ジャイアントクラブ

ナツメが開発・販売したアクションシューティングゲーム「WILD GUNS(ワイルドガンズ)」に登場するボスキャラクター。
ラスボスの宇宙海賊キッドがねぐらとする惑星アレクスで、鉱山面に出現するボス。
掘削作業用のロボットであり、見た目は名前通り巨大な蟹を思わせる。巨大な足で押し潰そうとしたり、こちらの攻撃をガードしたりしてくる。


MUGENにおけるジャイアントクラブ

電人えむ(PENDRA)氏が製作したものが、氏のonedriveで公開されている。
AI専用キャラであり、自分で操作することはできない。
専用のステージBGMが同梱されており、通常キャラとはスケールサイズが異なるため専用ステージでの使用を推奨されている。
ステージ内では相手側のキャラクターが縮小表示される。

初期設定ではLifeが2000、Attackが50に設定されており、シングル戦だと泥試合になることがあるため、1vs2などのタッグ戦での使用が望ましい。
しかし、キャラによっては1vs1でも十分勝てる。
特に、判定の強い飛び道具等の遠距離攻撃や威力の高い技が揃っていれば、早い段階で倒されることもある。
常時スーパーアーマー状態であり、攻撃を受けても怯まない。当然、投げ技やロック技は効かない。
額の部分には緑色の光体があり、ここが弱点で、この部位への被弾はダメージが倍入る。
一定時間内に受けたダメージが一定量を超えると、両腕で頭部を覆ってガード状態になる。
こうなると無敵状態で、ほとんどの必殺技を防ぐようになる。弱点も消える。
しばらくするとガードを解くため、そこへ攻撃しよう。

攻撃内容は、
  • 踏みつけ   :しゃがみガード不可。
  • 3WAY弾(上):まず着弾地点に点滅するヒットマーカーが表示され、次に発射された弾がそこに届いたとき、攻撃判定が発生する。
  • 3WAY弾(下):上記の特徴に加え、立ちガード不可。
  • 投げ縄弾   :ダメージは無いが、ヒット硬直が長く、ほぼ確実に追撃を受ける。
  • 地上掃射   :超必殺技。立ちガード不可の射撃を行いつつ、4発のミサイルを降らせる。ミサイル本体は相手に当たらず、接地した時に攻撃判定(炎)を出す。空中ガード不可。
の5種類。

ラウンド終了時に戦闘結果のスコアを表示する機能(コンフィグでOFFにもできる)を搭載しており、ボーナスゲームのような要素を備えている。
AIでも条件次第では攻略できるため、ダミーキャラ等を利用して擬似的に2vs1の戦いを観戦したり、大会動画のチャレンジ企画に利用したりできそうだ。
あるいは自分の操作するキャラで挑んでみるのも一興。


出場大会




添付ファイル