bや上Bを使っても戻れないということも十分に有り得る。
そして、全ての地上ワザが発動すると前進する仕様になっており、また、強力なワザもその分後隙も大きい。
このため、初心者向けのように見えて実際は上級者向けのインファイターと言える。
またその仕様からステージの相性差もモロに出る性質で、地続きのステージでは高速&低体勢のダッシュを軸に存分に立ち回れるが、
高低差が激しかったり足場が狭かったりすると途端に辛くなる。マスターハンド戦やフィールドスマッシュの一部競技なども大の苦手。

+ 各種必殺ワザ(以降「B」と表記)

カラーチェンジはWii版『パンチアウト!!』の各種衣装やトレーニング時のピンクのスウェット、SFC版『スーパーパンチアウト!!』風の金髪に
アーケード版が元ネタのワイヤーフレーム姿まであり、計16色と全キャラ中最多。
ワイヤーフレームカラーはマックのボイスが無くなるが、勝利時のドックの台詞が変化する凝りっぷり。

余談だが、上記の強力な地上戦性能から発売直後はオンライン対戦の一つ「ガチ部屋」にて
一度負けた相手が二戦目以降高確率でマックを使う現象が多発した為、
かつては『X』の「困った時のメタナイト」になぞらえて「困った時のリトル・マック」「困ック」と呼ばれていた。
しかし、メタナイトの場合は性能が台パンレベルに凶悪無比過ぎたのに対し、
マックは現在でもキャラランクで中堅前後に位置されるくらいまだ戦えるレベルの性能であるのと
その性能に頼っているだけのプレイヤーも多かった為に対処は比較的楽な方であり、
(桜井氏も「ガチ部屋におけるぶっちぎりで勝率の低いファイターは彼」と明言している)
現在はそうしたマックのことは「キッズマック」と呼ばれている。
いずれにせよ長所と短所がはっきりした両極端なファイターであり、上手い人が使えばその分強くなることも忘れてはいけない。


MUGENにおけるリトル・マック

chuchoryu氏が製作。
フォルダ名はCvS_LitleMacでカプエス風の手書きグラフィックだが、グルーヴなどのカプエス独自のシステムは搭載されていない。
defファイルにはmugenversion=1.0と記述されているが、WinMUGENでも動作してくれる。
操作は6ボタン形式。
ボクサーだからか通常投げが無く、中段技も無いので(一応必殺技の削りはあるが) 完全にガードを固められると詰む。
昇龍拳っぽいジャンピングアッパーを持つが無敵時間は無い。

AIもデフォルトで搭載されているが、動作はあまり正確ではなく、MUGENに存在するボクサーたちと渡り合うのはやや厳しい。
外部AIの製作に期待したい。

出場大会